トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:NBA > ニュース


    (英語) NBA - Facebook NBA Japan - Facebook NBA (NBA) - Instagram NBA (@NBA) - Twitter NBA Japan (@NBAJPN) - Twitter NBA - YouTubeチャンネル NBA (@nba) - TikTok
    56キロバイト (6,035 語) - 2021年10月21日 (木) 00:09




    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    帰れて言われて帰っちゃうのね。
    こりゃもうさっさとトレードするしかないやろ。
    残す意味がない。

    1 風吹けば名無し :2021/10/21(木) 08:07:43.34 ID:Cdv9ziIX0.net

    球団へのトレード要求、トレーニングキャンプへの合流拒否とシーズンオフを通して悪化の一途をたどり続けたセブンティシクサーズとベン・シモンズの一件は、シモンズが現地17日にチームに合流したことで解決へと向かったかのように思えた。

    しかし、シモンズは17日から練習に参加してはいるものの、やる気のない態度や練習後のハドルには加わらない姿が見られた。19日の練習中には指揮官ドック・リバースが命じたドリルを何度も拒み、練習から追い出されたと『ESPN』が報じた。また、シモンズが練習中にチームに有害な行為をしたとして、1試合の出場停止処分を科したとシクサーズは発表した。

    https://basket-count.com/article/detail/92117


    【【悲報】ベンシモさん、もう無理やろwww】の続きを読む


    1960年代のレイカーズはエルジン・ベイラーとジェリー・ウェストを中心としたチームでNBAファイナルを6回出場を果たしたが、セルティックスに6回とも敗北し、これにより長年にわたるセルティックスとのライバル関係が始まった。1968年、レイカーズは4度のシーズ
    81キロバイト (5,126 語) - 2021年9月1日 (水) 04:27



    (出典 basketballking.jp)


    年齢がどうしても気になるよねぇ。
    果たしてフルシーズン戦える選手が何人いるかな

    3 バスケ大好き名無しさん (テテンテンテン MM4b-xjbh [133.106.39.176]) :2021/09/07(火) 13:23:11.88

    LALは50勝に到達できるか


    【NBAオフシーズンの1番の勝ち組はレイカーズ?】の続きを読む


    SARSコロナウイルス2(サーズコロナウイルスツー、英語: severe acute respiratory syndrome coronavirus 2、略称: SARS-CoV-2)は、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の原因となる、SARS関連コロナウイルス (SARSr-CoV)
    71キロバイト (7,246 語) - 2021年9月3日 (金) 13:50



    (出典 www.nba-stars.com)


    まぁ打ったことに越したことはないけど、結局は自由だからなあ。
    打ちたくないて人もいるだろうし、これはなあ

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/09/06(月) 20:50:13.61 ID:CAP_USER9.net

    9/6(月) 14:50配信 NBA Rakuten
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e0edc0f7f0d9de879d3b43eeb3c3a73b77359003

    先日、NBAは各チームに新型コロナウイルスのワクチンを接種した選手やコーチは、定期的な検査が不要になると通達した。一方で、未接種の人は練習日や移動日に必ず検査を受ける必要があり、試合当日には2度検査を受けさせるなど、これまで通り厳しく管理していくという。

    そんななか、ラジオ番組『The Mike Missanelli Show』に出演したNBAレジェンドのチャールズ・バークレーが、ワクチン未接種の選手に対する私見を述べている。

    「レストランでマスクを外して食事ができるような世界を取り戻すための努力をしないのは、自分勝手だと思う。(ワクチンに)チップが入っているとか、(政府が)俺たちを追い回したいとか、そういう陰謀論を聞いたことがある。でも、そもそも人に尾行されるのを心配するようなことをしているのかって話だよ」

    NBA選手会のミシェル・ロバーツによると、リーグの約90%の選手がワクチン接種を済ませているという。およそ40人が未接種という計算になるが、もしこのままチームに合流するとなれば、彼らは先述の通り検査を継続的に受けることとなる。

    なお、開幕を直前に控えるNFLは、全体のワクチン接種率が93%と発表している。


    【チャールズ・バークレー ワクチン未接種の選手に「自分勝手だと思う」】の続きを読む


    (英語) NBA - Facebook NBA Japan - Facebook NBA (NBA) - Instagram NBA (@NBA) - Twitter NBA Japan (@NBAJPN) - Twitter NBA - YouTubeチャンネル NBA (@nba) - TikTok
    56キロバイト (6,031 語) - 2021年8月10日 (火) 12:22



    (出典 meigen.keiziban-jp.com)


    にゃあるほどねぇ。
    まぁインサイドの選手でさえスリー打つ時代だからなぁ。
    ロッドマンみたいな選手は生きづらいよなあ

    1 シャチ ★ :2021/09/06(月) 18:58:50.81 ID:CAP_USER9.net

    9/5(日) 15:30配信 NBA Rakuten
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f33f1b3b7e949a8bdca18280d04b3f7fde7c71cc
    現代NBAはポジションレスが主流で、ハーフコートからのロング3ポイントも珍しくない。1980、90年代の古き良き時代を知る殿堂入り選手のデニス・ロッドマンは、今の傾向が好みではないようだ。

    かつては、ビル・ラッセル、カリーム・アブドゥル・ジャバー、アキーム・オラジュワン、シャキール・オニールといったビッグマン全盛時代だったが、2000年代以降はポジションレス化、スモールボール化が進み、よりオフェンシブなスタイルとなっている。

    昨季自身2度目の得点王に輝いたゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーはシュート総数の半分以上が3ポイントで、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードとともに、3ポイントラインのはるか後ろから放つロングシュートもお手の物だ。

    現役時代は“バットボーイズ”の異名を取ったデトロイト・ピストンズで2連覇、マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペンとともに“三銃士”を形成したシカゴ・ブルズで3連覇を果たしたロッドマンは、『FULL SEND PODCAST』に出演した際、「今もNBAをたくさん見ている?」との問いに「いや、あまり」と答え、その理由を説明した。

    「俺たちの時代はインテンシティーや競争力を前面に押し出して、バチバチと強烈にプレイしていたから、今のバスケットボールを観るのはキツいね。俺は50フィート(約15.24m)のシュートを決める選手たちを観たくない。あれはバスケットボールじゃない。観るのはキツイけど、多くの子どもたちはそれが好きなんだ」

    時代背景の違いもあり、一概に良し悪しは語れないが、パッションとハードワークを身上としていたロッドマンの目には、現代のスタイルはソフトに映っているようだ。


    【ロッドマン、現代バスケに物申す!?】の続きを読む


    2019年に発生した新型コロナウイルス感染症(しんがたコロナウイルスかんせんしょう、国際正式名称: COVID-19)は、SARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2) がヒトに感染することによって発症する気道感染症(ウイルス性の広義の感冒の一種)である。
    99キロバイト (11,224 語) - 2021年8月21日 (土) 05:46



    (出典 img-cdn.jg.jugem.jp)


    まあ、なんだか日本らしい対応だな。
    けどこれ、優勝者なしの方がしっくりくるんだよなぁ。
    ひねくれてるのかなわら

    1 記憶たどり。 ★ :2021/08/21(土) 13:31:35.11

    https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/202108/0014610198.shtml

    全国中学校体育大会第5日は21日、群馬県高崎市の高崎アリーナなどであり、
    バスケットボール男子は、本山南(神戸市東灘区)など準決勝に進出した全4校が棄権したため、
    大会規定で異例の4校同時優勝となった。本山南は初優勝。兵庫勢の優勝は1974年の
    衣川(明石市)以来47年ぶり2度目となる。

    大会本部によると、準々決勝敗退チーム関係者に発熱症状が出たのに伴い、
    準決勝進出校のうちの2校が「対戦チームの選手などに、新型コロナウイルス感染症が疑われる
    症状がある場合は大会参加を認めないことがある」とするガイドラインに抵触したため、棄権となった。
    これに伴い、残る2校も状況を鑑みて自ら棄権を申し入れた。

    男子準決勝は、開始予定の午前9時半を過ぎても4チームの選手がコートに現れず、
    午前10時過ぎに「最終日の男子4校に関しまして大会辞退の申し出を受けました。
    日本中学校体育連盟の規定に則して、最終日に残られた4校の優勝をお伝えします」
    と場内アナウンスが流れた。


    【中学バスケ 4校同時優勝てwww】の続きを読む

    このページのトップヘ