トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:プロ野球 > セ・リーグ


    読売ジャイアンツ (読売巨人からのリダイレクト)
    読売ジャイアンツ 読売ジャイアンツ(よみうりジャイアンツ、Yomiuri Giants、読売巨人軍、よみうりきょじんぐん)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。略称は「ジャイアンツ」「巨人」。NPB 傘下の球団としては最古の球団(日本で最初に設立されたプロ野球球団は日本運動協会であ
    261キロバイト (40,511 語) - 2021年12月1日 (水) 22:31




    (出典 number.ismcdn.jp)


    序列的には岡本とかになるのだろうけど、岡本さんはそんなタイプでもなさそうやけどなぁ。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/02(木) 06:56:37.76

    12/2(木) 5:15配信
    東スポWeb

    〝ポスト坂本〟は育っていなかった(東スポWeb)

     真の〝坂本2世〟を求めて…。巨人の原辰徳監督(63)が、来季の主将として坂本勇人内野手(32)の続投を決めたことを明かした。来季で主将就任8年目となる坂本は、早くも今月で33歳。不動の遊撃手として長きにわたってチームを引っ張ってきたが、裏を返せば〝ポスト坂本〟が育っていないことも事実だ。球界内からはその理由として、意外な見方をする声も出ている。果たしてその内容とは――。

     来季も頼れる男がチームをけん引する。原監督によると、ジャイアンツ球場での秋季練習中、坂本に「(来季も主将を)どうだ?」と尋ねたところ、本人は「もう1年やります」と応じたという。誰もが納得の任命ではあるが、今回、指揮官があえて続投の可否の意思を確認したのは「少し楽な状態で野球をやらせるのもいいかな、というのもあった」という。それでも、即答で快諾した坂本のその決意には「たいしたもの」と脱帽した。

     主将としてナインを引っ張るだけでなく、不動の遊撃手としても長年、チームをけん引してきた。守備負担の大きい遊撃を守り続けているだけに、今月で33歳となる坂本には今後はコンバートも一つの選択肢となってくるが、指揮官は「そこは望むところだと思うよ。駄目だと思ったらその時に本人が(申告するはず)。僕自身もそれが正しいと思えば、話すこともあるだろうし」と、本人の意思を尊重することを明かした。

     問題は、坂本の存在を脅*後任候補が育っていないことにもある。これまでも〝坂本2世〟と評され、遊撃のレギュラー奪取を期待された選手は数多くいたものの、定着には至っていない。

     その一因として、球界内からはこんな見方をする声も出ている。「恐らく『坂本勇人』という名前に若手が委縮してしまってるんだと思います」とはある球界関係者。そのワケとして「周囲から『坂本を超えろ!』と期待をかけられても、その壁はあまりにも大きすぎます。そもそも球界全体で見ても坂本選手を超える遊撃手なんていまだに出てきていないじゃないですか。そんな簡単に超えられる存在ではないわけですから、割り切って考えたほうがいいと思いますね」と指摘した。

     とは言え、世代交代は避けては通れない。球団内からは「そもそも、最初から『坂本さんは超えられない』とあきらめてしまってはいないか。現実問題として実際に超えるまでは難しくても、食らいついていく気持ちは持ち続けなければいけない」と、若手への発奮を促す声も聞こえた。

     右打者としては史上最年少での2000本安打を達成するなど、その壁はあまりにも偉大過ぎる――。果たして、この高いハードルに立ち向かう後輩は出てくるのか。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/90250e11bb5cf92a49ecd032cc27fc497070a57b


    【【野球】巨人キャプテン坂本の後継者は、、、】の続きを読む


    阪急阪神東宝グループ > 阪急阪神ホールディングス > 阪神電気鉄道 > 阪神タイガース 阪神タイガース(はんしんタイガース、英: Hanshin Tigers)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。本拠地は兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場。兵庫県をフランチャイズとする。日本に現存
    225キロバイト (34,188 語) - 2021年11月24日 (水) 14:45




    (出典 www.nikkansports.com)


    スアレスの後釜見つからなかったらそうなるのかなぁ。
    ええと思うよ。
    プレッシャーあれど1イニングならもつやろ

    1 jinjin ★ :2021/12/01(水) 20:32:25.17

    【中西清起】阪神スアレス代役の資質持つ藤浪
    外国人補強不調なら一考余地


    来季4年目を迎える矢野阪神が、17年ぶりリーグ制覇に必要なものは何か? 日刊スポーツ評論家陣が提言する「背水矢野虎 来季Vへの具体的方法論」。
    第5回は阪神元投手コーチの中西清起氏(59)で、退団が決まった守護神ロベルト・スアレス投手(30)の代役候補など来季投手編成のポイントを語った。


    今オフの最大のポイントは、スアレスの去就だった。
    流出となれば、来季Bクラス転落もありうると考えていた。それほどの問題で、退団により、大幅な戦力ダウンとなった。


    代役は誰かといえば、現有戦力ではいない。
    球団が補強に動くのは当然で、155キロを超すパワーピッチャーの獲得が穴を埋めるための絶対条件になる。

    岩崎を回せばいい、という考えもあるが、そう簡単な話ではない。
    打線に1番から9番まで役割があるように、投手にも先発、中継ぎ、抑えに敗戦処理とポジションがある。

    単純に移せばいいというわけではない。特に守護神は重圧がかかり、メンタルの強さが求められる。
    岩崎が9回にいけば、7、8回の起用も再考を迫られる。アルカンタラはスピード面で物足りない。


    次のポイントは、守護神問題とリンクするが、7回の人選だ。
    今季は及川が奮闘したが、来季は先発に回る。

    私も最初はそうしたほうがいいと思う。ただし、岩貞の状態次第だろう。
    ここがしっかりしてこないと、オープン戦あたりで及川を再び中継ぎで起用することも考えなければならない。
    もしくはドラフトで獲得した鈴木、桐敷がリリーフで使えるか。リハビリ組の島本が候補になる。

    先発に関していえば、青柳、秋山、伊藤将、ガンケルが結果を残しただけに、西勇の復調、左肘を手術した高橋がどれだけ働けるかが鍵を握る。
    今季、投手陣はよくがんばった。それだけに、スアレスの代役、7回の人選、遥人の状態というのがV奪回のポイントになる。


    例年、話題に挙がる藤浪について話したい。

    今年もチャンスを与えられながら、結果を出せなかった。
    これで3年連続で3勝以下だ。首脳陣も計算には、いれられないだろう。

    春季キャンプの2軍スタートもあり得る立場だ。見放すこともないが、本人がやるしかない。
    これは条件付きではあるが、守護神の外国人補強がうまくいかなければ、思い切って藤浪に抑えの準備をさせるのも手だ。

    先頭打者を四球で歩かせた時のリスクなど、もちろん不安要素は多い。
    それでもスピードを含めた球威を考えれば、資質はあるし、化ける可能性はある。

    大きな賭けになるが、適任がいなければ、一考の余地はある。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/c25b8ac06ec884632a5c3c062441207e1b6d856a


    【【プロ野球】阪神『抑えに藤浪』?】の続きを読む


    阪急阪神東宝グループ > 阪急阪神ホールディングス > 阪神電気鉄道 > 阪神タイガース 阪神タイガース(はんしんタイガース、英: Hanshin Tigers)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。本拠地は兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場。兵庫県をフランチャイズとする。日本に現存
    225キロバイト (34,188 語) - 2021年11月24日 (水) 14:45




    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    止める気はなさそうだよなぁ。
    かといって巨人もなぁ。
    炭谷さんみたいな扱いになりそ

    1 ひかり ★ :2021/11/26(金) 23:17:50.83

     矢野監督が26日、サンテレビ「熱血!タイガース党」に生出演。今季の戦いを振り返り、FA権行使を熟考中の梅野についても言及した。

     「僕が監督になってから一番キャッチャーで出てますし、もちろん来年も一番レギュラーに近いのには変わりない」と明言。その一方で「僕も経験があるんですけど、FAって周りの評価を聞きたいとか、自分がどういうふうに思われているんかとかを思うのは自然なこと。今、リュウ自身が考えて、どういう決断するのかっていうのをこっちも待っている段階としか言えない」と本人の意思を尊重する考えを改めて明かした。

     また佐藤輝について「面白かったですね。キャンプでスゲえなあって思って、交流戦まで活躍してどこまで行くんやろなって思ったら、下がりだしてまたどこまで行くんかなって」と笑わせながら、起用法については「正直悩みました」と明かした。

     今季のMVPには「心情的には岩崎かな」と名前を挙げ、「トレーナールームで肩に超音波治療とかをやっているのを見ると胸が痛い。スグルありがとうなって、そういう思いにもなりますよね」と苦笑い。

     さらにドラフト1位の森木について「エースになれるようなスケールの大きさを持ったピッチャー。そんなに長い時間がかからずに出てくる可能性も持っている」と高評価しつつも、「やっぱりピッチャーなんで、ある程度は段階を踏んで将来エースになるための準備期間は必要」と来春の1軍キャンプ抜てきについては否定。「前川はもしかしたらっていうふうに思う気持ちはあります」と同じ高卒でも、智弁学園出身の強打者でドラフト4位・前川の抜てきを示唆していた。

    デイリー

    https://news.yahoo.co.jp/articles/207ac1eaeac6ed425261354d3909e6b103f83005


    【【野球】阪神・矢野監督 梅野の決断を「待っている段階としか」】の続きを読む


    ヤクルト」「スワローズ」という単語が現れないが、「東京音頭」「神宮」「神宮外苑」という単語が出現し、また「とびだせヤクルトスワローズ」の冒頭の一節が使われている。 東京ヤクルトスワローズ時代 We Are The Swallows - 2009年 ヤクルト球団創設40周年を記念し(ヤクルト
    230キロバイト (34,914 語) - 2021年11月25日 (木) 17:25




    (出典 baseballking.jp)


    マクガフさんがなぁ。
    奥川くん初の大舞台でも堂々と投げてるから心配はないだろうけと

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/27(土) 05:58:40.47

    11/27(土) 5:15配信
    東スポWeb

    ほっともっとフィールド神戸での登板経験も豊富なオリックス・山本(東スポWeb)

     日本シリーズは27日に舞台をほっともっとフィールド神戸に移して第6戦が行われ、対戦成績を3勝2敗として日本一まであと1勝のヤクルトとオリックスが対戦する。ヤクルトがこのまま押し切るのか、それともオリックスが〝無双エース〟山本でタイに持ち込むのか。両球団のOBで本紙評論家の伊勢孝夫氏の見立ては――。

    【新IDアナライザー】オリックスは星勘定以上に有利な流れに持ち込めたとみている。確かに2勝3敗としたとはいえ、ヤクルトに王手をかけられた状況に変わりはない。それでも第6、7戦は〝準本拠地〟のほっともっと神戸で戦うことができる。今年のレギュラーシーズンは6試合しか行われなかったものの、同球場でのプレーが昨年7月以来となるヤクルトに比べれば、地の利を生かしたアドバンテージとなるのは明らかだ。

     しかも、この球場は山間部に位置していることから11月末のナイターとなると吹き下ろしの寒風が強くなり、グラウンドでの体感温度は5度前後にまで下がる。「寒さ」に関しては両軍ともに同じだが、オリックスにとっては勝手知ったるホームだけに、対策面も熟知していることだろう。人工芝での戦いから、内野が土のクレイ舗装および天然芝で形成されているグラウンドに変わることも勝負の分かれ目となりそうだ。

     オリックスの中嶋監督は早々と第6戦にエース・山本を先発マウンドへ投入すると宣言している。一方でヤクルトの先発は高橋ではないかと予想しているが、仮に奥川、高梨であったとしても山本に分がある。ほっともっとの〝極寒マウンド〟での投球は風が強いこともあり、乾燥してすぐに指先が乾く。コントロールに苦慮することは間違いないが、そうなるとやはり経験値の高い山本に一日の長があると言わざるを得ない。

     オリックスが第7戦に持ち込めば、先発するであろう宮城もほっともっとのマウンドを今季直近(9月7日)で経験済み。もろもろの対応策は十分に体感できている。

     対するヤクルトは、あと1勝としている事実をどれだけ冷静に受け止められるかだ。前のめりになり過ぎれば、それこそ相手の思うつぼである。だが、この日本シリーズで2度も救援失敗した守護神・マクガフの起用法は高津監督にとって悩みどころだろう。私なら怖くて9回は使えない。清水を最後に持ってくることも考えられるが、代わって終盤のセットアッパーを誰に託すかが悩みどころだ。高津監督と伊藤投手コーチの起用法に注目したい。(本紙評論家)


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/59a3b6fd5c54bdb22fe985574215c9b2fb843671


    【【野球】ヤクルト第6戦先発が奥川でもオリックス有利?】の続きを読む


    読売ジャイアンツ (読売巨人からのリダイレクト)
    読売ジャイアンツ 読売ジャイアンツ(よみうりジャイアンツ、Yomiuri Giants、読売巨人軍、よみうりきょじんぐん)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。略称は「ジャイアンツ」「巨人」。NPB 傘下の球団としては最古の球団(日本で最初に設立されたプロ野球球団は日本運動協会であ
    261キロバイト (40,509 語) - 2021年11月12日 (金) 23:50




    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    最後の打者が中田さんてのがね。
    これで来季どうするのか見ものだけど、また補強するんやろなぁ。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/13(土) 13:28:05.02

    11/13(土) 7:15配信
    NEWSポストセブン

    右から元木大介ヘッドコーチ、原辰徳監督、吉村禎章作戦コーチ(時事通信フォト)

     力み過ぎた中田翔がワンバンドのボール球を空振りし、ゲームセット。シーズン終盤の失速を象徴するようなシーンで、2021年の巨人は終幕を迎えた。セ・リーグのクライマックスシリーズ(以下、CS)のファイナルステージはヤクルトが王手をかけた第3戦で2対2の引き分けに持ち込み、日本シリーズ進出を決めた。

     ヤクルトは1点リードされた7回裏に青木宣親のレフト前2点タイムリーで逆転。8回に同点に追い付かれるも、9回は抑えのマクガフが簡単に2アウトを取り、最後は代打・中田を三振で締めた。巨人はCSファーストステージで阪神に連勝し、勢いに乗るかと思われたが、本塁打、打点の2冠に輝いた4番・岡本和真を欠く打線はヤクルト相手に3試合で2点しか取れなかった。

     原辰徳監督の采配にも疑問の声が上がっている。ファイナル2戦目の6回裏2死二、三塁の場面で8番の西浦直亨を歩かせて代打・川端慎吾と勝負させた。中4日で先発した菅野智之はこの回、すでに100球を超えていた。原監督は0点に抑えられていた高橋奎二を交代させるため、敢えて満塁にした旨を語っているが、結果的には川端が押し出しの四球、1番・塩見泰隆が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、5対0と勝負は決した。プロ野球担当記者が話す。

    「菅野をはじめチーム全体が、原監督の采配を全面的に信頼していたとは言い難いでしょう。特に、ボール1つの出し入れで勝負する投手にとって、微妙な心理状態の変化は結果に直結します。原監督がマウンドを去った後、菅野と坂本(勇人)がなぜか笑みを浮かべているように見えましたが、どんな心境だったのか。ただ、この作戦も、監督と選手の間に信頼関係のあった3か月前だったら成功したかもしれません。シーズン終盤、両者の信頼関係が急速に揺らいでいったようにも見えましたね」(以下同)

     阪神、巨人、ヤクルトの三つ巴となった今年のセ・リーグ。監督、選手の経験値の高さから巨人が抜け出すと予想する評論家も少なくなかった。しかし、巨人は9月、10月と失速して10連敗も喫した。

    全文はソース元で

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6a481a7b69256c1a2fa1afef31c6c0e6a3f946d7


    【【野球】終戦の原巨人 疑問采配は「イエスマン内閣」の弊害?】の続きを読む

    このページのトップヘ