ズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimović, スウェーデン語発音: [ˈslaːtan ɪbraˈhiːmɔvɪtɕ], ボスニア語発音: [zlǎtan ibraxǐːmoʋit͡ɕ], 1981年10月3日 - )は、スウェーデン・マルメ出身のサッカー選手。セリエA・ACミ
79キロバイト (7,987 語) - 2021年11月15日 (月) 08:12




(出典 img.news.goo.ne.jp)


あらら、悪癖が出てしまったかぁ。
まあこれも含めてイブラなんだろうし、使う側も覚悟してるんだろうけど、やられた方はたまったもんじゃなき

1 Egg ★ :2021/11/16(火) 17:13:18.76

スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモ*の目を疑うような蛮行が、世界中に衝撃を走らせている。英紙『Daily Mail』などが伝えた。

【動画】背後からなぎ倒す…危険すぎるイブラの愚行をチェック
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=101093

 スウェーデンは現地時間11月14日、カタール・ワールドカップ(W杯)の欧州予選で、スペインと敵地で対戦。W杯の出場権獲得には勝利が絶対条件だったが、86分にアルバロ・モラタに奪われた1点で0-1と敗れ、プレーオフに回ることとなった。

 この一戦で問題の行為があったのは、後半アディショナルタイムだった。敵陣CKの場面で、73分に投入されていたイブラヒモ*は、相手DFセサル・アスピリクエタに対し、背後から左肩を思い切り当ててタックル。アスピリクエタをなぎ倒すと、自身もそのままピッチへ倒れ込んだのだ。

 PK狙いなのか、苛立ちからなのか。退場も十分にあり得る明らかに故意のラフプレーに、イブラヒモ*のバルセロナ時代の同僚でもあるスペイン代表MFセルヒオ・*ケッツは、主審にクレームをつけるが、その場ではお咎めなしに。

 ただ、欧州サッカー連盟の公式レポートには背番号11の箇所にイエローカードが記載されており、試合後に処分が下されたようだ。今予選で2枚目の警告となったイブラヒモ*は、3月に行なわれるプレーオフ準決勝は出場停止となった。

 40歳の衝撃行動を捉えた映像は、SNS上で瞬く間に拡散され、ファンから非難の声が殺到している。

「間違いなくレッドカード」
「気が狂ったのか」
「ズラタンはラグビーをしたいようだ」
「いくらなんでも汚すぎる」
「ただの暴力」
「怖すぎる」
「いくつになっても変わらない」

 なお、怪我が心配されたアスピリクエタはツイッターで、柔和な表情を浮かべた自身の顔写真と当該映像を添え、「全てが上手くいっている」と、大事には至らなかったことを報告している。

サッカーダイジェスト 11/16(火) 14:05
https://news.yahoo.co.jp/articles/47c5699e439fd20c26a9473c24d4930456e53785

写真 
(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=426&exp=10800


【【サッカー】イブラヒモビッチさん またオイタを、、、】の続きを読む