トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:イングランド


    ズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimović, スウェーデン語発音: [ˈslaːtan ɪbraˈhiːmɔvɪtɕ], ボスニア語発音: [zlǎtan ibraxǐːmoʋit͡ɕ], 1981年10月3日 - )は、スウェーデン・マルメ出身のサッカー選手。セリエA・ACミ
    79キロバイト (7,987 語) - 2021年11月15日 (月) 08:12




    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    あらら、悪癖が出てしまったかぁ。
    まあこれも含めてイブラなんだろうし、使う側も覚悟してるんだろうけど、やられた方はたまったもんじゃなき

    1 Egg ★ :2021/11/16(火) 17:13:18.76

    スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモ*の目を疑うような蛮行が、世界中に衝撃を走らせている。英紙『Daily Mail』などが伝えた。

    【動画】背後からなぎ倒す…危険すぎるイブラの愚行をチェック
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=101093

     スウェーデンは現地時間11月14日、カタール・ワールドカップ(W杯)の欧州予選で、スペインと敵地で対戦。W杯の出場権獲得には勝利が絶対条件だったが、86分にアルバロ・モラタに奪われた1点で0-1と敗れ、プレーオフに回ることとなった。

     この一戦で問題の行為があったのは、後半アディショナルタイムだった。敵陣CKの場面で、73分に投入されていたイブラヒモ*は、相手DFセサル・アスピリクエタに対し、背後から左肩を思い切り当ててタックル。アスピリクエタをなぎ倒すと、自身もそのままピッチへ倒れ込んだのだ。

     PK狙いなのか、苛立ちからなのか。退場も十分にあり得る明らかに故意のラフプレーに、イブラヒモ*のバルセロナ時代の同僚でもあるスペイン代表MFセルヒオ・*ケッツは、主審にクレームをつけるが、その場ではお咎めなしに。

     ただ、欧州サッカー連盟の公式レポートには背番号11の箇所にイエローカードが記載されており、試合後に処分が下されたようだ。今予選で2枚目の警告となったイブラヒモ*は、3月に行なわれるプレーオフ準決勝は出場停止となった。

     40歳の衝撃行動を捉えた映像は、SNS上で瞬く間に拡散され、ファンから非難の声が殺到している。

    「間違いなくレッドカード」
    「気が狂ったのか」
    「ズラタンはラグビーをしたいようだ」
    「いくらなんでも汚すぎる」
    「ただの暴力」
    「怖すぎる」
    「いくつになっても変わらない」

     なお、怪我が心配されたアスピリクエタはツイッターで、柔和な表情を浮かべた自身の顔写真と当該映像を添え、「全てが上手くいっている」と、大事には至らなかったことを報告している。

    サッカーダイジェスト 11/16(火) 14:05
    https://news.yahoo.co.jp/articles/47c5699e439fd20c26a9473c24d4930456e53785

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=426&exp=10800


    【【サッカー】イブラヒモビッチさん またオイタを、、、】の続きを読む


    今夏シティと契約満了のミルナー、リバプール移籍が決定! ゲキサカ (2015/06/04) ^ リバプール、サウサンプトンSBクラインを獲得…今夏6人目の補強 ゲキサカ (2015/07/02) ^ リヴァプールがバーンリーFWイングスを獲得…今季は11ゴール記録 SOCCERKING (2015/06/08) ^ リバプール
    123キロバイト (12,681 語) - 2021年11月4日 (木) 22:08




    (出典 football-tribe.com)


    実現するのならして欲しいなぁ。
    今のリバプールはトッププレイヤーでも、レギュラー取るのは厳しいから移籍しよ

    1 Egg ★ :2021/11/10(水) 23:42:06.13

    イングランド・プレミアリーグ、リバプールの日本代表MF南野拓実(26)に、同リーグのアストンビラ移籍が浮上した。

     英紙「デーリー・スター」によると、現在スコットランド・プレミアリーグ、レンジャーズを指揮するスティーブン・ジェラード監督が、ディーン・スミス監督を解任したアストンビラの後任有力候補に挙がっているという。それが実現すれば、リバプールの南野らが、来年1月の補強候補になるとした。というのもリバプールの〝レジェンド〟であるジェラード監督誕生なら古巣とのコネクションを生かして補強を進める可能性があるからだ。

     同紙は南野について、リバプールの現状を「苦戦を強いられている」とした上で「アストンビラは今夏に何人かのFWが加入したが、もしジェラードがチームを率いることになったら、南野は前線での別の選択肢を提供してくれると感じるかもしれない」と指摘。そのほかDFナサニエル・フィリップス、DFネコ・ウィリアムズ、MFハーベイ・エリオットらリバプールで出場機会が少ない選手がレンタル移籍の候補になるという。

     その一方で南野はレギュラー陣の代役としての需要も現地メディアで指摘されており、リバプールが移籍させない可能性もある。いずれにしても、まずはアストンビラにジェラード監督が誕生するかどうかに注目したい。

    東京スポーツ 11/10(水) 22:57
    https://news.yahoo.co.jp/articles/71fd400d3b00ad612b71be44b42432f13a90d7c7

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=610&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


    【ジェラード監督の下に南野?】の続きを読む


    伊東 純也(いとう じゅんや、1993年3月9日 - )は、神奈川県横須賀市出身のサッカー選手。ポジションはFW(WG, ST)、MF(SH, WB)。ジュピラー・プロ・リーグ・KRCヘンク所属。日本代表。 小学校1年生の時に鴨居SCでサッカーを始めた。中学校入学前に横浜F・マリノスジュニアユース
    29キロバイト (2,839 語) - 2021年11月2日 (火) 05:59




    (出典 www.theworldmagazine.jp)


    ほほう。
    まぁでも年齢的に無理かもなぁ。
    もう少し若ければいけてたかも

    1 Egg ★ :2021/11/05(金) 17:58:37.93

    私は、10月21日に行なわれた、ヨーロッパリーグ第3節ウェストハム対ヘンクを現地で観戦した。この時、両チームは初の顔合わせで、私もヘンクというチームを初めてこの目で見る機会となった。

     3-0で勝利したウェストハムが良かったのはもちろんだが、この試合で最も印象的な選手は、伊東純也だった。ヘンクに限った話ではなく、フィールド上で最も良かった、ベストプレーヤーだったからだ。ベルギーでのクオリティは知っていたが、あのレベルでのパフォーマンスを、欧州の舞台で見ることができるとは思っていなかった。だが、伊東は高いクオリティをロンドンのスタジアムで披露してみせたのだ。

     同じカードで行なわれた第4戦はアウェーのため、テレビで観戦した。結果は2-2のドローと、これも驚くべきものだったが、スタジオで解説を担当していたウェストハムOBで元イングランド代表のジョー・コールが、背番号7にとても感銘を受けていたのが印象的だ。現役時代のプレースタイルが少し似ていたことも理由かもしれない。実況を担当していたアナウンサーも「伊東には退場してもらったほうが、ウェストハムは助かるだろう」とこぼすほど、間違いなく見る人を驚かせていた。

     前半で負傷し、ピッチを去らざるを得ないのではないかと思われたシーンにはヒヤリとしたが、伊東は逞しさを見せ、プレーを続けた。その姿は、プレミアリーグの監督やファンを感動させるものだ。
     
     いうなれば、彼はプレミアリーグのスター選手が集まったチームと対戦していたにもかかわらず、彼自身がそのうちのひとりのようだったのだ。

     ホーム&アウェー戦を終え、両チームで最も傑出した選手は間違いなく伊東だった。私はトーマス・ソウチェク、デクラン・ライス、ミカイル・アントニオと肩を並べる存在だと感じている。ベルギー・リーグはヨーロッパで活躍する選手がステップアップのためにプレーする場所であり、私は、彼にとっての次のステージはプレミアリーグだと確信している。

     そして、2試合で実力を発揮した日本人MFは、間違いなくプレミアのショーウィンドーに並び、興味を持つクラブが問い合わせをしているだろう。伊東の獲得に乗り出すのはそう遠いことではないように思う。彼はシャープで自信に満ちており、簡単にはボールを奪われない。屈強なプレミアリーガーと対峙しても決して恐れずボールを要求し、そのスタイルを変えなかった。

     もちろん、マンチェスター・ユナイテッドやシティ、チェルシーやリバプールのようなビッグクラブが簡単に手を伸ばすとは思わないが、エバートンやサウサンプトン、ブレントフォードのようなチームが問い合わせることに、なんの疑いもない。

     プレミアリーグで彼の活躍を見ることができる日は訪れるはずだ。私はその日が遠くないことを、強く願っている。

    取材・文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)  
     
    サッカーダイジェスト 11/5(金) 15:12
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7a42e30d5cec968cdedb0aadd7ca111cb597621c

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=437&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】英国人記者「イトウはプレミアでプレーできる」】の続きを読む


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    78キロバイト (7,140 語) - 2021年11月4日 (木) 22:08




    (出典 f.image.geki.jp)


    翻訳も難しいなぁ。
    まぁ日本語も難しいてのもあるんだろうけど。
    いいじゃん、アーセナルでうまくいってるから

    1 Egg ★ :2021/11/05(金) 22:33:49.80

    電撃移籍の経緯を明かした冨安、実際の発言とは異なる形で英メディア報道

     アーセナルの日本代表DF冨安健洋は元日本代表DF内田篤人氏がMCを務めるスポーツチャンネル「DAZN」の番組内で今夏の移籍の経緯を振り返った。噂にあったトッテナム行きが破談となり、アーセナルへの電撃移籍が決まったことを明かした冨安だが、英地元メディアでは冨安の発言が思わぬ形で波紋を呼んでいる。

     冨安は今夏にセリエAのボローニャからアーセナルへと移籍した。当初はセリエAの複数クラブの他にトッテナムが候補として挙がり、現地メディアでは具体的な移籍金額まで報じられていた。内田氏とのオンライン対談で移籍について聞かれた冨安自身も「僕も行くと思ってました」と明かしていたが、トッテナム行きはその後に消滅。マーケット締め切り直前に突如アーセナルが浮上してきたという。

     冨安は次のように話している。

    「(トッテナム移籍は)ぎりぎりでなくなって、それこそアーセナルは全然なかったんですよ。最後、8月30日の夜に急に出てきてくれて、そこから決まった」

     さらに内田氏からの「アーセナルの上ってなると難しい所になるけれども、行きたい国とか、行ってみたいチームはあるんですか?」との“直球質問”に対しても、冨安は「ないですね。アーセナルが元にいた場所、本当にアーセナルが一番上だった時代に一緒に戻ることができれば、今いる場所が世界最高の場所になるので、それが僕にとってベストです」とアーセナルへの忠誠を誓っている。

     この決意表明でアーセナルサポーターからの株を上げた冨安だが、移籍に関する発言は思わぬ形で波紋を呼んでしまったようだ。というのも、日本語で行われたこのインタビューが英語に翻訳された際に、冨安の「(トッテナム移籍は)ぎりぎりでなくなって」の部分について実際の発言とはややニュアンスが変わった形で報じられているのだ。

     実際に冨安の発言について英国メディアで報じられた例を見てみると、「ザ・サン電子版」「デイリー・ミラー電子版」ではともに「I thought I was going to Spurs. On deadline day, I rejected them.(スパーズに行くと思っていた。デッドラインデーにそれを断った)」となっている。冨安は自ら「断った、拒否した(rejected)」との表現はしていないが、現地では少なからず冨安がトッテナム行きを断り、そのライバルであるアーセナルを選んだと両クラブのライバル関係に火をつけるような解釈が広まっている。

     これについて「デイリー・スター」紙では「トッテナムファンはアーセナルを選び、トッテナムを拒否した冨安健洋の主張に反論」という見出しを打ち「君が私たちを拒否したのではなく、私たちが代わりエメルソンを選んだんだ」「彼はトッテナム加入を熱望していたが、我々は彼よりもエメルソンを選んだ」といったツイッター上でのファンからのコメントが紹介されている。実際の発言と伝えられた内容に乖離した部分があることで誤解が生じているようだ。

     一方で、「ロンドン・イブニング・スタンダード」や「ジ・アスレティック」では同じ発言箇所について「I thought I was going to Spurs. On deadline day, the move broke down.(スパーズに行くと思っていた。デッドラインデーに移籍が破談した)」と元の発言に近い表現で伝えられていた。

    Football ZONE web 2021年11月5日 17時2分
    https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_349265

    写真

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【サッカー】冨安さん 移籍話で思わぬ、、、】の続きを読む


    Notes ^ フェネルバフチェのヨーロッパリーグ出場権剥奪により、APOELが本戦に代替出場することがUEFAによる抽選により決定された。 ^ ベシタクシュの失格により、トロムソが復活することがUEFAより決定された。 ^ メタリスト・ハリキウのチャンピオンズリーグ出場権剥奪により、PAOKがCLプ
    78キロバイト (1,044 語) - 2017年8月31日 (木) 16:10




    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    ベシタクシュかぁ。
    まあ、CLに出られるしブライトンよりはゲームに出られそうだから現実的ではあるな。

    1 Egg ★ :2021/11/02(火) 14:00:43.47

    トルコ1部ベシクタシュがベルギー1部サンジロワーズに所属する東京五輪代表MF三笘薫(24)の獲得に興味を示していると、トルコメディア「SportsCell」が伝えている。

     三笘は8月にイングランド・プレミアリーグのブライトンと契約し、レンタルでサンジロワーズに加入。10月16日のセラン戦では途中出場ながらハットトリックを決め、チームの逆転勝利に貢献し、同30日のヘント戦ではリーグ戦2試合連続で先発するなど存在感を示した。

     チームも絶好調でリーグ首位に立っている中、同メディアは公式ツイッターで「ベシクタシュのスカウトチームはサンジロワーズが2―0で下したヘント戦でブライトンからにレンタルされている24歳の日本の左翼プレーヤー三笘薫を見た」とし、トルコの強豪クラブが調査に乗り出していると報じている。

     左ウイングが本職の三笘はチームで起用できるポジションが限定されることが問題となっていたが、最近はウイングバックとしてプレー。不慣れなポジションながら自慢のドリブルで好機を演出するなど、ベルギーでも好パフォーマンスを披露し始めている。

     三笘はサンジロワーズでもスタメンに定着しつつあることから、正式オファーが届いたとしても移籍は検討しないとみられているが、他クラブが関心を示すように欧州でも評価が高まっているのは間違いないようだ。

    東京スポーツ 11/2(火) 12:52
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5aa371c43b02e4977bf4513c4b23819b674108bb

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=527&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】<三笘薫>トルコ強豪が興味?】の続きを読む

    このページのトップヘ