トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:エンゼルス


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    200キロバイト (28,735 語) - 2021年11月7日 (日) 10:18




    (出典 www.nikkansports.com)


    まぁでも大谷さんで、間違いないよね。
    ゲレーロさんと票が分かれそうだけど、セミエンにはかてるやろ

    1 冬月記者 ★ :2021/11/09(火) 10:52:25.87

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0b0aedf6bffc1c42b609ce9d8e72879a2eecdcbd

    【速報】大谷翔平(27)MVP最終候補に選出 イチロー以来20年ぶり2人目の快挙へ


     メジャーリーグ機構は、9日(日本時間)、今季のMVP(最優秀選手)の最終候補3人にエンゼルス・大谷翔平選手(27)が選出されたと発表しました。

     MVPは日本時間の19日に、最終候補3人のなかから発表されます。大谷選手がMVPに選出されれば、日本人選手では2001年のマリナーズ・イチロー選手以来、2人目の快挙です。

     そのほか、アメリカン・リーグMVPの候補には48本で本塁打王のゲレーロJr選手(22、ブルージェイズ)と45本塁打のセミエン選手(31、ブルージェイズ)が選ばれています。


    ■大谷翔平 今季成績
    打者:打率.257 本塁打46 打点100 盗塁26
    投手:9勝2敗 156奪三振 防御率3.18


    【【MLB】大谷さん MVP最終に入った】の続きを読む


    メジャーリーグベースボール (MLBからのリダイレクト)
    メジャーリーグベースボール(英語: Major League Baseball, 英語発音: /méɪdʒɚ líːg béɪsb`ɔːl/; 略称: MLB)は、アメリカ合衆国所在の29チーム及びカナダ所在の1チーム、合計30球団により編成される、世界で最高峰のプロ野球リーグであり、北米4大プロスポー
    134キロバイト (16,525 語) - 2021年10月26日 (火) 09:44




    (出典 tc-baseballchannel.techorus-cdn.com)


    まぁほんとにオワコンだったら、選手にあんなにお金払えないやろからね。
    そうだとは思うけど。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/11/06(土) 18:44:56.52

    THE DIGEST11/6(土) 6:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7026ae58041ef4134f23b72f5f0e53c19f778c40

     2021年のワールドシリーズは、ブレー*の26年ぶりの世界一という結末で幕を閉じた。米放送局『FOX Sports』が中継したシリーズ6試合の平均テレビ視聴率は6.5%。昨年(5.2%)に次いで史上2番目に低い数字だった。

     アメリカでは近年、ワールドシリーズの視聴率低迷を根拠に「野球人気は危機的状況にある」とする声がよく出てくる。確かに、同じ北米四大スポーツNFLのスーパーボウルが毎年40%前後という圧倒的な数字を叩き出していることを考えれば、そうした意見に説得力があるようにも思える。

     だが、経済誌『Forbes』のコラムニストで、スポーツビジネスに詳しいモーリー・ブラウンはそんな“野球危機論”に繰り返し異を唱えている。ワールドシリーズ終了直後に寄稿した記事で、ブラウンは「毎年この時期になると、ワールドシリーズの視聴率を根拠に『ベースボールは死にかけている』という議論がひっきりなしに展開される。だが、それは“神話”に過ぎない。ベースボールは死にかけてなどいない」と主張している。

     ブラウンいわく、そもそも視聴率の比較対象に問題があるという。「人気低下」の根拠として引き合いに出されるのは、ワールドシリーズの視聴率が毎年20%を超えていた1970年代頃との比較。だが、当時はワールドシリーズを主に中継していた米放送局『NBC』を含め、全米ネットワークはわずか3局しかなかった。

     だが、現在はケーブルTVの普及でチャンネル数は爆発的に増えている。それに加えてネットフリックスに代表されるストリーミング放送サービスも普及し、視聴者には無限の選択肢がある。視聴率の維持に苦しんでいるのはどの番組も同じで、別にMLBだけの問題ではない。影響を受けていないのは、それこそNFLくらいのものだ。また現在、ワールドシリーズを中継するのは、『FOX Sports』は有料チャンネルだが、ここ6年間で全米の有料チャンネル加入者数が20%も減少しているというデータもある。

    『FOX Sports』によると、今年のワールドシリーズ最終戦(第6戦)は全米で約1175万人が視聴した。これは昨年の同じ試合に比べて約20%増加。全6試合の合計でも、同局がこれまで中継したワールドシリーズで最も多くの視聴者を獲得したという。また、ワールドシリーズ中継は16年以降、スポーツ以外も含めた同局のゴールデンタイム全番組の中で毎年、視聴者数1位の座を堅持する優良コンテンツでもある。

     当然、『FOX Sports』はこの結果に満足している。その証拠に、来年から28年にかけての7年間で総額51億ドル(約5800億円)もの巨額放映権料契約をMLBと交わしている。これらの収入を背景とする総収益はNFLに次ぐ規模であり、NBAをも凌駕している。NBAを「死にかけのプロスポーツ」と考える者がいるだろうか。

     日本でも、一部でプロ野球の人気低下を主張する向きがある。その根拠は、地上波でプロ野球中継が激減したことや(MLBと同じく)日本シリーズの視聴率低下で、これもアメリカとよく似ている。確かに、かつては巨人戦がシーズン全試合放映されていたことを思えば、現状に一抹の寂しさを覚える人がいるのも理解できるが、その一方でパ・リーグも含めて巨人以外の球団に人気が分散していることを見逃してはならない。

     コロナ禍に見舞われるまで、プロ野球全体の観客動員数は右肩上がりで、19年には史上最高の約2650万人を集めた。特に増加が著しいのがパ・リーグで、85年から700万人も増やしている。85年当時は実数発表ではなかったことを考えれば、実際はそれ以上に増えているはずだ。また、確かに地上波の視聴率は伸び悩んでいるが、『DAZN』や『パ・リーグTV』では多くの視聴者を獲得しているという。

     要するに今の時代、テレビ視聴率だけで人気度を測るのは適切ではないということだ。確かに、MLBが人気面でNFLの後塵を拝しているのは紛れもない事実。だがそれはNFLが化け物コンテンツであるというだけで、「ベースボールが死にかけている」とまで主張するのは短絡的すぎる。きちんと詳細に分析すれば、MLBを楽しむファンがまだまだいることは明らかなのだ。


    【【MLB】WS視聴率が低くても、、、】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    200キロバイト (28,735 語) - 2021年10月29日 (金) 05:30




    (出典 president.ismcdn.jp)


    見たことない数字やなwww
    まあ確定みたいなものやろね、MVPは。
    早よ発表してくれい。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/04(木) 11:31:03.82

    11/4(木) 11:00
    東スポWeb

    エンゼルス・大谷翔平 MVPオッズまさかのマイナス5000!
    ア・リーグMVP最有力の大谷(ロイター=USA TODAY Sports)
     5000ドル(約57万円)賭けて、儲けは100ドル(約1万1400円)――。エンゼルスの大谷翔平投手(27)がア・リーグMVPを獲得するオンラインカジノのオッズは、現時点でマイナス5000というバカバカしい数字になっている。日本なら1・02倍だ。米スポーツサイトのブリーチャー・リポートは3日(日本時間4日)に今季の両リーグの候補者をMVPオッズとともに比較、大谷の受賞を確実とした。

     同サイトは「ナ・リーグと違ってア・リーグは明らかな大本命がいる」と前置きし、大谷の対抗馬と見られるブルージェイズのウラジーミル・ゲレロ内野手(22)を比較した。ちなみにゲレロのオッズは+1200(100ドル賭けて1200ドルの儲け)だ。

    「間違いなくゲレロは怪物的なシーズンを送った。同僚のレイ投手は『打率と出塁率はゲレロの方が高く、大谷は投手としても良い成績を残したが、もし打者を2人獲るならゲレロを2人選ぶ』と言っていたが、今季の大谷はベーブ・ルース以降では見たことのない働きをした」と同サイトは大谷の圧勝とした。

     さらに「ゲレロは今年でなければ受賞するだろうが、今年の大谷は簡単には見逃せない非常に特別で前例のないものだ」と大絶賛した。

     ちなみに開幕時のオンラインカジノbetMGMのオッズは+1100。100ドル賭ければ1100ドル(約12万5400ドル)だった。その時、賭けていれば…。ナ・リーグはフィリーズのブライス・ハーパー外野手(29)のオッズはマイナス275で本命としている。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/40fd128d7c3b199786cc64ee20191b0acdca3829


    【【MLB】大谷翔平のMVPオッズがおかしなことに】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    200キロバイト (28,735 語) - 2021年10月29日 (金) 05:30




    (出典 www.news-postseven.com)


    まぁ二刀流でこだわり続ける以上は、エンゼルスが最適なのかなぁ。
    レンドン、トラウトさんが一年稼動できればポストシーズンはいけるだろ。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/31(日) 09:27:39.76


    10/31(日) 6:01配信
    SmartFLASH

    佐々木氏も驚愕したグリーンモンスター越え11号ホームラン。じつは左手がバットから浮いている。まさに絶好調(写真・AP/アフロ)

     打っては、46本塁打、100打点。投げては9勝2敗、156奪三振――。

     今季の大谷の活躍を評して、「前人未到の記録を打ち立てた」と語るのは、野球のデータに詳しいスポーツライターの広尾晃氏だ。

    「打者として打席に立った回数と、投手として対戦した打者数の合計が、MLBでただ一人、1000を超えているんですよ。ベーブ・ルースと比較されますが、その数字すら超えていますからね。まさに二刀流です」

    『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』の著者でスポーツライターの佐々木亨氏は、今季、特に思い出に残る試合が2つあるという。

    「まずは5月14日、レッドソックス戦で見せた、グリーンモンスターと呼ばれる高さ11m超のレフトフェンスを越えた11号本塁打ですね。流し打ちで、しかも片手一本で越えた。あんな打球は見たことありません。今季の彼の状態のよさを感じさせられました。

     もうひとつは、7月2日のオリオールズ戦のサヨナラホームイン。仰向けになって喜んでいるシーンが非常に象徴的でした。彼の、野球に対して全力で取り組む姿勢、楽しむ姿勢、チームのためにプレーする姿勢が表われていたと思います。

     彼は常々『自分は高いところを目指すタイプ』だと言っています。我々の想像を超えたところを見つめているんですよ」

     仕事量がとんでもなく多い大谷だが、前出の広尾氏は「年俸査定にもつながる」と語る。

    「打席に600回ほど立つ選手は、年俸15億円ほどもらっていて、打者と500回ほど対戦している投手も同じ15億円くらい。単純に言えば、両方をクリアしている大谷は、年俸30億円もらわないと、割に合わないんです。

     彼の今季の年俸は約3億円ですが、1回の打席で対戦打者あたり、約26万円。普通の選手の10分の1ほどなので、コストパフォーマンスを考えると、超お得な選手になってしまいます」

     となれば資金力のあるチームに絞られるということになるが、「ことはそう簡単に運ばないでしょう」と語るのは、メジャーリーグ評論家の第一人者である福島良一氏だ。

    「大谷が二刀流を続けることで話を進めれば、DH制のないナ・リーグは外さなければいけない。するとア・リーグのチームに限られるわけですが、資金力のあるヤンキースやレッドソックスは、それぞれDHをチームの顔であるカルロス・スタントンとJD・マルチネスに任せていて、空きがないんです。そこが難しいところですね。

     また、大谷が語ったように『勝てるチーム』となればアストロズやレイズがあげられますが、そこまでの資金力はない。そして、ここがいちばん肝心なことですが、地区で優勝を争うチームのローテーションは、5人で回し、先発は中4日で登板と固定されているんです。

     ところが大谷が入れば、そのローテを組み直さなければいけない。エース級は中4日のリズムで長年投げていますし、そのリズムを崩したくないのが本音なんです。

     ですから、優勝を目指すチームは、二刀流の大谷をうまく使いこなせないのではないでしょうか。もっと言えば、チームの勝利と二刀流は結びつかないともいえます。以上のことから考えれば、エンゼルス残留が第一候補でしょう」

     MVPのさらに先へ、大谷は走り続ける。

    (週刊FLASH 2021年11月9日・16日合併号)


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/155f7cabe1ede8602242ecb380fb4949a03a6482


    【【MLB】大谷さんの移籍が難しい理由】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    200キロバイト (28,735 語) - 2021年10月27日 (水) 14:50




    (出典 www.nikkansports.com)


    選手たちにも認められているということやんな。
    これはMVP貰ったようなもんだろ

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/29(金) 08:25:27.80

    2021年10月29日 8時15分

    大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が、選手たちの投票で決まる年間最優秀選手に日本選手で初めて選ばれました。

    大リーグの選手会は毎年、選手どうしの投票でその年最も活躍した投手や野手を表彰していて、28日、ことしの受賞者が発表されました。

    このうち、今シーズン投打を通じて最も活躍した選手1人を選ぶ年間最優秀選手「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」に、投打の二刀流でめざましい活躍を見せたエンジェルスの大谷選手が初めて選ばれました。

    年間最優秀選手に日本選手が選ばれるのは初めてです。

    大谷選手は大リーグ4年目の今シーズン、ピッチャーとして9勝、156奪三振、バッターとしてホームラン46本、100打点、26盗塁で、史上6人目の「ホームラン45本、25盗塁」を達成するなど投打ともに自己最高の成績をマークし、7月のオールスターゲームでは史上初めて投打の同時出場を果たしました。

    大谷選手以外の最終候補には、ホームラン48本でアメリカンリーグのホームラン王を獲得したブルージェイズのゲレーロJr.選手と、打率3割9厘、ホームラン35本をマークしたフィリーズのハーパー選手が入っていました。
    リーグの野手部門の最優秀選手にも
    また、大谷選手はアメリカンリーグの野手部門の最優秀選手にも選ばれました。

    この賞は、イチローさんが大リーグのシーズン最多安打記録を更新した2004年に受賞していて、日本選手では2人目となります。

    大谷選手は、26日に大リーグで歴史的な偉業を成し遂げたとしてコミッショナー特別表彰を受けたのに続き、今回、ともに大リーグでプレーする選手たちからも両リーグを通じた年間最優秀選手に選ばれたことで、来月18日に発表される記者投票でのシーズンMVP=最優秀選手に向けても大きな弾みとなりました。


    (出典 www3.nhk.or.jp)

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211029/k10013326191000.html


    【【MLB】大谷翔平 選手間MVPも獲ったどー】の続きを読む

    このページのトップヘ