ブルックリン・ネッツ(Brooklyn Nets)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークブルックリン区に本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。イースタン・カンファレンス、アトランティック・ディビジョン所属。チーム名のネッツはバスケットのゴール(ネット)の意味を持ち、創設
36キロバイト (2,813 語) - 2021年9月27日 (月) 06:16




(出典 basket-count.com)


まぁ、打つ打たないは本人の自由だから主張はわかるけど。
プロでお金もらってるんだから、そこはもう少し考えてあげてよ、チームの迷惑とかも

1 muffin ★ :2021/10/13(水) 13:47:21.42

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2110/13/news081.html

米プロバスケットボールリーグ「NBA」のチーム、ブルックリン・ネッツが10月12日、ショーン・マークスGMの声明を公式サイトで発表。ガードのカイリー・アービング選手について、当面は試合に出さず練習にも参加させないと明らかにしました。

ニューヨークでは屋内でプレイするアスリートにワクチン接種を義務付けており、声明の中で直接言及はしていないものの今回の措置はアービング選手が新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン未接種のためと受け止められています。

ネッツは「カイリーは個人的な決断を下し、われわれは個人の選択を尊重する」とコメント。NBAはワクチン接種に関する規定を特に設けていないためニューヨーク外での試合出場に制限はありませんが、アウェイ戦のみへの出場は「認められない」として今回の措置へ至ったとしています。

アービング選手はMVP獲得歴もありオールスター常連のスター選手。チームにとって離脱は苦渋の決断だったと予想されます。

アービング選手は9日に投稿された最新ツイートでは「私は神に守られているし、私の仲間も同様です」とコメント。しかしNBAファンからは全選手のほとんどがワクチン接種を終えているとして「チームプレーヤーとしての意識が欠けている」と非難を受けています。

カイリー・アービング選手

(出典 image.itmedia.co.jp)


【NBAネッツ選手「私は神に守られている」】の続きを読む