トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:アーセナル


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    78キロバイト (7,228 語) - 2021年11月18日 (木) 10:15




    (出典 hokkoku.ismcdn.jp)


    素晴らしいねぇ。
    守備も安定してたし、ロングパスも精度良かったよなぁ。

    1 Egg ★ :2021/11/27(土) 23:28:37.02

    プレミアリーグ第13節が27日に行われ、DF冨安健洋が所属するアーセナルとニューカッスルが対戦した。

     アーセナルは0-4で敗れた前節リヴァプール戦からスタメンを1枚変更し、マルティン・ウーデゴーアが先発入り。冨安は10試合連続の先発となり、右サイドバックでフル出場した。一方、今季未勝利のニューカッスルは、新型コロナウイルス陽性のため前節ブレントフォード戦を欠席していたエディ・ハウ監督がベンチに入り、新天地での正式な初陣を迎えた。

     前半はアーセナルがボールを握って敵陣に押し込む展開に。16分、敵陣中央のアルベール・サンビ・ロコンガからゴール前に鋭いミドルパスが通ると、抜け出したブカヨ・サカが合わせるが、枠を捉えられない。20分にはペナルティエアリア手前でフリーキックを獲得。ウーデゴーアが直接狙うが、マルティン・ドゥブラフカの好セーブに阻まれる。

     対するニューカッスルは、30分にアーセナルのゴールを脅*。ペナルティエリア手前で相手のクリアを回収したジョンジョ・シェルヴィーは、ゴール右上を狙ってミドルシュートを放つ。シュートは枠を捉えていたものの、相手GKアーロン・ラムズデールのファインセーブに阻まれた。

     アーセナルは31分、冨安が右サイドから中央へと切り込み、ペナルティエリア手前で左足を振り抜く。ゴール左下を狙ったシュートは、わずかに枠を外れた。

     41分、アーセナルに絶好機が訪れる。ペナルティエリア左からサカが浮き球で折り返し、エミール・スミス・ロウが頭で合わせると、相手GKドゥブラフカの好セーブに阻まれる。このこぼれ球をピエール・エメリク・オーバメヤンが押し込もうとしたが、右ポストに当ててしまう。前半はお互いに1点が遠く、スコアレスで折り返した。

     試合の均衡が破れたのは56分、アーセナルが待望の先制点を獲得する。敵陣深い位置でじっくりとパスをつなぎ、ヌーノ・タヴァレスのパスにサカが抜け出す。サカはペナルティエリア左で左足を振り抜き、ゴール右下へと突き刺した。

     さらに66分、アーセナルがリードを広げる。冨安が右サイドからゴール前に柔らかい浮き球を送ると、ガブリエウ・マルティネッリが抜け出す。マルティネッリは背後からのボールにワンタッチで合わせ、相手GKとの一対一を制してゴールに流し込んだ。冨安はプレミアリーグ初アシスト、マルティネッリは今季初ゴールとなった。

     試合はこのまま終了し、アーセナルは2試合ぶりの白星で連敗を回避した。ニューカッスルは3試合ぶりの黒星で開幕から未勝利が続いている。

     次節、アーセナルは12月2日にマンチェスター・Uとアウェイで、ニューカッスルは30日にノリッジとホームで対戦する。

    【スコア】
    アーセナル 2-0 ニューカッスル

    【得点者】
    1-0 56分 ブカヨ・サカ(アーセナル)
    2-0 66分 ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル)

    サッカーキング 11/27(土) 23:26
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c11a8018aeeb95bcf17440a83c9005a43fcc2dc3

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800


    【【サッカー】冨安さん アシスト決めたー】の続きを読む


    ジョゼップ・グアルディオラ・イ・サラ(カタルーニャ語: Josep Guardiola i Sala IPA:[ʒuˈzɛb ɡwəɾðiˈɔɫə], 1971年1月18日 - )は、スペイン・カタルーニャ州サンパドー出身のサッカー監督、元選手。2016年よりプレミアリーグのマンチェスター・シティ
    53キロバイト (6,469 語) - 2021年11月19日 (金) 05:16




    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    アスリートは体調維持は至上命題だからなぁ。
    仕方ないのかもしれんなぁ。
    私には無理だよわら

    1 Egg ★ :2021/11/22(月) 12:04:08.47

    トッテナムは11月1日にヌーノ・エスピリト・サント監督を解任し、翌2日にアントニオ・コンテ監督を招聘した。ユベントスやインテル、チェルシーでリーグ優勝を経験しているイタリア人監督は、チームを立て直すことが期待されている。その改革の1つとして行ったのが食事改革で、選手たちにケチャップを使うことを禁じたという。英紙「ザ・サン」は、過去にサッカーチームの監督が禁じた食べ物を特集。そのなかには、意外な食べ物も含まれていた

     近年、プロサッカー選手たちの食事はクラブによって管理されることが少なくない。クラブによっては、専任シェフを雇っているところもある。監督が選手に特定の食べ物を禁止することもあるなかで、新たにトッテナムを率いることになったコンテ監督は、ケチャップとマヨネーズ、サンドイッチ、バター、炭酸飲料をクラブハウスのメニューからなくしたという。

     こうした措置をとるのは、コンテ監督だけではない。2016年にジョゼップ・グアルディオラ監督は、マンチェスター・シティの選手たちにピザを食べることを禁止した。その一方で2015-16シーズンにプレミアリーグを制したレスター・シティを率いていたクラウディオ・ラニエリ監督は、クラブが試合を無失点で終えた場合、選手たちにピザをふるまう約束をしたことが話題になっていた。

     フライドポテトを禁じたのは、マンチェスター・ユナイテッドの指揮を執ったデビッド・モイーズ監督だった。前任者のアレックス・ファーガソン監督体制では、低脂肪のフライドポテトを食べることが習慣になっていた。しかし、オランダ人DFアレクサンデル・ビュットネルが試合前、ホテルでの食事で山盛りのフライドポテトを食べようとした時、監督は注意をして、食べることを禁じたという。この話が2日後にメディアに伝わり、批判を浴びると、再び選手たちがフライドポテトを食べることを許したことが、元フランス代表DFパトリス・エブラによって明かされている。

    11/22(月) 8:40 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f9fd858fafe8d364eb59dbf72da1dd64fd240acb

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=426&exp=10800


    【【サッカー】<世界の監督たちが“禁じた食べ物>】の続きを読む


    南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のサッカー選手。ポジションはFW、MF。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。日本代表。 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。当時のチームメイトに室屋成がいた。2007年、複数のJアカデミーからのオファーの末、中学入学と同時にセレッソ大阪U-15へ入団。
    50キロバイト (4,930 語) - 2021年11月21日 (日) 01:31




    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    とりあえず良かった。
    遂にゴールをきめたかぁ。
    冨安アーセナルは遂に負けたか。

    1 ゴアマガラ ★ :2021/11/21(日) 08:33:03.43

    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、本拠地アンフィールドでの移籍後初ゴールを挙げたFW南野拓実を称えた。

    20日に行われたプレミアリーグ第12節で、リヴァプールはホームでアーセナルと対戦。サディオ・マネ、ディオゴ・ジョタ、モハメド・サラーのゴールで3点をリードして迎えた77分、
    直前に途中出場した南野がトレント・アレクサンダー=アーノルドのアシストからゴール。4-0でアーセナルを撃破した。

    南野にとっては今季プレミアリーグでの初得点で、公式戦では4ゴール目に。さらに、ザルツブルクの一員として戦った2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ以来となるアンフィールドでのゴールとなった。

    クロップ監督は試合後の会見で「私がどれだけタキのことを嬉しく思っているのか、君たちには想像できないはずだ」と話し、称賛を続けた。

    「彼は素晴らしい時間を過ごしている。このスカッドからして、彼は4つのポジションを変えるための解決策だったと思う。両サイドの8番と3トップでプレーできた。
    君たちにもわかるだろうが、彼は本当に良い状態なんだ。日本で代表戦を戦った後、今彼はこのクラブにいて、我々にとってとても重要な存在である」

    「彼が得点を決めたことで、みんなが彼のことをとてもうれしく思っている。今日のパフォーマンスはトレーニングがとても良く反映されている。これからもプレーすることになるし、このことに何の疑いもない」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d0ba0d73132185eb19b4df1817a3e6fc0c4f79f5


    【【サッカー】クロップ「どれだけ嬉しく思っているか想像できないだろう」】の続きを読む


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    79キロバイト (7,235 語) - 2021年11月6日 (土) 04:49




    (出典 www.football-zone.net)


    素晴らしいですわぁ。
    守備の安定感はほんと大きいねぇ。
    ドリブルでボールも運べるのがでかいわあ。

    1 Egg ★ :2021/11/08(月) 10:25:43.98

    現地時間11月7日に開催されたプレミアリーグ第11節で、7位のアーセナルは16位の昇格組ワトフォードと本拠地エミレーツで対戦。36分のピエール=エメリク・オーバメヤンのPKは痛恨の失敗に終わるも、56分にエミール・スミス・ロウが値千金の一発を叩き込み、1-0で完封勝利を収めた。

    【動画】「これ凄すぎ」「まじで素晴らしい」称賛を浴びている冨安のパスカットシーン

     右SBでリーグ戦8試合連続の先発に名を連ねた冨安健洋は、イスマイラ・サールに剥がされそうになったところで足を引っかけ、加入後初めてイエローカードを貰うシーンもあったが、90分を通じて安定した守備対応を披露。デビュー戦からの無敗記録を8試合に伸ばしている。
     
     チームと共に調子の良さをキープしている23歳に、現地紙『The Sun』も大絶賛。採点記事で3位タイの「7」を付け、寸評では以下のように激賞している。

    「この日本代表選手はなんてお買い得なのか。1950万ポンド(約27億3000万円)でのボローニャからの獲得は大当たりだ。彼はディフェンス面で絶対的な存在となっている。エマヌエル・デニスやイスマイラ・サールの仕掛けにも難なく対応し、右サイドのサカとの連携も良かった」

     冨安は今後もプレミアリーグの名立たる猛者たちを抑え、その価値をさらに高めることはできるか。

    サッカーダイジェスト 11/8(月) 10:10
    https://news.yahoo.co.jp/articles/015813f87539162c6269eb8e18c34534e99aa215


    【【サッカー】冨安さん、不敗神話継続中】の続きを読む


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    78キロバイト (7,140 語) - 2021年11月4日 (木) 22:08




    (出典 f.image.geki.jp)


    翻訳も難しいなぁ。
    まぁ日本語も難しいてのもあるんだろうけど。
    いいじゃん、アーセナルでうまくいってるから

    1 Egg ★ :2021/11/05(金) 22:33:49.80

    電撃移籍の経緯を明かした冨安、実際の発言とは異なる形で英メディア報道

     アーセナルの日本代表DF冨安健洋は元日本代表DF内田篤人氏がMCを務めるスポーツチャンネル「DAZN」の番組内で今夏の移籍の経緯を振り返った。噂にあったトッテナム行きが破談となり、アーセナルへの電撃移籍が決まったことを明かした冨安だが、英地元メディアでは冨安の発言が思わぬ形で波紋を呼んでいる。

     冨安は今夏にセリエAのボローニャからアーセナルへと移籍した。当初はセリエAの複数クラブの他にトッテナムが候補として挙がり、現地メディアでは具体的な移籍金額まで報じられていた。内田氏とのオンライン対談で移籍について聞かれた冨安自身も「僕も行くと思ってました」と明かしていたが、トッテナム行きはその後に消滅。マーケット締め切り直前に突如アーセナルが浮上してきたという。

     冨安は次のように話している。

    「(トッテナム移籍は)ぎりぎりでなくなって、それこそアーセナルは全然なかったんですよ。最後、8月30日の夜に急に出てきてくれて、そこから決まった」

     さらに内田氏からの「アーセナルの上ってなると難しい所になるけれども、行きたい国とか、行ってみたいチームはあるんですか?」との“直球質問”に対しても、冨安は「ないですね。アーセナルが元にいた場所、本当にアーセナルが一番上だった時代に一緒に戻ることができれば、今いる場所が世界最高の場所になるので、それが僕にとってベストです」とアーセナルへの忠誠を誓っている。

     この決意表明でアーセナルサポーターからの株を上げた冨安だが、移籍に関する発言は思わぬ形で波紋を呼んでしまったようだ。というのも、日本語で行われたこのインタビューが英語に翻訳された際に、冨安の「(トッテナム移籍は)ぎりぎりでなくなって」の部分について実際の発言とはややニュアンスが変わった形で報じられているのだ。

     実際に冨安の発言について英国メディアで報じられた例を見てみると、「ザ・サン電子版」「デイリー・ミラー電子版」ではともに「I thought I was going to Spurs. On deadline day, I rejected them.(スパーズに行くと思っていた。デッドラインデーにそれを断った)」となっている。冨安は自ら「断った、拒否した(rejected)」との表現はしていないが、現地では少なからず冨安がトッテナム行きを断り、そのライバルであるアーセナルを選んだと両クラブのライバル関係に火をつけるような解釈が広まっている。

     これについて「デイリー・スター」紙では「トッテナムファンはアーセナルを選び、トッテナムを拒否した冨安健洋の主張に反論」という見出しを打ち「君が私たちを拒否したのではなく、私たちが代わりエメルソンを選んだんだ」「彼はトッテナム加入を熱望していたが、我々は彼よりもエメルソンを選んだ」といったツイッター上でのファンからのコメントが紹介されている。実際の発言と伝えられた内容に乖離した部分があることで誤解が生じているようだ。

     一方で、「ロンドン・イブニング・スタンダード」や「ジ・アスレティック」では同じ発言箇所について「I thought I was going to Spurs. On deadline day, the move broke down.(スパーズに行くと思っていた。デッドラインデーに移籍が破談した)」と元の発言に近い表現で伝えられていた。

    Football ZONE web 2021年11月5日 17時2分
    https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_349265

    写真

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【サッカー】冨安さん 移籍話で思わぬ、、、】の続きを読む

    このページのトップヘ