トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:アジア最終予選


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 www.nikkansports.com)


    まぁそうなるのは予想外だったろうけど、あんまり気にしてなさそう。
    気にして無いだろうなぁ。

    1 Egg ★ :2021/11/27(土) 17:28:13.17

    カタールワールドカップ予選大陸間プレーオフの組み合わせ抽選が現地時間26日に行われ、アジア第5代表は南米第5代表と対戦することが決まった。南米メディアでは日本代表がプレーオフに出場する可能性も言及されている。

     大陸間プレーオフにはアジアと南米のほか、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)第4代表とオセアニア代表が出場する。抽選の結果、アジア勢は最も手強いと予想される南米勢と出場権を争わなければならなくなった。


     アジア最終予選では2つのグループの3位チームがプレーオフを戦って大陸間プレーオフへ進むチームを決める。現時点ではUAE代表がグループAの3位、オーストラリア代表がグループBの3位に位置しているが、オーストラリア代表とわずか1ポイント差で2位の日本代表にも3位転落の可能性がある。

     一方、南米予選は大陸間プレーオフ出場となる5位周辺が大混戦。4位コロンビア代表、5位ペルー代表、6位チリ代表、7位ウルグアイ代表と4チームが勝ち点1差のなかにひしめいており、どのチームがプレーオフを戦うことになるのか現時点で予想は難しい。

     多くの南米メディアでは、プレーオフに進出するアジア第5代表として、当然ながら現時点で各グループの3位に位置するUAEまたはオーストラリアの可能性があると紹介。だが日本代表も候補チームのひとつとして予想されている。

     チリ『ラ・テルセーラ』は、「最も可能性が高いのは日本またはオーストラリア」と予想。グループBで接戦の2位争いを演じるどちらが3位になったとしても、グループAとのプレーオフに勝利すると見込まれている。「南米にとって手強い相手となりそうだ。ワールドカップ出場常連の日本またはオーストラリアになるかもしれない」とチリ『セントラル・デポルテス』も警戒を示した。

    フットボールチャンネル 11/27(土) 13:44
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0c25864fd0fc0a0440fcc4138cc3dd2038997d81


    【【サッカー】<南米メディア>豪州や日本とのプレーオフを予想!】の続きを読む


    岡ちゃんに新ノルマ“W16強” ^ 2018年、22年Wの各大陸出場枠が決定…アジアは「4.5」を維持 サッカーキング、2015年5月31日 ^ a b 「サッカーWの隔年開催案、FIFA総会で議論へ」『AFP通信』、2021年5月21日。2021年9月21日閲覧。 ^ “ベンゲル氏が2年ごとのW実施を主張
    77キロバイト (8,143 語) - 2021年10月19日 (火) 07:45




    (出典 cdn.mainichi.jp)


    ウルグアイきたら無理ゲーだな。
    来そうだなぁ。
    これは2位以内にならんと

    1 久太郎 ★ :2021/11/27(土) 01:56:38.63

    22年W杯カタール大会出場をかけた大陸間プレーオフの組み合わせ抽選が26日(日本時間27日)、スイス・チューリヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部で行われた。

    来年6月に行われる大陸間プレーオフにはアジア、オセアニア、北中米カリブ海、南米の各連盟から1チームずつが参加。抽選で決まった相手と中立地で1試合を戦い、それぞれの試合で勝った2チームがW杯へ出場する。

    アジアからは、W杯アジア最終予選A組3位とB組3位がまず対戦し、勝者が大陸間プレーオフへ進む。大陸間プレーオフの組み合わせは次の通り。

    日本はアジア最終予選でB組2位以内に入らないと、大陸間プレーオフへ進んだ場合でも南米代表と戦わなければならなくなる。

    ●アジア代表-南米代表

    ●北中米カリブ海-オセアニア代表

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a7ff58988b172ee0cce56547fec45aa56f93bef1


    【【サッカー】プレーオフ アジア勢は南米代表と対戦】の続きを読む


    ワールドカップ (Wからのリダイレクト)
    ワールドカップ(英: world cup)とは、スポーツの国際大会の名称中に使われることが多い言葉。それらの大会の略称に使用される場合も多い。「W」と表記される場合もある。 団体競技では、国別の世界選手権大会(世界一決定大会)と同義。4年ごとに開催されるものが多い。
    9キロバイト (828 語) - 2021年11月12日 (金) 15:12




    (出典 sakanowa.jp)


    これは何としてもプレーオフは避けてもらわないと。
    南米とかだとウルグアイが来そうだからなぁ。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/20(土) 11:09:19.45

    11/20(土) 9:08配信
    スポニチアネックス
     
     FIFAは19日、22年W杯カタール大会予選の大陸間プレーオフを一発勝負で行う発表とした。会場を中立地にして来年6月13、14日に開催する。従来はホーム&アウェー方式で行われていたが、新型コロナウイルスの影響で日程が3月から6月にずれ込み、一発勝負に変更。日本はアジア最終予選B組で自動的に出場権を得られる2位につけているが、3位に終わった場合はA組3位とのプレーオフで大陸間プレーオフ進出を争うことになる。

     組み合わせ抽選は欧州プレーオフと合わせ、26日にスイスのチューリヒで行われる。大陸間プレーオフにはアジア5位、北中米カリブ海4位、南米5位、オセアニア1位の4チームが参加して最後の2枠を争う。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/27f5402033f80bef6ab4397fc8c822ccad9e0052


    【【サッカー】W杯大陸間プレーオフは一発勝負だと】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 f.image.geki.jp)


    うーむ。
    1試合だけならまだいいんですけど、そうじゃないから言われるのでは?

    1 Egg ★ :2021/11/21(日) 20:28:22.79

    「1試合悪かったらどうしても年齢のせいにされる」

     2022年カタールワールドカップ最終予選の天王山と言われた11月の2連戦で勝ち点6を確保し、日本は2位浮上を果たした。しかしながら、絶対的1トップの大迫はケガから復帰した直後ということもあり、コンディションが万全とは言えず、結果としてノーゴール。消化不良のまま帰国の途に就くことになった。

     2戦連続で決勝弾を挙げたのは、ご存じの通り、ワールドカップ最終予選初参戦の伊東純也。しかも16日のオマーン戦では三笘薫と中山雄太の東京五輪世代が目覚ましい働きを見せた。こうした状況もあり、30代のベテラン勢への風当たりが強まっているのも事実だ。

    「1試合悪かったらどうしても年齢のせいにされる。それは最近のメディアを見てると長友(佑都)選手、大迫選手も同じ気持ちかなと思います」とキャプテン・吉田麻也も厳しい表情で語ったが、大迫自身も悔しさひとしおだったに違いない。

     低評価を覆すためには、8月に赴いた新天地・ヴィッセル神戸で結果を出し続けるしかない。すでに今季のJ1は川崎フロンターレが優勝。カップ戦タイトルの可能性もついえたが、神戸には来季AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権という大きなターゲットが残っている。それを引き寄せることが、背番号10に課せられた最重要タスクだった。

     自身も代表OBである三浦淳寛監督も、大迫の完全復活を誰よりも強く願っているはずだ。オマーン戦から長距離移動を伴う中3日で迎えた20日の横浜FC戦も、迷わず先発で送り出した。11月はこれで5戦目の超過密日程。だが、出番を得られず苦しんだブレーメン時代を考えれば、多少のハードスケジュールは本人も歓迎だろう。気合を入れて横浜・ニッパツ三ツ沢球技場のピッチに立った。

    フットボールチャンネル 11/21(日) 11:19

    全文 一部抜粋
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c9cf97bf8d4c69fff1ddedf85636379e447651e8


    【【サッカー】<吉田麻也>「1試合悪かったら年齢のせいにされる」】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,123 語) - 2021年11月16日 (火) 19:24




    (出典 www.nikkansports.com)


    三苫さん伊東さんだけが希望になってきたなぁ。
    森保監督良かったねぇ。

    1 Egg ★ :2021/11/17(水) 22:28:24.04

    苦しみながら今回も勝点3をもぎ取った。

     サッカー日本代表は現地11月16日にワールドカップアジア最終予選でオマーン代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

     ベトナム戦に続き、この試合でも終盤までスコアレスが続くなど、日本には苦しい展開となったが、途中出場の三苫薫のクロスを伊東純也が叩き込み、敵地での連勝に繋げた。

     この結果とともにグループ2位につけいていたオーストラリア代表が中国代表と引き分けたため、日本は2位に浮上、アウェー2連戦を最高の結果で乗り切ることとなった。

     特に初代表・初出場の三苫の活躍は、今後へ向けても頼もしい存在であることが示された。後半からピッチに立つと最初のプレーで挨拶代わりのドリブルで仕掛け、敵陣深い位置でファウルを獲得。再三にわたるドリブル突破は、明らかにこれまでの日本には無かったリズムを生み出していた。

     この三苫のプレーには海外からも称賛の声が上がっている。伯メディア『globo.com』は勝利に導いた三苫のプレーを讃えるとともに、日本の試合内容を様々なコメントでレポートしている。

     同記事では冒頭から「サムライブルーデビューのミトマが勝利をお膳立てした」と綴られており、「才能ある左ウイングの加入は、日本チームを水からワインへと変えた」との表現で三苫の効果的なプレーを評している。
     
     さらに「ボールを持つと、必ずドリブルで少なくとも一人は抜き去り、危険な状態を作り出していた」と分析している他、「1対1で違いを生み出していた」と今回の立役者の活躍を振りかえった。

     一方で、森保一監督へは複雑な内容の言葉が並んだ。先発メンバーについては「モリヤスは先週のベトナム戦での激闘を経て、スタメンを1人しか変えなかった」として出場停止の守田英正以外の10人が同じ顔ぶれだったことを指摘。また「オマーン戦のメンバーを発表時、JFAのソーシャルメディアへの投稿に『オヤスミナサイ』というシンプルな反応を示した人がいた」と日本のSNSの内容を取り上げ、選手起用に苦言を呈した。

     これ以外でも、後半途中のたび重なる戦術変更を「モリヤスは同じ試合で2回もフォーメーションを変えた? 奇抜な発想だ」と驚きとともに伝えている。

     新たな戦力による目覚ましい活躍が見られた今回の戦いだったが、海外メディアからの指揮官への評価は決して高くはないようだ。最終予選は残り4試合。W杯へ向かう戦いの行方はまだ見えてこない。

    11/17(水) 18:12 ザ・ダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b0b53aa32ae175f7f2f1b2aee28738cc9e18c620

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=426&exp=10800


    【【サッカー】三苫が「日本を水からワインに変えた」】の続きを読む

    このページのトップヘ