トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:アギーレ


    ヴァヒド・ハリルホジッチ(セルビア語: Vahid Halilhodžić, セルビア語キリル・アルファベット: Вахид Халилхоџић, 1952年5月15日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の元サッカー選手。サッカー指導者。元ユーゴスラビア代表(現在はボスニア・ヘルツェゴヴィナ国
    39キロバイト (4,362 語) - 2021年10月8日 (金) 07:48




    (出典 www.jleague.jp)


    うーむ、難しいねぇ。
    まぁ何を優先するかなのかな。
    選手のモチベーション、コンディションを見るなら日本人がいいよなあ

    1 Egg ★ :2021/10/17(日) 20:48:11.08

    日本代表を率いたファルカン氏やハリルホジッチ氏の解任に言及 


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l

    サッカー解説者のセルジオ越後氏が、自身のYouTubeチャンネル「セルジオ越後チャンネル『蹴球越後屋』」を更新。日本代表を率いた外国人監督たちが解任される背景について語っている。

    【動画】 
    https://www.football-zone.net/archives/346368/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=346368_6

     日本サッカー協会の強化委員会で委員を務めた経験も持つ越後氏。「【監督解任の基準】元日本サッカー強化委員のセルジオが明*クビ宣告の裏側!」と題した動画の中で、日本代表を指揮したパウロ・ロベルト・ファルカン氏やバヒド・ハリルホジッチ氏の解任について触れた。

     現役時代、ジーコ氏らとともにブラジル代表で「黄金の中盤」を形成したファルカン氏が日本代表監督に就任したのは1994年4月のこと。「『まだ日本のサッカーは、練習とか技術とかそういう前に、組織的にまだまだ遅れている部分がある』と、(ファルカンは)僕に言った。彼も気を使って協会にはそれは言わなかった。そういう発言をすることによって嫌われていく」と振り返る。

    「足りないことを言い出したら、批判していると思われる部分があるんじゃないかと思う。僕もその中の1人ですから。辛口でやっぱりあんまり……人間っていうのは褒められるのが大好きで、そういうところがフリーディスカッションという社会じゃなかったので」

     また当時、チームドクターを巡る考え方についても、ファルカン氏側と溝があったという。「日本の文化が揺れたのよね」と明*越後氏。トレーニング時の具体的なエピソードも動画内で語り、「彼(ファルカン)が医者よりも上にいて、一番仕切っているという縦社会が残念ながら日本にはなかった。彼だけではなく、外国人監督はぶつかっている」と指摘する。

     近年では、2015年2月に日本代表監督に就任したハリルホジッチ氏(現・モロッコ代表監督)も、18年ロシア杯直前の同4月に「選手たちとのコミュニケーションや信頼関係が薄れた」という理由から解任された。

     時に厳しい言葉を投げかけることもあったハリルホジッチ氏だが、越後氏は「なんでかっていうと、そういう文化に育ってるから。言わなかったら最終的に自分は更迭になるんだって。せめて自分の要求はぶつけるんだっていう」と説明している。さらに「そこがやっぱり、日本の文化の中には馴染まないっていう……。ほとんど、外国人監督が来たらもう衝突しているね」と主張していた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/57ed2b63380b52faa47c0bf1c15d9013a636e63c


    【セルジオ越後「ほとんど、外国人監督が来たらもう衝突..」】の続きを読む


    森保 一(もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。長崎県長崎市出身。元サッカー日本代表。日本代表監督兼東京オリンピックサッカー日本代表監督。 父親が造船関係者だったため幼少期から各地を転居、静岡県掛川市で生まれ、名古屋市、横須
    37キロバイト (3,620 語) - 2021年10月9日 (土) 12:30




    (出典 www.sanspo.com)


    でもなぁ、多分敗退決まるまでは森保監督で行くんやろうなぁ。
    田嶋会長が帰るとはおもわん

    1 久太郎 ★ :2021/10/13(水) 12:20:46.54

    〝ポスト森保〟に外国人監督も浮上だ。日本代表は12日に行われたカタールW杯アジア最終予選オーストラリア戦(埼スタ)で2―1と勝利し、7大会連続のW杯出場へ土俵際で踏みとどまった。負ければ解任濃厚だった森保一監督(53)は首の皮一枚つながったが、進退問題はくすぶったまま。有事の際には外国人の大物指揮官も選択肢になる可能性が出てきた。

     負ければ7大会連続のW杯出場は絶望的、自身の解任も避けられない一戦。そんな大一番で森保監督の勝利への執念が結実した。7日のサウジアラビア戦での〝自爆パス〟で戦犯になったMF柴崎岳(レガネス)の代わりにスタメンに抜てきしたMF田中碧(たなか・あお=デュッセルドルフ)が、前半8分に先制ゴール。正念場で大仕事をやってのけた。

     後半25分にMFフルスティッチのFKで同点に追いつかれたが、土壇場で劇的なドラマが待ち受けていた。41分に途中出場のFW浅野拓磨(ボーフム)が左サイドからシュートを放つと、相手GKの手をはじいてポストを直撃。はね返ったボールがDFベヒッチに当たってまさかのオウンゴール。森保監督にとって広島時代からのまな弟子である浅野が幸運の決勝点を呼び寄せ、最大のライバル撃破の立役者となった。

     自らのクビがかかった〝ギロチンマッチ〟を乗り越えた森保監督は試合後に「進退に関しては、特に今日の試合だけかかっているとは思っていない。代表の監督に就任してから毎試合、毎試合、監督としての道が続くのか、終わるのかという岐路に立っていると思っている。今日の試合で特別、自分の進退について考えることはなかった」と強い覚悟をにじませた。

     しかし、すでに日本は2敗しており、厳しい状況に変わりはない。今後も解任論はくすぶったままで、指揮官の言葉通り毎試合が進退をかけた戦いになる。

     緊急登板の場合はチーム再建の時間が限られているため日本人監督が基本方針。だが、複数の関係者によると「外国人監督のほうがいいのではないかという意見もある」と新たな動きが出てきた。

     この日の勝利でひとまず11月のベトナム戦(11日)とオマーン戦(16日、ともにアウェー)は森保監督が指揮するが、その次の試合は来年1月27日の中国戦(埼スタ)で間隔が空く。その間は代表活動こそないが、チームは新型コロナウイルス禍でオンラインの活用も進めており、外国人監督を招聘しても選手とのコミュニケーション面など十分に準備は整えられる。低迷する代表チーム再建のためには、実績ある外国人指揮官の手腕に期待する声も日本協会内部で根強い。

     そうした中で「何人か外国人の有名監督から売り込みがあるようだ」と欧州事情に詳しい代理人は指摘する。外国人監督からすでに〝逆オファー〟も寄せられているのだ。名将モウリーニョ監督の右腕として活躍し数々のビッグクラブを率いたアンドレ・ビラスボアス氏(43)や、スペイン人の名将で今月ヘタフェの監督を解任されたばかりのミチェル氏(58)は以前から日本代表監督に関心を寄せており、後任候補に挙がってきそうだ。

     ひとまず延命した森保監督。その一方で、ポスト森保に向けた動きはこれから活発化していくことになり、まだまだ予断を許さない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/00b535e9c11c95f0230e7a19073a187f52d546b4


    【【サッカー】日本代表  外国人監督の売り込み続出 】の続きを読む

    このページのトップヘ