トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:プロ野球 > セ・リーグ


    日本プロ野球のオールスターゲームは、日本野球機構が主催する、セントラル・リーグとパシフィック・リーグの各選抜チームによる対抗試合である。毎年7月に行われ、監督推薦やプロ野球ファンによる投票などで選抜された選手が出場する。現在の正式な大会名は「マイナビオールスターゲーム」となっており、通称はオールスターまたは球宴(きゅうえん)である。
    126キロバイト (8,566 語) - 2021年6月14日 (月) 01:20



    (出典 full-count.jp)


    すごいなぁ、ここまで強くなったのは驚いたわぁ。このままリーグ優勝しそうだな

    65 風吹けば名無し :2021/06/14(月) 16:47:56.44 ID:qYUdigtp0.net

    >>55
    結果残してる選手はどっちみち監督推薦とかで選ばれるしそんなこと考えててもキリない


    【阪神 オールスターのほとんどの部門で選ばれそう】の続きを読む


    阪急阪神東宝グループ > 阪急阪神ホールディングス > 阪神電気鉄道 > 阪神タイガース 阪神タイガース(はんしんタイガース、英: Hanshin Tigers)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。本拠地は兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場。日本に現存するプロ野球12球団の中では読
    222キロバイト (33,620 語) - 2021年6月14日 (月) 10:33



    (出典 i.daily.jp)


    村上さんはまあ当確やろうなあ、大山さんはちょっと難しいやろな。
    先発は森下さんが強いなぁ、すげえの

    1 風吹けば名無し :2021/06/14(月) 16:33:31.47 ID:Qc44wA3Hd.net

    先発→森下当確、2位に青柳が躍進
    中継ぎ→岩崎猛追でほぼ僅差の2位
    抑え→スアレス濃厚
    一塁→マルテ当確
    二塁→山田当確
    三塁→村上有力、大山が猛追
    遊撃→中野濃厚
    外野→佐藤当確、近本濃厚、サンズ有力


    【阪神さん、全部門で選出ありそう】の続きを読む


    山口 (やまぐち しゅん、1987年7月11日 - )は、大分県中津市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 レギュラーシーズンにおける平成最後のノーヒットノーランを達成している。 父は大相撲の元幕内力士・谷嵐久。 柳ヶ浦高等学校1年時の2003年に第85回全国高等学校野球選
    59キロバイト (7,796 語) - 2021年6月11日 (金) 09:05



    (出典 www.nikkansports.com)


    あら帰ってきたのねぇを
    まぁおかえりと言いたいけど、残念だということしか出てこないなぁ

    1 ひかり ★ :2021/06/11(金) 15:25:03.16 ID:CAP_USER9.net

     米大リーグのサンフランシスコ・ジャイアンツを退団し、巨人に復帰した山口俊投手(33)が11日、リモートで入団会見に臨んだ。2年契約で、今季年俸は3000万円プラス出来高、来季は変動するという。

     10日に髪の色を黒に戻し、さっぱりとした姿で決意をにじませた。「またジャイアンツと契約をさせていただいたので、しっかりとチームに貢献していきたい。結果しかないと思っています」と意気込みを示した。

     背番号は「99」に決まった。本人は「特に意味はないです」と話したが、大塚球団副代表は「最初は28番を提示した。28で決まるかなと思っていましたが、自分で空き番号を調べたと思う。もう一回出直して、気持ちを新たにというのは感じました」と説明した。

     現在は隔離期間中で、1軍のマウンドに上がるタイミングは首脳陣らと相談しながら探っていく。原監督からは先発として期待されており、右腕は「肩肘は万全。先発ではローテーション、リリーフでは登板数をしっかり投げたい」と力を込めた。

     山口は2016年オフにFAでDeNAから巨人へ移籍し、19年まで在籍。同年オフにポスティングシステムを利用してブルージェイズに移籍した。今年2月に戦力外となりジャイアンツとマイナー契約を結んだが、一度もメジャーへ昇格することはなかった。

    デイリー

    https://news.yahoo.co.jp/articles/75f10e8a4662abf0ee3974d16eb155bd6efd55a9


    【帰ってきた山口俊「結果しかない」】の続きを読む


    阪急阪神東宝グループ > 阪急阪神ホールディングス > 阪神電気鉄道 > 阪神タイガース 阪神タイガース(はんしんタイガース、英: Hanshin Tigers)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。本拠地は兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場。日本に現存するプロ野球12球団の中では読
    221キロバイト (33,419 語) - 2021年6月8日 (火) 04:08



    (出典 full-count.jp)


    佐藤さんもすごいけど、栗林さんも無失点記録を継続しているなぁ。
    シーズン無失点なら獲りそう、まぁタイトルは何かしら獲りそうだけと

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/09(水) 12:23:53.37 ID:CAP_USER9.net

    8日、広島ドラフト1位の守護神、栗林良吏(トヨタ自動車)がソフトバンク戦の九回に登板。2安打を許したものの、無失点に抑え、これで21試合連続無失点となった。連続無失点の日本記録は2006年に藤川(阪神)が記録した38試合。今季29試合無失点中の西武・平良とともに、記録更新の期待がかかる。

    「カタギに見えない」…清原和博の訪問姿に巨人キャンプ騒然

     栗林の大きな武器は150キロを超える快速球と切れ味鋭いフォーク。広島OBがこう言う。

    「速球とフォークが武器の抑えと言えば、かつての佐々木(横浜)や藤川と同じ。栗林にはカーブとカットボールにも伸びしろがある。カットボールは大瀬良からアドバイスを受け、打者の手元でより鋭く曲がるよう試行錯誤している。トヨタ自動車時代は常勝チームの先発として、安定した投球を続け、ピンチに強かった。先発でも十分やれる投手ですし、首脳陣が疲労を考慮して起用すれば、最終的にかなりの成績を残すはずです」

    「大魔神超え」も夢ではないかもしれない。近代プロ野球の抑え投手で、最も防御率が良かったのは1998年佐々木の0.64(51試合、56回、自責点4)。2位は2008年の藤川で0.67(63試合、67回3分の2、自責点5)で、0点台は2度しかない。とんでもない数字ではあるものの、栗林が防御率0点台をマークするくらいの大活躍をするようなら、阪神・佐藤輝明との新人王争いを制してもおかしくない。

    「すでに15本塁打をマークする佐藤輝は注目度が高いし、チームも首位争いをしている。しかも、新人王は記者投票。阪神は担当記者が多く、現時点では佐藤がかなり有利です。陰に隠れる形になっている栗林ですが、今夏の東京五輪日本代表に新人として唯一、選出されることが決定的。五輪はペナントとは別物ですけど、シーズンでMVP級の活躍をし、日の丸ユニホームを着て注目度が上がれば大激戦になりますよ」

    6/9(水) 11:20
    配信
    日刊ゲンダイDIGITAL
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3f61f4f6f5d812abc4484edd85dfdd0a02cb8724

    https://npb.jp/bis/players/91995153.html
    成績


    【セ・リーグの新人王は佐藤と栗林の一騎打ちでオケ?】の続きを読む


    中日新聞社 > 中日ドラゴンズ 中日ドラゴンズ(ちゅうにちドラゴンズ、英語: Chunichi Dragons)は、日本のプロ野球球団。愛称は「ドラゴンズ」「中日」。セントラル・リーグ(セ・リーグ)に所属する。 愛知県を保護地域とし、名古屋市東区にあるバンテリンドーム
    244キロバイト (36,907 語) - 2021年5月18日 (火) 12:22



    (出典 images.bbm-japan.com)


    柳さんは最近良かったよなぁ。
    楽天に打ち込まれてたけど。
    根尾くんがいまひとつなのがなぁ、バッターに専念したのを後悔するかな

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/09(水) 15:06:33.57 ID:CAP_USER9.net

    2019年は12球団で唯一ファン投票選出がなかった中日勢

    は、先発部門で2位の柳裕也。ここまで11試合に登板して5勝2敗の成績で、いずれもリーグトップの防御率1.89と86奪三振を誇る。先発部門の首位は、明大の後輩で昨季新人王の広島・森下暢仁。1万6000票余りの差がついている。

     他部門を見ると、上位3人に入っていないことも多い。捕手の木下拓哉は2位だが、1位の阪神・梅野隆太郎とは6万票超も差がある。根尾も外野手部門で5位と健闘しているが、このまま推移すれば上位3人に入るのは厳しい状況になっている。

     グラウンドでの活躍ぶりと人気が如実に反映される得票数。2018年に中日移籍1年目だった松坂大輔が先発投手部門のファン投票1位になった。ただ、前回開催の2019年は、柳と京田陽太が監督選抜で、高橋周平が選手間投票でそれぞれ出場したのみ。12球団でファン投票の選出がなかったのは中日だけだった。直近10年では2014、15年も2年連続で監督選抜のみの出場だった。

     2019年まで7年連続でBクラスに低迷してきたチーム。近年は戦力の強化とともに、スター選手の育成も喫緊の課題となってきた。今季は開幕から根尾が1軍で奮闘を見せるなど、兆しが見えてきているのも確か。東海地方だけにおさまらない全国区の人気と実力を備えた選手の登場が待たれる。

     ファン投票は6月20日締め切りで、まだ状況が動く可能性も。特に柳はまだ逆転の射程圏。チームメートの又吉克樹はツイッターで「柳裕也をオールスターに」と呼びかけるなど“草の根運動”も展開する。今の球界を色濃く映し出すオールスター。どこまで竜戦士が躍進するか、注目が集まる。

    6/9(水) 11:55
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bf43a923f7dbcd252ec8c2b2d8f983493322a1bc


    【中日、球宴ファン投票選出“2開催連続ゼロ”?】の続きを読む

    このページのトップヘ