トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:海外サッカー > 小ネタ


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 www.jiji.com)


    サッカーはやっぱり、力量重視なんだろうね。
    まぁ、降格するからどこも必死か。

    1 Egg ★ :2021/12/01(水) 17:45:43.70

    まず前提として強調しておきたいのは、野球界とサッカー界では業界のルールそのものがまったく異なるということです。わかりやすく言えば、サッカー界は「弱肉強食」の傾向が非常に強い。日本のトップリーグを比較すると、サッカーは全18チーム(2021年は全20チーム)の1リーグ制ですが、野球はそれぞれ6チームの2リーグ制。そしてサッカーには昇降格制度がありますが、野球に関してはそれがありません。

     サッカーの場合、降格した場合は上のカテゴリに選手を持っていかれ、スポンサーも離れてしまうという大きなリスクがあります。クラブにとって、このダメージは計り知れません。ありえない仮定ではありますが、プロ野球が「最下位のチームは社会人野球や独立リーグのチームと入れ替え」という制度になったとしたら、蜂の巣をつついたような騒ぎになりますよね(笑)。どんな形にせよ競争が激化すれば、下位に沈むことを避けるために監督選びの基準もよりシビアになるのではないか、というのが僕の考え方です。

    降格すればレジェンドにも容赦のない批判が…
     選手の獲得に関しても、野球はドラフトによって戦力の均衡を図っています。しかしサッカーは完全な自由競争なので、富めるものはますます富んでいく構造です。野球はFA権を取得するまで時間がかかりますが、サッカーにはそういったルールもないので、将来の主力として期待していた選手がごっそりと抜けてしまうこともある。シーズンの途中に三笘薫、田中碧という日本代表クラスの選手が海外移籍した今年の川崎フロンターレがある意味で典型ですね。

     そんな状況でJ1連覇を果たしたフロンターレは見事でしたが、もし監督の力量が足りないチーム、あるいはフロントの補強が手ぬるいチームであれば、確実にクラブとして失速していたと思います。主力選手の流出というのはそれくらい大きな痛手です。競争環境がそもそも厳しいサッカー界においては、集客力やキャラクターの強さの前に、まず「勝たせる力を持っているか否か」が監督の選定基準になっているのは間違いないでしょう。

     新庄さんの監督としての力量が未知数であることを前提に話をしますが、仮に日本ハムが来シーズン負け続けて最下位になったとしても、その次のシーズンも戦力を維持したまま6位から上を目指すことができます。かたやサッカーのクラブはどれだけ集客力のある監督を連れてきても、降格してしまったら同じ状況では戦えない。野球界の監督業が楽だとは決して思いませんし、あくまでも一般論ですが、負けることのリスクの大きさがサッカー界における監督選びのシビアさ、いわゆる“タレント的な監督”が生まれにくい状況につながっていると考えられます。

     野球もサッカーもプロの興行である以上、お客さんを集めるのはもちろん重要なポイントです。しかしサッカーの場合は、負けたときに持続可能性がなくなってしまう。たとえばカズさん(三浦知良)やゴンさん(中山雅史)が監督になったら、否が応でも注目は集まりますし、試合を見に行きたいと思う人はたくさんいるでしょう。短期的にはそれでいいかもしれませんが、もし降格でもしようものなら、クラブは取り返しのつかないダメージを負うことになります。また過去の例を見ればわかるように、サッカー界やクラブのレジェンドであっても、監督として結果を出せなければサポーターの手厳しい批判に晒されることは避けられません。

    全文  

    ナンバー  12/1(水) 17:11
    https://news.yahoo.co.jp/articles/671a4d14fa1cb5bc1d6af2be65e8b30c4bad60dc


    【【サッカー】<なぜサッカー界には“新庄のような監督”がいない?>】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 the-ans.jp)


    まぁ確かにスポンサーに作られたスターてのは、少し納得やなぁ。
    難しいなあ

    1 牛丼 ★ :2021/12/01(水) 21:24:14.24

     (略

     さらに、ほかのスポーツのように世界的に名の知れたアスリートがいないことも、この傾向に拍車をかけているという。

    「たとえば、野球であれば大谷翔平、テニスなら大坂なおみや錦織圭、フィギュアスケートの羽生結弦、バスケットの八村塁、ボクシングの井上尚弥といった面々のように本当の意味で世界基準といったスター選手が、サッカーでは誰もいません。これは広告価値的にも無視できないポイントです。

     サッカーの場合は、サッカー協会やメディアによって人気を“つくられた”選手で、本物と呼べる選手が今は見当たりません。一人のスーパースターの存在が認知度を高めるのがスポーツ界ではありますが、そういった劇薬もないのが現状です。久保建英にしても、協会からゴリ押しされ、ひとえにその重圧を背負っていて、見ていて気の毒な部分もあります。加えてサッカーはもともと人気スポーツだったこともあり、殿様商売で危機感も薄いという協会の体質も大きな問題でしょう」(同)

     スポーツビジネスの場に立つ人間たちにとっても、代表人気の低迷は深刻なようだ。では、どうすれば人気の回復につながるのか。現在の田嶋幸三会長、森保監督体制の刷新もひとつの手だと提言するのは、ベテランのサッカーライターだ。

    「今の協会や代表チームを一言で表すなら“無策”です。一貫性が見えない育成や強化方針、代わり映えしない選手選考。協会内も田嶋会長の独裁状態でイエスマンばかりです。さらに会長の2年間の続投が決まったことで、しばらく冬の時代が続く可能性が高いです。そんな状況に危機感を持つメディアもありますが、代表に限らずJリーグでも批判的なことを書けば“出禁”をチラつかせ、情報を制限されるのが実情です。

     ただ、一般紙を除いたサッカーメディア全般のレベルが低く、それでも厳しいこと書いてやろうという人間はほとんどいません。正直、今の体制を変えないと、状況は一層悪化するでしょう。日本サッカー界の未来を考えるなら、W出場権を逃し、会長の更迭といった荒療治が一番必要な気もしますね」
    https://biz-journal.jp/2021/11/post_265620_2.html/amp
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1638346762/


    【サッカー日本代表、人気低迷のホントの理由】の続きを読む


    れ、世界各国のジャーナリストの投票によって選出された。 Jリーグクラブである川崎フロンターレは株式会社ドールドール・フード・カンパニーの日本法人)がスポンサーであることもあり、報道関係者による月間MVP賞を「バロンDole」として表彰している。 ^ Kaka wins 2007 award BBC
    59キロバイト (1,176 語) - 2021年11月30日 (火) 11:45




    (出典 www.football-zone.net)


    うーむ、レヴァンドフスキは本当に不憫だよなぁ。
    仕方ないのかな

    1 Egg ★ :2021/11/30(火) 21:50:34.97

    専門誌『France Football』主催でその年の世界最優秀選手に贈られる、バロンドールの授賞式が現地時間11月29日にパリで開催され、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)が2年ぶりに受賞した。

    世界最高選手の称号!歴代バロンドール受賞者44人を振り返る――1986~2019

     自身が持つ史上最多記録を7に更新する偉業には、世界中から賛辞が寄せられる一方で、コロナ禍のために選出なしとなった昨年の最有力候補であり、今年も次点に終わったポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)こそ戴冠に相応しいという声も少なくない。

     自身も1990年にバロンドールを獲得した経験を持つ元ドイツ代表MF*・マテウスは、解説員を務める『Sky Sports Germany』で、昨季ブンデスリーガ新記録の41ゴールを奪ったレバンドフスキが敗れたことに疑問を呈している。

    「正直なところ、今回の投票で世の中が分からなくなったよ。メッシをはじめ、ノミネートされた他の素晴らしい選手たちに敬意を表すが、レバンドフスキほどの価値を持つ人はいないだろう。

     昨年は受賞者なしとなったなかで、2020年に彼がバイエルンで獲得した全てのタイトルを見ても、他の追随を許さない存在だし、2021年だけでも他の人よりも優れていた。ゲルト・ミュラーの世紀の大記録を更新し、今シーズンに入っても全ての大会で得点ランキングを引っ張り、国内外で誰よりもトップに立っているからね」
     
     また、英紙『Daily Mail』によれば、元ドイツ代表MFトニ・クロース(レアル・マドリー)が「絶対に相応しくない。今年は彼よりも上の選手がいたはずだ」と訴えれば、元スペイン代表GKイケル・カシージャスも、メッシが受賞するべきではなかったと、こう不満をぶちまけている。

    「サッカーの賞を信じることがますます難しくなっている。メッシは最高の選手のひとりだが、シーズン後には誰が最も優れた選手なのかを知る必要がある。それほど難しいことではない」

     なお、メッシ本人は受賞スピーチで「昨年は君が勝者だった」と1歳下の後輩を気遣い、「フランス・フットボールが賞を与えるべきだと思う」と、異例の要求を行なっている。大賞を逃したレバンドフスキの活躍は、メッシの目にも圧倒的に映っていたようだ。

    サッカーダイジェスト 11/30(火) 21:19
    https://news.yahoo.co.jp/articles/73f482846e2d5ccb635e2ce26489818aeb8ed590
      
    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=433&exp=10800


    【【サッカー】クロース「絶対に相応しくない」】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    まあ、あとはテレビ離れが深刻だからなぁ。
    かといってDAZNは入る人多くないだろうし

    1 Egg ★ :2021/11/29(月) 19:32:35.42

    サッカー日本代表の人気低下が著しい。本来であれば“ドル箱”だったワールドカップ(W杯)予選も盛り上がりに欠け、一層その気配が加速している。

    決定的だったのが、膨大に膨れ上がった放映権料の兼ね合いで民放各局がアウェー戦の放映を取りやめたことだ。テレビ朝日の関係者が語る。

    「日本代表関連は、一昔前までは人気コンテンツでしたが、今は費用対効果で考えると、あまりおいしいとはいえなくなりました。長年続いたサッカー番組『やべっちF.C. ~日本サッカー応援宣言~』の終了も含めて、上層部はサッカーに対してうまみを感じていません。一部では完全撤退の意見も出ているほどです。かかる費用に対してペイが難しいというのが、現在のサッカー日本代表のポテンシャルでしょう。特に民放での放映が限定されたことでコアファン以外の市場が減り、その影響も大きいです。森保一監督になってからは試合内容も退屈で、今後はより代表離れが進んでいくとみています」

     W杯予選ではホームのオマーン戦で敗れるなど出だしから躓き、試合内容も単調なものが多い。代表の力が落ちていることはビジネス的にも影響が大きい、と指摘するのは、大手広告代理店のスポーツ担当者だ。

    「DAZNなどのサ*ク配信が浸透し、誰でも気軽に欧州のトップレベルの試合を観る環境が整う時代になりました。そんななかで日本代表がW杯で勝ち進み上位に行く、というイメージを持っているファンは減っています。つまり、日本人の目も肥えてきたわけです。本田圭佑や香川真司がいる時代は『W杯で優勝する』といった、わかりやすい発言もあり、マスコミもそれを取り上げてきました。ただ、今はそういったマスコミ受けする発言をする選手もいません。それでも注目度が高いのが代表戦のブランド力でしたが、今の率直な価値は、ここ20年で一番低いくらいの水準まで落ちています」

    ビジネスジャーナル 2021.11.25 05:20
    https://biz-journal.jp/2021/11/post_265620.html

    写真 
    (出典 biz-journal.jp)


    【東スポ】<森保ジャパン>視聴率も大不振「以前は最終予選になれば視聴率20%、30%が当たり前だったが、今回は15、16%」 [Egg★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1637845046/


    【【サッカー】<日本代表>テレビ局も代表離れ、完全撤退も検討?】の続きを読む


    のみで、全体1位はコロンビアMFハメス・ロドリゲスで9.79点を記録した。 ^ a b c 本田圭佑オフィシャルWEBサイト - Profile 2019年5月15日閲覧 ^ a b c d e “本田 圭佑”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db
    151キロバイト (17,756 語) - 2021年11月27日 (土) 18:49




    (出典 jbpress.ismcdn.jp)


    おやおや、知らない内に契約終えてるし、ベンチ外だったのかよ。
    どうするんやろなぁ。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/28(日) 22:33:19.51

    11/28(日) 22:06配信
    東スポWeb

    本田圭佑(東スポWeb)

     リトアニア1部スドゥバの元日本代表MF本田圭佑(35)が、今季最終戦となる28日のアリートゥス戦でベンチ外となりひっそり終戦を迎えた。

     目標としていたリーグ優勝もすでに消滅しているスドゥバ。本田はこの日を含めて3試合連続でベンチ外となり、最後はプレーする雄姿を見られないままクラブとの契約は満了の時を迎える。

     本田はかねて世界各国の多くの1部リーグでゴールを記録することを今後の目標に据えており、スドゥバでは1得点をマークしてすでに目標を達成。今後は契約満了とともに新天地を模索することが確実だ。

     先日、インドネシア1部ペルシジャ・ジャカルタがクラブの公式ホームページ上で獲得に関心を寄せていることを明らかにしたが、本田は欧州や、まだプレー経験のないアフリカなど未開拓の地でのプレーを優先的に希望している。日本のかつてのエースが次なるステップとしてどのような決断をくだすのか大きな注目が集まる。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/af0ee889d21d92dbcddff1b406c0e77abc44013f


    【【サッカー】本田さん 契約最終戦でもベンチ外】の続きを読む

    このページのトップヘ