トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:アーノルド


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。A代表(フル代表)とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,123 語) - 2021年10月8日 (金) 12:58




    (出典 www.nikkansports.com)


    いっそのこと叩き潰してあげてくれい。負けないように必死だと思うから、カウンターだけケアすればいけるやろう

    1 Egg ★ :2021/10/11(月) 22:36:41.90

    10月11日、カタール・ワールドカップのアジア最終予選で日本と対戦するオーストラリア代表のグラハム・アーノルド監督が、オンラインで公式会見を行なった。

    代表戦士がトレーニングで魅せた華麗なパス回しを特集!長友&吉田がムードを変える!

     ここまで最終予選3試合に全勝し、勝点9でグループBのトップを走るオーストラリアは、19年9月から続くW杯予選での連勝を「11」に伸ばし、世界記録を更新。まさに乗りに乗っている



     現役時代はサンフレッチェ広島でプレーし、ベガルタ仙台を指揮した経験もあるアーノルド監督は、記者からの「日本の弱点をどうとらえているか?」という質問に、このように返答した。
     
    「我々は日本を長い間、スカウティングしている。もしここについて問われたような弱点を話せば愚かな者になるので、詳細を語ることはできない。だが、とにかく我々は自分たちに集中し、選手たちがメンタル、フィジカル面での準備が整っているということを確認するのが大切だと考えている。おそらく選手たちは期待に応えてくれ、素晴らしい試合になるだろう」

     また、記者から「ドローという選択肢はあるのか?」という質問を受けると、「私は引き分けを目指すようなサッカーはしない。必ず勝点3をとるための試合をする」とあくまで勝利を目指すと述べた。

     加えて、「私も選手も、日本で指導やプレーをし、アジアのチームと対戦した経験を持ち合わせている。それらを融合させて、強敵に立ち向かおうと思う」と語り、明日の試合への準備は万全であると強調した。

     会見に同席したFWミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山)は、「日本には友人もたくさんいるし、毎回、対戦することに非常に光栄に思う。ワクワクしている」とコメント。日本に縁の深いふたりは、自信を見せつつ、日本戦に冷静に臨むことを明らかにした。

     日本対オーストラリアの試合は、12日19時10分にキックオフされる。森保ジャパンにとっては、引き分けも許されない大一番となる。果たして、好調なオーストラリアを叩くことはできるのか。

    サッカーダイジェスト 10/11(月) 21:24
    https://news.yahoo.co.jp/articles/68563c3ff70296a0d4dc2f9e8c0190c96449a129

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=424&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】豪州代表監督「私は引き分けを目指すようなサッカーはしない。」】の続きを読む


    【そういえば】アレクサンダー=アーノルド代表落選について


    今夏シティと契約満了のミルナー、リバプール移籍が決定! ゲキサカ (2015/06/04) ^ リバプール、サウサンプトンSBクラインを獲得…今夏6人目の補強 ゲキサカ (2015/07/02) ^ リヴァプールがバーンリーFWイングスを獲得…今季は11ゴール記録 SOCCERKING (2015/06/08) ^ リバプール
    124キロバイト (12,572 語) - 2021年3月22日 (月) 11:40


    そういえば落選してたな。けど今季のパフォーマンスを考えたら仕方ないのかもよ。守備の軽さがファンダイクが消えてより明るみになった

    リバプールレジェンドであり、現在はレンジャーズで指揮を執るスティーブジェラード監督が、イングランド代表から落選したDFトレントアレクサンダー=アーノルドを擁護している。イギリスミラー』が伝えた。

    アレクサンダー=アーノルドは正確無比なクロスを武器に、昨シーズンリーグ戦38試合で13アシストを記録。チームプレミアリーグ優勝に多大な貢献を果たした。しかし、今シーズンは不調に陥っており、ここまでリーグ戦27試合でわずか3アシストのみ。守備でも、軽い対応からピンチを招くシーンが多くなっている。

    こうしたパフォーマンスもあり、アレクサンダー=アーノルドは18日に発表された2022年カタールワールドカップ(W杯)欧州予選のイングランド代表メンバーから落選。苦しい時期を迎えている中、ジェラード監督はそんな時ほど選手にはサポートが必要だと語った。

    「確かなことは、私がいつもトレント(・アレクサンダー=アーノルド)のそばにいるということだ。言うまでもなく、1日中いつでもね。もちろん、私が最初に動くことはない。彼は自分自身について考え、自分の居場所についても知っているからだ」

    「ガレス・サウスゲートがこの決定を下したが、私はその決定に必ずしも賛成はしていない。私はトレントが、イングランド最高の右サイドバックだと思っているからだ。とはいえ、私はイングランド代表の監督ではない」

    「私が選手として学んだことの1つは、常に10点満点ではいられないということだ。だからオフになってしまったときは、他の誰よりも監督のサポートや愛情、注意を必要としている」

    イングランド代表の決定には驚いた。ただし、これは私の意見であり、私の意見は大して重要ではない。重要なのは、トレントワールドクラスかつこの国で最高の右サイドバックである一方、我々には他にも素晴らしいサイドバックがいるということだろう」

    また、ジェラード監督は現在リバプールから離れているものの、古巣に所属する選手のため、サポートは欠かさないと約束している。

    「今は問題を解決する必要がある。私はトレントや他のリバプールの選手たちのため、いつでも力を尽くすつもりだ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【そういえば】アレクサンダー=アーノルド代表落選について】の続きを読む

    このページのトップヘ