トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:プロ野球 > 小ネタ


    新庄 剛志(しんじょう つよし、1972年1月28日 - )は、日本の野球監督、元選手(外野手、内野手・右投右打)。長崎県下県郡美津島町(現:対馬市)生まれ、福岡県福岡市南区育ち。タレント、実業家、クリエイター(商品プロデューサー、画家、YouTuberなど)、地方競馬全国協会 (NAR)
    293キロバイト (41,340 語) - 2021年11月30日 (火) 13:25




    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    まぁこれはどうなんだろうかね。
    苦手な人とかもいるからなぁ。
    慣れてない人もいるし、それは許してあげてよ

    1 ひかり ★ :2021/12/01(水) 00:56:46.40

     日本ハムのビッグボス新庄剛志監督が30日、若手のインタビューに公開ダメ出しを送った。北海道ローカルのUHB(フジテレビ系)の「ファンフェス」生中継にゲスト出演。期待の若手・野村佑希内野手のインタビューにカットインし助言を送った。

     インタビュアー「来季ビッグボスにどんなプレーを見せたいですか?」

    野村「そうですね~」

    新庄「『そうですね』いらない!」

     ビッグボスは「あのね、自分の思ったことを素直に話せばいいだけ! いいことをしゃべろうとか思っちゃダメだよ。そういうチームにしていきたいから」と強めの口調で指摘した。野村は反省を踏まえインタビューをやり直し。思わず「そうですね」と言いかけてフリーズ。代わりの言葉が思いつかず「スー」っと息を吐き続ける奇妙な一幕が生まれた。

     ビッグボスは来季高卒4年目を迎える右の長距離砲に向け「本当に期待しているから。スターになれる素質が十分あるから! 分かった?」と激励も忘れなかった。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ed0270c0b7337d6605735b43726188241bd9e611


    (出典 hochi.news)


    【【日本ハム】新庄監督「『そうですね~』はいらない!」】の続きを読む


    html 2021年10月29日閲覧。  ^ “新庄剛志氏次期監督就任決定のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ (2021年10月29日). 2021年10月29日閲覧。 ^ “日本ハム新庄監督「プロ野球変える」 就任会見、背番号1”. 日本経済新聞. (2021年11月4日)
    293キロバイト (41,343 語) - 2021年11月27日 (土) 18:57




    (出典 tk.ismcdn.jp)


    そこら辺が新庄監督と他の監督との違いであり魅力なんだろう。
    いいとおも

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/29(月) 06:20:02.60

    11/29(月) 5:15配信
    東スポWeb

    秋季キャンプから「全開」だった日本ハム・新庄新監督(東スポWeb)

     日本ハムの「ビッグボス」新庄剛志監督(49)の〝トークマジック〟にプロ野球関係者が脱帽している。

     4日の就任会見以降、プロ野球界の話題の中心となり続けているビッグボス。ド派手なファッションや言動で野球ファン以外の関心まで集め、その周囲を巻き込んでいくパワーはプロ野球の枠を完全に超えている。

     一方で、その現場からは「あれだけ普通のことをスペシャル秘話のように話す話術、表現力が素晴らしい」と新庄ビッグボスのトークに関心が集まっている。

     というのも「監督兼外野守備コーチ」を自任する新庄監督が、沖縄・国頭秋季キャンプ視察などの際に発した外野守備に関する言動に対しての世間の反応に衝撃を受けたからだ。

     このキャンプ視察中、新庄監督は若手外野陣に「低く、速く、強い」送球を徹底させるため、ワゴン車の屋根に登るなどのパフォーマンスで、それを周知徹底させた。

     また新庄監督がユーチューブ動画などで、自身の現役時代にセンターの定位置からキャッチャーのサインを見て打球を予測。「1球ごとに守備位置を変えていた」ことや「その都度、ライトやレフトの野手にも守備位置の細かな変更を指示していた」ことも語っている。

     もちろん、監督として今後、この理想の外野ユニットを構築するためのサンプルトークなのだろうが、これに他球団の現場首脳陣は「僕らにとっては当たり前のことを当たり前にやってください、というメッセージにしか聞こえない」とし、その理由をこう語った。

    「新庄監督のしゃべっていることはプロ野球なら12球団のすべてのチームがやっていることなんですよ。走者を*ために低く強い送球をすることは常識だし、センターから捕手のサインを見て守備位置を変えるのは通常、捕手のサインを知っている二遊間の2人が外野手に後ろ手にサインで教えていること。1球ごとの守備位置変更も、事前に各打者のヒット時の打球方向や打球にかかるスピンの傾向までデータが出ている。それをミーティングで指示しているし、試合中には外野守備コーチがベンチから逐一指示を出している」

     この普段あまり表に出ることのない業界内トークを新庄監督は「営業トーク」として商品化しているわけだ。

     前出首脳陣は「話し方が大げさでうまい。SNSの発達でこういう内輪の話がウケる時代だから、完璧に時流をとらえている。これからも球界の宣伝部長として期待してます」と、ビッグボスの内輪ネタの広がりに期待を寄せている。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/832e4b3b1f3df4b89b67f18ad29d178855a8bd55


    【【野球】新庄監督は「普通のことを秘話のように話す」】の続きを読む


    プロ野球プロやきゅう)とは、野球プロフェッショナルスポーツ(プロスポーツ)形態を指す言葉である。略さずに「プロフェッショナル野球」とも言う。対義語は「アマチュア野球(アマ野球)」である。英語では「professional baseball」と表記される。 日本においては、特に日本野球
    3キロバイト (490 語) - 2021年9月24日 (金) 23:10




    (出典 fnn.ismcdn.jp)


    原監督が嫌いなだけなように聞こえるなぁ。
    まぁ新庄監督には期待してるのは同じだけど。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/11/27(土) 07:41:14.68

    2021.11.27 07:00  NEWSポストセブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20211127_1710108.html?DETAIL

    (出典 www.news-postseven.com)


     今年のプロ野球は、セパともに昨年最下位のヤクルト、オリックスがペナントとCSを制し、日本シリーズでは近年まれに見る激闘を見せた。いかに監督の手腕とチーム育成が大事かを球界とファンに思い知らせる十分なインパクトがあったのではないか。両チームの躍進の裏では、巨額補強を繰り返す球界の盟主・巨人がシーズンで負け越す醜態を見せ、それでも原辰徳・監督は3年契約で続投することが決まった。

    『週刊ポスト』(11月29日発売号)では、一時、噂になった「松井秀喜・監督説」がなぜ消えたかを詳細に暴いているが、そこでも巨人の監督人事に苦言を呈した重鎮OBの広岡達朗氏は、同じ取材で球界の話題をさらう「ビッグボス」新庄剛志・日本ハム監督を絶賛していた。

     * * *

     新庄の言ってることは正しいですよ。「ピッチャーもバッターも嬉しかったら喜べ。しかし、カメラに向かってポーズを取るのはNG」「ランナーに出ても相手選手にあいさつはするな」「優勝は一切考えるな」――全く間違っていない。

     派手なパフォーマンスがいろいろ言われるが、新庄を*にしてはいけません。彼の体を見てごらんなさい。締まっていて太っていない。しっかりトレーニングを積んでいる証拠です。今の時代の監督は横着な者が多く、我々の時代のように選手と一緒に走ったりしなくなりましたが、新庄ならそれもできるでしょう。

     秋季キャンプのたった数日でも、その片鱗は見せています。自らクルマの屋根に立ってバットを差し出し、低い球筋で遠くに投げる練習をさせていたし、内外野をシャッフルしたノックを自らしていた。これらは選手の潜在能力を浮き彫りにすること、内野手には外野手の、外野手には内野手の心理を理解させることを目指した練習でしょう。その先頭に自ら立っている。

    「優勝を狙わない」というのは就任会見でも言っていましたが、それはまだ優勝を狙える戦力が揃っていないということを言いたかったのでしょう。同じように優勝できないと思っていても「狙います」と言う監督が多いなか、正直でいいじゃないですか。「ビッグボス」と呼ばせているのも彼なりの計算ですよ。今はとにかく選手を育て、その時がきたら「優勝を狙う」と宣言するタイミングを考えているのだと思います。チーム作りには順序があることがわかっているんです。

     ただし、言っていることは正しくても、それをどうやって選手に伝えていくかは見ておかないといけません。新庄が阪神に入団した頃は、イチローよりセンスが上だった。それくらい良い選手だったが、ちょっと根気が足りなかった。アメリカに行って、実績でイチローに及ばなかったのはそこだと思います。だから、監督として根気よく選手を育てることができるかどうかですね。若い選手がやる気になっているのは、この監督からは学ぶことがあると期待しているからですが、それをどうやって教えていくか。

     新庄は1年契約です。フロントが認めれば2年目も契約するだろうし、そして3年目に「いよいよ優勝を狙う」と宣言すれば大したものです。彼はデタラメに見えても*じゃない。この改革が成功すれば、原監督はじめ、これまでの監督やコーチはみんなクビですよ。

     原は3年契約だという。そして、コーチを集めたらチームが強くなると思っている。自ら先頭に立つ新庄とは正反対です。本当は、コーチを育てるのが監督なんです。監督とコーチは互いに勉強して選手を育てるものです。タレントのようなコーチを連れてきて、ダメだとなると今度は理論派と言われている者にすげ替える。そんなことをしていても強いチームは作れません。


    【【野球】広岡達朗氏がビッグボスを絶賛】の続きを読む


    クライマックスシリーズは日本プロ野球のペナントレース終了後、セントラル・リーグとパシフィックリーグのレギュラーシーズン上位3チームによって行われるトーナメント、日本シリーズの出場チームを決める試合である。 2004年から2006年の3シーズンの間、パシフィックリーグでは、リー
    91キロバイト (7,578 語) - 2021年11月27日 (土) 16:25




    (出典 number.ismcdn.jp)


    これはなぁ、どうなんだろうなぁ。
    下克上も見てみたいけど、やっぱ優勝同士がやるのがいいのかなあ

    1 Egg ★ :2021/11/27(土) 18:05:42.37

    今年の「SMBC日本シリーズ」は3年ぶりに第6戦までもつれこみ、プロ野球ファンを沸かせている中、ヤクルトからは「クライマックスシリーズ(CS)廃止論」が飛び出している。

    【写真】ほっともっとフィールド神戸に乗り込んだ高津監督

     開幕前にヤクルト・高津臣吾監督(53)は「“ヤクルト対オリックスはすごくいい日本シリーズだったね”といわれるような、野球ファンが盛り上がる対戦にしたい」と宣言。第5戦までは言葉どおり、連日僅差の白熱した試合が続いている。

     ここまでを振り返り高津監督は、「第三者としてスタンド、テレビで見ていたら、本当にいいシリーズだと思います。やっているわれわれは大変です」と苦笑。

     「やはり、負けたくないという気持ちが、向こう(オリックス)からもすごく感じるし、それ以上に僕らは持っているつもりで、グラウンドに立っているので。そのぶつかり合いだと思ってくれたら」とリーグ優勝チーム同士の意地が、熱戦を生んでいるとみている。

     セ・リーグは日本シリーズ8年連続で敗退中。ヤクルトは第2戦でセの連敗を13、パ・リーグ本拠地での連敗を20でストップするなど健闘していることが、熱戦につながっている。

     こんな状況に、ヤクルトのチーム内からは「これだけいい試合になっているのも、両リーグの優勝者がCSを無傷で勝ち上がってきたから。もうCS廃止にした方がいい」という声が飛び出している。

     ヤクルトはCSファイナルステージで巨人を3連勝で撃破。しかし、張り切っていたのは原監督だけで、ヤクルトの首脳陣は「借金1の3位のチームで、選手からは必死さが感じられなかった。あれなら、若い選手を使われた方が嫌だった」と両軍に温度差があったと明*。

     もしも2位や3位チームが日本シリーズに進出していたら、ここまでの盛り上がりになったかどうかは微妙なところ。CSは今年で15年目を迎えたが、現場からは廃止論が根強く、そろそろ真剣に検討するべきではないだろうか。 (塚沢健太郎)

    夕刊フジ 11/27(土) 16:56
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4069a813283d0f93c6db5a9167061457e98a9560


    【【プロ野球】ヤクルト「借金1の3位のチームで、選手からは必死さが感じられなかった」】の続きを読む


    新庄 剛志(しんじょう つよし、1972年1月28日 - )は、長崎県下県郡美津島町(現:対馬市)生まれ、福岡県福岡市南区育ちのプロ野球監督で元プロ野球選手(外野手、内野手・右投右打)。タレント、実業家、クリエイター(商品プロデューサー、画家、YouTuberなど)、地方競馬全国協会 (NAR)
    293キロバイト (41,343 語) - 2021年11月27日 (土) 05:54




    (出典 www.fujitv.co.jp)


    おもしろいよねえ。
    最近の中ではベストシーズンだよな。
    新庄さんも日本シリーズでみたいなあ

    1 牛丼 ★ :2021/11/26(金) 16:35:22.72

    東京ヤクルトスワローズとオリックス・バファローズが連日激戦を繰り広げている今年のプロ野球・日本シリーズ。

    日本ハムの“ビッグボス“こと新庄剛志監督が11月26日、自身のTwitterを更新し、「今年の日本シリーズこそが本当の日本シリーズ 」と絶賛した。

    新庄さんは「僕が描いてる野球は、3対4の野球 投手に0点で抑えろじゃなく、3点取られていいよ その代わり野手が4点取るから!」と思い描く試合の姿について言及。

    「今年の日本シリーズこそが本当の日本シリーズ ユニホームを着ている僕たちもファンも観ていて全てがワクワクする野球をしている 素晴らしいです。」と投稿した。

    今年の日本シリーズは、第5戦を終えてヤクルト3勝、オリックス2勝と激しく競り合っている。5戦のうち4試合が1点差となっており、新庄さんが指摘するように、まさに「取られたら取り返す」接戦が連日繰り広げられている。

    新庄さんの考えに共感した野球ファンも多かったようで、「これはすごいわかりみが深い」 「投げる、打つ、守る 全てが観れて最高のシリーズ」と反響が広がった。
    https://twitter.com/shinjo_freedom/status/1464101883216216066?s=20
    https://nordot.app/836865939822493696?c=642615283276121185
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【新庄剛志監督 日本シリーズ「まさに僕が描いてる野球、取られたら取り返す」】の続きを読む

    このページのトップヘ