トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:イタリア


    岡ちゃんに新ノルマ“W16強” ^ 2018年、22年Wの各大陸出場枠が決定…アジアは「4.5」を維持 サッカーキング、2015年5月31日 ^ a b 「サッカーWの隔年開催案、FIFA総会で議論へ」『AFP通信』、2021年5月21日。2021年9月21日閲覧。 ^ “ベンゲル氏が2年ごとのW実施を主張
    77キロバイト (8,143 語) - 2021年10月19日 (火) 07:45




    (出典 www.soccer-king.jp)


    マジか。
    ロナウド見たいなぁ。
    イタリアも見たいけど。

    70 名無しさん@恐縮です :2021/11/27(土) 02:30:32.75

    平均値ではBが一番高いかもな


    【【サッカー】W杯 ロナウドかイタリアどちらか消える】の続きを読む


    岡ちゃんに新ノルマ“W16強” ^ 2018年、22年Wの各大陸出場枠が決定…アジアは「4.5」を維持 サッカーキング、2015年5月31日 ^ a b 「サッカーWの隔年開催案、FIFA総会で議論へ」『AFP通信』、2021年5月21日。2021年9月21日閲覧。 ^ “ベンゲル氏が2年ごとのW実施を主張
    77キロバイト (8,143 語) - 2021年10月19日 (火) 07:45




    (出典 www.soccer-king.jp)


    これは避けたかった組み合わせだよなぁ。
    マジかぁ。
    ロナウドも見たいし、イタリアも見たいんだよなぁ。

    1 久太郎 ★ :2021/11/27(土) 01:58:49.04

    22年ワールドカップ(W杯)カタール大会出場をかけた欧州予選プレーオフの組み合わせ抽選が26日(日本時間27日)、スイス・チューリヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部で行われた。

    プレーオフには欧州予選各組2位の10カ国、欧州ネーションズリーグ上位2カ国の計12カ国が参加。12チームが3組に分けられ、それぞれの組で準決勝、決勝を行い、勝ち抜いた3チームがW杯に出場する。開催は来年3月。

    各組の準決勝の対戦は次の通り(ホーム-アウェー)。クリスティアノ・ロナウド擁するポルトガルと今夏の欧州選手権覇者イタリアが同じC組に入ったため、少なくともどちらかがW杯出場を逃すことになる。

    ▽A組=スコットランド-ウクライナ、ウェールズ-オーストリア

    ▽B組=ロシア-ポーランド、スウェーデン-チェコ

    ▽C組=イタリア-北マケドニア、ポルトガル-トルコ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f954a373fcaef10ffd254fa8119e6713cb57c100


    【【サッカー】W杯 ポルトガルかイタリアが消える模様】の続きを読む


    ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア語: Gianluigi Donnarumma, 1999年2月25日 - )は、イタリア・カンパニア州ナポリ県カステッランマーレ・ディ・スタービア出身のサッカー選手。パリ・サンジェルマンFC所属。イタリア代表。ポジションはゴールキーパー。
    16キロバイト (1,703 語) - 2021年8月25日 (水) 06:49




    (出典 spike-arekore-football-boots-blog.com)


    これは完全なとばっちりだろwww
    メッシの場合はクラブに問題があったやろうし、本人もなんだかんだ残りたかったろ。

    1 Egg ★ :2021/10/19(火) 18:10:35.71

    元イタリア代表のアレッサンドロ・コスタクルタ氏が、19日付のイタリア紙『イル・ジョルナーレ』のインタビューに応じ、今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマなどについて語った。

    現役時代にミランのバンディエラとして活躍したコスタクルタ氏は、自身と同じようにミランの下部組織出身でクラブのレジェンドとなる可能性がありながら、PSGへ移籍したドンナルンマに言及。元ミランGKがクラブとの契約更新へ応じず、ゼロ円移籍を選択したことに不快感を示した。

    「彼がミランを去ったこと自体にコメントをするつもりはない。人それぞれ好きなようにすればよい。ただ、クラブに対する経済的な見返りが事実上不可能となるようなやり方は不快だった。ジージョは感謝の気持ちを示すことをしなかった」

    「彼がしたように移籍金ゼロでチームを去れば、ミランは数百万ユーロ(数億円)を手に入れる機会を失ってしまう。その資金を新GKの獲得へ投資することもできたはずだろう。私からしたら、そういった行為は恩知らずに見える。だがこのような振る舞いをした選手は他にもいる。(リオネル)メッシもそう。何百万ユーロという大金を稼いできて、バルセロナのために無償でプレーすることだってできたはずだ。だからこのような振る舞いをしたのは、ジージョだけではない」

    かつてアリゴ・サッキ氏やファビオ・カペッロ氏、さらには元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏など数々の名だたる名将の指導を受けてきたコスタクルタ氏。最も影響を受けた指揮官を問われると、カペッロ氏を挙げた。

    「全員が大切な指揮官だったが私にとって重要だったのはカペッロであると言える。当時の私は若く、17歳の時に父を失った。そんな難しい時期に私をそばで支え、選手として、また人間として育ててくれたんだ。私の成長において重要な時期だった。ふさわしいメンタリティを得ることができなければ、のちに苦労していただろう」

    GOAL 10/19(火) 18:06
    https://news.yahoo.co.jp/articles/212d36328c819eeb7b95c2f7a4b0c124a24ae006

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=360&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】メッシさん、全く関係ないのに、、、】の続きを読む


    アタランタ・ベルガマスカ・カルチョ(Atalanta Bergamasca Calcio)は、イタリアのロンバルディア州ベルガモを本拠地とするサッカークラブである。チーム名のアタランタとはギリシア神話のアタランテーのこと。 レスラトンでの会合がきっかけとなって、1907年10月17日、ジノとフェル
    55キロバイト (1,552 語) - 2021年9月18日 (土) 01:39




    (出典 iruttyoblog.site)


    これは悲しいなぁ笑
    確かにメッシならこうはならんよね。
    おつか

    1 伝説の田中c ★ :2021/09/26(日) 20:05:55.28

     SNSを積極活用することで人気を博しているアタランタのオランダ代表MFマルテン・デ・ローンが太っ腹なサプライズ企画を実施したが、大失敗に終わった。

     30歳のオランダ人MFは、2015年にヘーレンフェーンからアタランタに加入。翌年にはミドルズブラに移籍するものの、シーズン終了後に再びアタランタに復帰し、その後は定着する。不遇のときを過ごしたが、アタランタ躍進とともにその実力は評価を高め、25歳でオランダ代表に初招集された。

     デ・ローンにはもうひとつ知られざる顔があり、それはセリエAでも指折りにSNSを駆使すること。試合が開催されるときには積極的に更新し、サポーターに愛される存在となった。

     そんなデ・ローンがファンも喜ぶサプライズ企画を開催。アタランタの公式ストアに潜み、自身のユニフォームを購入したファンに対し、デ・ローンがサインを入れ、さらに代金まで支払うという太っ腹なものだった。

     その様子は動画で撮影されており、自身のツイッター(@Dirono)で公開。最初は笑顔を見せていたが、コロナ禍の影響もあり、店内に客は見当たらない。椅子に座り、時計を確認するデ・ローン。商品のジグソーパズルを開けて、組み立てるデ・ローン。トランプを始めるデ・ローン。店内のモニターで自身が出た試合を観るデ・ローン。すると、ようやく肩を叩かれ、声を掛けられた。

     肩を叩いた相手は店員だった。「午後7時半だから店を閉めるよ。ごめんね」。デ・ローンは頭を掻きながら、店を去っていった。

     デ・ローンは「メッシだったらこんなことにならないんだろうね…」とつぶやいている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5561b6a51d80c01cb1460bc749bb51627f08491e

    【動画】アタランタMF、哀愁漂う失敗の様子
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?341739-341739-fl


    【【サッカー】アタランタMFの悲しい結末】の続きを読む


    アタランタ・ベルガマスカ・カルチョ(Atalanta Bergamasca Calcio)は、イタリアのロンバルディア州ベルガモを本拠地とするサッカークラブである。チーム名のアタランタとはギリシア神話のアタランテーのこと。 レスラトンでの会合がきっかけとなって、1907年10月17日、ジノとフェル
    55キロバイト (1,538 語) - 2021年9月4日 (土) 05:19



    (出典 p4.wallpaperbetter.com)


    経営が最優先かぁ、まぁそれが中堅クラブは特に大切なんだろうけど、ファンは何かがっかりせんかな

    1 伝説の田中c ★ :2021/09/10(金) 20:01:55.04

    アタランタのアントニオ・ペルカッシ会長が、地元紙『レーコ・ディ・ベルガモ』のインタビューに応じ、チームについて語った。

    昨シーズンを3位で終え、3シーズン連続でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にしたアタランタ。近年快進撃を続けるチームには、周囲からスクデットの獲得を期待する声も上がっているが、ペルカッシ会長はあくまでも自身の哲学を貫いている。アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロの放出も、クラブにとって必要であったと強調した。

    「スクデットを話題にするのをやめてほしい。我々はアタランタ。自分たちにとってスクデットに値するセリエA3位の座を、3年連続で勝ち取ったばかり。アタランタなんだから、ボローニャと引き分けてもお葬式のような雰囲気になることもない。我々は常に、クラブの安定を保証できるよう取り組んでいる。最も重要なのは、クラブの財政を正常に保つことなんだ」

    「それに補強は行っている。ロメロの売却がなければ、すべてのポジションにおいてチームの厚みを増すことは不可能だった。私には地に足をつける義務がある。アタランタがスクデットを獲得できるなどと考えることはやめるべきだ」

    続いてアタランタ会長は、今夏チェルシーからローマへ移籍したFWタミー・エイブラハムの争奪戦から撤退したことに触れた。

    「エイブラハムが、我々は何者であるか、何者になれないかを示すもう1つの例だ。あの若者のことはしばらく前から知っていたが、彼の移籍金や契約金はビッグクラブ並みだった。我々とは規模が違う。だからエイブラハムを獲得できなかった」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/57f606ad7e50a468ba5f89c0d191d0fdbf418f49


    【アタランタ会長 優勝は望み過ぎだ】の続きを読む

    このページのトップヘ