トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:イチロー


    イチロー(1973年(昭和48年)10月22日 - )は、愛知県西春日井郡豊山町出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。 本名は鈴木 一朗(すずき いちろう)。現在はシアトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務める。血液型はB型。 NPB (以下:NPB)とメジャーリーグベースボール
    373キロバイト (42,520 語) - 2021年11月22日 (月) 14:54




    (出典 number.ismcdn.jp)


    この偉大な2人をリアルタイムで見られたことを嬉しく思うよ。
    大谷さんの来季の活躍も期待してま

    1 jinjin ★ :2021/11/24(水) 23:46:47.26

    大谷翔平&イチロー、日本人を称えた“粋な1枚”に米興奮「この国の男たちが大好き」


    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が18日(日本時間19日)、全米野球記者協会(BBWAA)の投票で選出されるリーグの最優秀選手(MVP)を初受賞した。

    日本人ではイチロー以来20年ぶりの快挙。
    MLB公式ツイッターは大谷とイチローが握手をする画像を公開すると、“粋な1枚”に米ファンから「この国の男たちが大好き」と興奮気味のコメントが相次いでいる。


    日本の誇りだ。
    MLB公式はMVP発表直後に1枚の画像を公開。
    写っているのは大谷とイチローだ。練習着姿でグラブを持ったイチローが右手を差し出し、大谷は帽子を取って握手。互いに笑みを浮かべている。
    2ショットの背景には「最優秀選手」と漢字が記された。


    文面には「MVPを獲得した日本人選手はこの2人だけ。アメージング」と投稿。

    日本人を称えた1枚に対し、米ファンは「レジェンドとレジェンド」「イチローサン、そしてショータイム」「これ最高」「WOW」「史上最高の2人」「この国の男たちが大好きだ」とコメントが相次いでいる。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/07ba59fe805d42bbab9b90f6598f8398ca74ba23

    (出典 i.imgur.com)


    【【MLB】大谷翔平&イチローの2ショットが話題】の続きを読む


    である。 本は、1977年(昭和52年)8月30日に内閣総理大臣決定で制定された国民栄誉賞表彰規程に基づいており、その目的は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉
    41キロバイト (3,926 語) - 2021年11月22日 (月) 12:04




    (出典 tk.ismcdn.jp)


    イチローさんはもっと上の何かを贈呈して欲しいなぁ。
    まさしくレジェンドやからなぁ。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/22(月) 19:39:30.54

    11/22(月) 17:00
    SmartFLASH

    大谷翔平「国民栄誉賞を辞退」で上がった選手としての “株”…過去にはイチローや福本豊も
    大谷シーズン最終戦(写真:AP/アフロ)
     11月22日、松野博一官房長官は、米大リーグエンゼルス・大谷翔平選手に国民栄誉賞を打診したが、本人から辞退の申し出があったことを明らかにした。

     松野官房長官は「大谷選手へ国民栄誉賞を打診したところ、『まだ早いので今回は辞退させていただきたい』とのことだった」とし、「さらなる高みに向けて精進したい強い気持ちと受け止めている」と語った。

    「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者」をたたえる国民栄誉賞。実際に、メジャー4年目となった今季、MVPに選出されるなど、大谷選手は目覚ましい活躍を見せてきた。

     スポーツ紙記者が、こう語る。

    「大谷選手は今シーズン、ピッチャーとして9勝、156奪三振、バッターとしてホームラン46本、100打点、26盗塁と、自己最高の記録をたたき出しました。一つのシーズンで『ホームラン45本、25盗塁』という数字を達成したのは、メジャー史上6人目となる快挙です。

     それらの結果が、今季のMVP選出です。日本人としては2001年のイチロー以来。MVPは全米野球記者協会に所属する記者30人の投票によって選ばれますが、今回大谷選手は “満票” という、日本人初の偉業を達成しました。国民栄誉賞を『まだ早い』と辞退したことは、まだまだ伸びる気満々なのでしょう」

     過去、国民栄誉賞を辞退したのは、大谷選手だけではない。「世界の盗塁王」と呼ばれた福本豊も、1983年に「そんなんもろうたら、立小便もできへんようになる」と名言を残して辞退。

     イチローも、2001年、2004年と記録の節目ごとに授賞を打診されてきたが、「まだまだ発展途上」として、ことごとく固辞してきた。現役引退時の2019年には「人生の幕を下ろしたときにいただけるように励みます」と断ったという。

     今回の大谷の辞退に、ネット上では「ますます株が上がった!」という声が続出している。

    《大谷選手、また株を上げましたね》

    《まだ早いの意図はもっと上を狙っているということだと思われ。どこまで行くのか果てが見えない》

    《大谷選手はもっともっと活躍するだろうことを考えても、国民栄誉賞は気が早い気がする。 大谷選手のさらなる活躍が楽しみだね》


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2d7f4d59304fdaa89114a0de65d5212a0b162712


    【【MLB】「国民栄誉賞を辞退」で上がった選手としての “株”】の続きを読む


    イチロー(1973年10月22日 - )は、愛知県西春日井郡豊山町出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。 本名は鈴木 一朗(すずき いちろう)。現在はシアトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務める。血液型はB型。 日米で通算28シーズンをプレーし、MLBシーズン最多安打記録保持者
    375キロバイト (42,824 語) - 2021年11月18日 (木) 03:35




    (出典 full-count.jp)


    おめでとうございます。
    偉大な活躍をリアルタイムで見られたことは、とても幸運でしたよ。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/18(木) 05:17:30.59

    11/18(木) 5:04配信
    スポーツ報知

    イチロー氏

     マリナーズが17日(日本時間18日)、会長付き特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏の同球団殿堂入りを発表した。

     来年8月27日ガーディアンズ(今年までインディンズ)戦の前にセレモニーが行われる。

     2019年までプレーしたイチロー氏は球団の通算記録で2542安打、打率3割2分2厘、7907打数、79三塁打、438盗塁がトップになっている。

     マリナーズの殿堂入りはこれまでアルビン・デービス(一塁手)、デーブ・ニーハウス(アナウンサー)、ジェイ・ビューナー(外野手)、エドガー・マルティネス(三塁手&DH)、ランディ・ジョンソン(投手)、ダン・ウィルソン(捕手)、ケン・グリフィー(外野手)、ルー・ピネラ(監督)、ジェイミー・モイヤー(投手)。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0c4baebe3d0cc27b112c5f1d7113ed6fefb60adf


    【【MLB】マリナーズがイチローのチーム殿堂入り発表】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    200キロバイト (28,765 語) - 2021年11月15日 (月) 15:51




    (出典 number.ismcdn.jp)


    大谷さんには長く活躍してほしいなぁ。
    二刀流がどこまで続けられるかなぁ。
    あと怪我だけ。

    1 ひかり ★ :2021/11/16(火) 07:13:58.32

     米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(27)が15日、東京・千代田区の日本記者クラブで記者会見し、「メジャーでやり遂げることしか考えていない」と“生涯メジャー”の思いを明かした。また、来季は出場数を増やせば、さらに成績を上げることができるとの自信も示し、古巣の日本ハムの新庄剛志新監督(49)については「単純に面白い。楽しみ」と期待を寄せた。

       ◇   ◇

     覚悟をはっきり口にした。2023年に完成する日本ハムの新球場でのプレーの可能性を聞かれた時だ。古巣への復帰をきっぱりと否定し、「今は全然考えていないです。メジャーリーグでやり遂げるということしか考えていない。そこで出し切るということしか考えていない。今はそれしか考えていないです」と真っすぐ前を見て言った。

     右肘などの故障から完全復活を遂げたメジャー4年目の今季、投手として9勝2敗、防御率3・18、156奪三振。打者では本塁打王争いを繰り広げて46本塁打、100打点、26盗塁をマークした。オールスター戦では史上初の二刀流での先発出場を果たし、MVPの最有力候補として堂々たる母国凱旋(がいせん)だ。

     「ありがたいな、と思っています。個人的には、どんどん切り替えて来年もまた頑張っていきたいと思っているので、今年やってきた数字を評価してもらっているのはうれしいこと。ただ、待ちわびるという感覚ではない。切り替えてやっていきたいなと思います」

     3日後に控えたMVP発表にも、気持ちの高ぶりはない。来季に向け、帰国後も自宅でトレーニング。14日から屋外で動きだし、この日からキャッチボールも始めた。

     メジャーでの4年間を終え、来季へ自信は高まった。「主軸のバッターがケガをしていたので(自分に)四球が増えていた。来年はそういうことはない。今年の経験を踏まえて冷静に打席に立てれば、必ずいい成績が残るんじゃないか」と打撃成績の向上を確信する。「一番は数字。どれぐらい試合、打席、登板ができるか」。二刀流で今季以上の成績を残す手応えを早くも感じている。

     また、オフの日本球界の最大の話題、新庄新監督にもエールを送った。

     「単純に面白いんじゃないかと思います。見ている方もワクワクする。野球を知らない人たちでも。そういう人たちが増えれば楽しい。古巣、古巣じゃないに関係なく、単純に楽しんで見たい」

     古巣には米国から声援を送り続けるつもり。自身はメジャーでのプレーに集中する。「数を増やしていけたら、高いレベルも残る」と繰り返し二刀流での進化を約束した。(後藤慎一)
    中日スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/eb57d4a81793c9faf5795134a85b924aa351b3b4


    【【MLB】大谷翔平“生涯メジャー”宣言】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    200キロバイト (28,745 語) - 2021年11月12日 (金) 00:12




    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    おめでとうございます。
    イチロー以来の受賞かぁ、イチローさん3回も獲ってるのか、すげぇな。
    大谷さんも、3回は目指して欲しいなぁ?

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/12(金) 08:35:36.54

    11/12(金) 8:30配信
    スポニチアネックス

    エンゼルスの大谷翔平

     大リーグ機構は11日(日本時間12日)、打撃のベストナインと言われるシルバー・スラッガー賞を発表。エンゼルスの大谷翔平投手(27)が指名打者部門で選出された。日本選手ではイチロー以来12年ぶり2人目の快挙。

     ここまで専門誌「ベースボール・アメリカ」の年間最優秀選手、「ベースボール・ダイジェスト」の野手部門最優秀選手、7年ぶりの選出となったコミッショナー特別表彰、老舗スポーツメディア「スポーティング・ニューズ」の年間最優秀選手「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」、選手間投票による年間最優秀選手「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」、ア・リーグ最優秀野手を受賞。これで7冠となった。

     投手で9勝2敗、打者ではリーグ3位の46本塁打、100打点、26盗塁と二刀流でフル回転した今シーズン。今後は最終候補3人に選出されているMVP、エドガー・マルティネス賞(最優秀指名打者)などを受賞する可能性がある。その他にも全国紙USAトゥデー、CBS、FOXなどのテレビ局など、米国の各メディアが選出するMVPにも輝くことが濃厚。合計受賞数は2桁に達することは確実だ。

    【今後、大谷が受賞可能性のある主な賞】※日付は日本時間

    ★11月19日

    MVP

    ★11月23日

    カムバックプレーヤー賞

    (故障やスランプから復活した選手を表彰)

    ★11月24日

    オールMLBチーム賞

    (ファン投票&識者でファースト、セカンドチームを選出)

    ★11月30日

    エドガー・マルチネス・アウトスタンディングDH賞

    (最優秀指名打者)


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e5fea5c6d5b946d2aa129514a0dc6925881a0b4a


    【【MLB】大谷翔平 今度はシルバー・スラッガー賞!】の続きを読む

    このページのトップヘ