トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:海外サッカー > ニュース


    サッカーにおけるオフサイド(offside)は、攻撃側のポジションに関する反則、およびそれを定めたルールである。サッカー競技規則の第11条「オフサイド」によって規定されている。 オフサイドが成立する前提として、攻撃側選手がオフサイドポジションにいることが求められる。 オフサイドポジションとは以下の条件を全て満たした位置のことを指す。
    16キロバイト (2,588 語) - 2021年11月4日 (木) 14:56




    (出典 www.football-zone.net)


    左様でございますか。
    まぁこれで微妙な判定にも文句言わなくなるだろうからええのか

    1 Egg ★ :2021/11/30(火) 21:23:21.59

    国際サッカー連盟(FIFA)が、オフサイド判定においてAI(人工知能)を駆使する新テクノロジーの導入を発表した。

     今回適用されるのは〝半自動オフサイド判定システム〟と呼ばれ、各選手の手と足にセンサーが取り付けられて毎秒50回、最大29個のデータポイントから情報を収集。リアルタイムで選手がオフサイドにあたるかどうかを判定することになる。スタジアムには10~12個のカメラが新たに設置され、AIを駆使したシステムとなった。

     こうした最先端のテクノロジーからの情報をもとに、最終的にはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に警告が送られて判断する。

     このAIオフサイド判定システムは、30日にカタールで開幕するアラブカップから試験運用されることが決定。来年のカタールW杯のテスト大会に位置づけられており、問題がなければW杯本大会でも採用される見通しだ。

     サッカー界で〝AI審判〟の時代がいよいよ到来して注目が集まる。

    東スポ 11/30(火) 17:38
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d13d90f42bf5dc28a5ccdeae9d40b291f1df6088

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=487&h=640&exp=10800


    【【サッカー】オフサイド判定でついに〝AI審判〟を導入】の続きを読む


    れ、世界各国のジャーナリストの投票によって選出された。 Jリーグクラブである川崎フロンターレは株式会社ドールドール・フード・カンパニーの日本法人)がスポンサーであることもあり、報道関係者による月間MVP賞を「バロンDole」として表彰している。 ^ Kaka wins 2007 award BBC
    59キロバイト (1,176 語) - 2021年11月30日 (火) 06:54




    (出典 cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com)


    レヴァンドフスキがなぁ。
    不憫でしか無い。
    まぁ仕方ないのかね。

    1 Egg ★ :2021/11/30(火) 11:33:01.54

    フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は29日、2021年のバロンドールを発表。パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが最多記録を更新する7度目の受賞を果たした。

     34歳のメッシは、2021年開催のコパ・アメリカをアルゼンチン代表として制し、A代表としては自身初のビッグタイトルを獲得。大会MVP、得点王、アシスト王に輝いた。またバルセロナ在籍時の2020-21シーズン、チームは3位だったが、30得点を挙げて得点王に輝いている。

     バロンドール受賞は2019年以来となり、2020年は新型コロナウイルスの影響により、選出自体が中止だったため、自身としては2回連続の受賞となり、単独最多受賞記録を更新する7度目の栄誉に輝いた。

     全世界の記者投票で選出されるバロンドール。今年度はチェルシーでチャンピオンズリーグを制し、イタリア代表でユーロを制したMFジョルジーニョや、昨年に実施されていれば最右翼と目され、ゲルト・ミュラーを越えるブンデスリーガ新記録となるシーズン41得点を挙げ、バイエルンの9連覇に貢献したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキなどが有力候補として、メッシ以外に挙げられていた。

     “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年にはFIFAとのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”と改めた。しかし、契約満了に伴い2016年から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活。昨年は新型コロナウイルスの影響により、「リストに『新型コロナウイルスの影響により例外的な状況で獲得したトロフィー』といった消えない注意書きを入れたくなかったから」として、初の受賞者なしとなっていた。

    【2021年バロンドール順位】(カッコ内、国籍/現所属クラブ)
    1位 リオネル・メッシ(アルゼンチン/パリ・サンジェルマン)
    2位 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
    3位 ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー)

    4位 カリム・ベンゼマ(フランス/レアル・マドリード)
    5位 エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー)
    6位 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンチェスター・U)
    7位 モハメド・サラー(エジプト/リヴァプール)
    8位 ケヴィン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・C)
    9位 キリアン・エンバペ(フランス/パリ・サンジェルマン)
    10位 ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/パリ・サンジェルマン)

    11位 アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント)
    12位 ロメル・ルカク(ベルギー/チェルシー)
    13位 ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア/ユヴェントス)
    14位 レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユヴェントス)
    15位 ラヒーム・スターリング(イングランド/マンチェスター・C)
    16位 ネイマール(ブラジル/パリ・サンジェルマン)
    17位 ルイス・スアレス(ウルグアイ/アトレティコ・マドリード)
    18位 シモン・ケアー(デンマーク/ミラン)
    19位 メイソン・マウント(イングランド/チェルシー)
    20位 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・C)

    21位 ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル/マンチェスター・U)
    21位 ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン/インテル)
    23位 ハリー・ケイン(イングランド/トッテナム)
    24位 ペドリ(スペイン/バルセロナ)
    25位 フィル・フォーデン(イングランド/マンチェスター・C)
    26位 ニコロ・バレッラ(イタリア/インテル)
    26位 ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・C)
    26位 ジェラール・モレーノ(スペイン/ビジャレアル)
    29位 ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)
    29位 セサル・アスピリクエタ(スペイン/チェルシー)

    サッカーキング 11/30(火) 5:56
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7fbb58b4283edd5742cf9f36297a3a2d253cf9cd

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800

    1 Egg ★ 2021/11/30(火) 06:11:53.70
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1638220313/


    【【サッカー】結局バロンドールはメッシだったわけだが】の続きを読む


    れ、世界各国のジャーナリストの投票によって選出された。 Jリーグクラブである川崎フロンターレは株式会社ドールドール・フード・カンパニーの日本法人)がスポンサーであることもあり、報道関係者による月間MVP賞を「バロンDole」として表彰している。 ^ Kaka wins 2007 award BBC
    58キロバイト (1,176 語) - 2021年11月30日 (火) 01:22




    (出典 img-footballchannel.com)


    まぁコパ獲ったからなのか。
    ジョルジーニョとカンテももっと評価されて欲しいなぁ。

    1 Egg ★ :2021/11/30(火) 06:11:53.70

    フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は29日、2021年のバロンドールを発表。パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが最多記録を更新する7度目の受賞を果たした。

     34歳のメッシは、2021年開催のコパ・アメリカをアルゼンチン代表として制し、A代表としては自身初のビッグタイトルを獲得。大会MVP、得点王、アシスト王に輝いた。またバルセロナ在籍時の2020-21シーズン、チームは3位だったが、30得点を挙げて得点王に輝いている。

     バロンドール受賞は2019年以来となり、2020年は新型コロナウイルスの影響により、選出自体が中止だったため、自身としては2回連続の受賞となり、単独最多受賞記録を更新する7度目の栄誉に輝いた。

     全世界の記者投票で選出されるバロンドール。今年度はチェルシーでチャンピオンズリーグを制し、イタリア代表でユーロを制したMFジョルジーニョや、昨年に実施されていれば最右翼と目され、ゲルト・ミュラーを越えるブンデスリーガ新記録となるシーズン41得点を挙げ、バイエルンの9連覇に貢献したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキなどが有力候補として、メッシ以外に挙げられていた。

     “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年にはFIFAとのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”と改めた。しかし、契約満了に伴い2016年から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活。昨年は新型コロナウイルスの影響により、「リストに『新型コロナウイルスの影響により例外的な状況で獲得したトロフィー』といった消えない注意書きを入れたくなかったから」として、初の受賞者なしとなっていた。

    【2021年バロンドール順位】(カッコ内、国籍/現所属クラブ)
    1位 リオネル・メッシ(アルゼンチン/パリ・サンジェルマン)
    2位 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
    3位 ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー)

    4位 カリム・ベンゼマ(フランス/レアル・マドリード)
    5位 エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー)
    6位 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンチェスター・U)
    7位 モハメド・サラー(エジプト/リヴァプール)
    8位 ケヴィン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・C)
    9位 キリアン・エンバペ(フランス/パリ・サンジェルマン)
    10位 ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/パリ・サンジェルマン)

    11位 アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント)
    12位 ロメル・ルカク(ベルギー/チェルシー)
    13位 ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア/ユヴェントス)
    14位 レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユヴェントス)
    15位 ラヒーム・スターリング(イングランド/マンチェスター・C)
    16位 ネイマール(ブラジル/パリ・サンジェルマン)
    17位 ルイス・スアレス(ウルグアイ/アトレティコ・マドリード)
    18位 シモン・ケアー(デンマーク/ミラン)
    19位 メイソン・マウント(イングランド/チェルシー)
    20位 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・C)

    21位 ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル/マンチェスター・U)
    21位 ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン/インテル)
    23位 ハリー・ケイン(イングランド/トッテナム)
    24位 ペドリ(スペイン/バルセロナ)
    25位 フィル・フォーデン(イングランド/マンチェスター・C)
    26位 ニコロ・バレッラ(イタリア/インテル)
    26位 ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・C)
    26位 ジェラール・モレーノ(スペイン/ビジャレアル)
    29位 ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)
    29位 セサル・アスピリクエタ(スペイン/チェルシー)

    サッカーキング 11/30(火) 5:56
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7fbb58b4283edd5742cf9f36297a3a2d253cf9cd

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800


    【【サッカー】<メッシ>7度目のバロンドール】の続きを読む


    岡ちゃんに新ノルマ“W16強” ^ 2018年、22年Wの各大陸出場枠が決定…アジアは「4.5」を維持 サッカーキング、2015年5月31日 ^ a b 「サッカーWの隔年開催案、FIFA総会で議論へ」『AFP通信』、2021年5月21日。2021年9月21日閲覧。 ^ “ベンゲル氏が2年ごとのW実施を主張
    77キロバイト (8,143 語) - 2021年10月19日 (火) 07:45




    (出典 cdn.mainichi.jp)


    ウルグアイきたら無理ゲーだな。
    来そうだなぁ。
    これは2位以内にならんと

    1 久太郎 ★ :2021/11/27(土) 01:56:38.63

    22年W杯カタール大会出場をかけた大陸間プレーオフの組み合わせ抽選が26日(日本時間27日)、スイス・チューリヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部で行われた。

    来年6月に行われる大陸間プレーオフにはアジア、オセアニア、北中米カリブ海、南米の各連盟から1チームずつが参加。抽選で決まった相手と中立地で1試合を戦い、それぞれの試合で勝った2チームがW杯へ出場する。

    アジアからは、W杯アジア最終予選A組3位とB組3位がまず対戦し、勝者が大陸間プレーオフへ進む。大陸間プレーオフの組み合わせは次の通り。

    日本はアジア最終予選でB組2位以内に入らないと、大陸間プレーオフへ進んだ場合でも南米代表と戦わなければならなくなる。

    ●アジア代表-南米代表

    ●北中米カリブ海-オセアニア代表

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a7ff58988b172ee0cce56547fec45aa56f93bef1


    【【サッカー】プレーオフ アジア勢は南米代表と対戦】の続きを読む


    岡ちゃんに新ノルマ“W16強” ^ 2018年、22年Wの各大陸出場枠が決定…アジアは「4.5」を維持 サッカーキング、2015年5月31日 ^ a b 「サッカーWの隔年開催案、FIFA総会で議論へ」『AFP通信』、2021年5月21日。2021年9月21日閲覧。 ^ “ベンゲル氏が2年ごとのW実施を主張
    77キロバイト (8,143 語) - 2021年10月19日 (火) 07:45




    (出典 www.soccer-king.jp)


    これは避けたかった組み合わせだよなぁ。
    マジかぁ。
    ロナウドも見たいし、イタリアも見たいんだよなぁ。

    1 久太郎 ★ :2021/11/27(土) 01:58:49.04

    22年ワールドカップ(W杯)カタール大会出場をかけた欧州予選プレーオフの組み合わせ抽選が26日(日本時間27日)、スイス・チューリヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部で行われた。

    プレーオフには欧州予選各組2位の10カ国、欧州ネーションズリーグ上位2カ国の計12カ国が参加。12チームが3組に分けられ、それぞれの組で準決勝、決勝を行い、勝ち抜いた3チームがW杯に出場する。開催は来年3月。

    各組の準決勝の対戦は次の通り(ホーム-アウェー)。クリスティアノ・ロナウド擁するポルトガルと今夏の欧州選手権覇者イタリアが同じC組に入ったため、少なくともどちらかがW杯出場を逃すことになる。

    ▽A組=スコットランド-ウクライナ、ウェールズ-オーストリア

    ▽B組=ロシア-ポーランド、スウェーデン-チェコ

    ▽C組=イタリア-北マケドニア、ポルトガル-トルコ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f954a373fcaef10ffd254fa8119e6713cb57c100


    【【サッカー】W杯 ポルトガルかイタリアが消える模様】の続きを読む

    このページのトップヘ