トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:


    東京オリンピック(とうきょうオリンピック) 開催・開催予定 1964年東京オリンピック - 1964年に開催された第18回夏季オリンピック。 東京オリンピック (映画) - 1964年開催の東京オリンピックに関する記録映画。 1964東京オリンピック (テレビ番組) - 1964年開催の東京オリンピックに関するドキュメンタリー番組。
    1キロバイト (186 語) - 2021年6月22日 (火) 08:57



    (出典 img-footballchannel.com)


    フランスに勝てたらいけるよな。
    南アフリカもなかなか手強そうだけど。
    とりあえずグループステージはな

    1 風吹けば名無し :2021/06/25(金) 18:44:24.82 ID:r9C2V4sS0.net

    グループA
    日本🇯🇵
    南アフリカ🇿🇦
    メキシコ🇲🇽
    フランス🇫🇷

    グループB
    ニュージーランド🇳🇿
    韓国🇰🇷
    ホンジュラス🇭🇳
    ルーマニア🇷🇴

    グループC
    エジプト🇪🇬
    スペイン🇪🇸
    アルゼンチン🇦🇷
    オーストラリア🇦🇺

    グループD
    ブラジル🇧🇷
    ドイツ🇩🇪
    コートジボワール🇨🇮
    サウジアラビア🇸🇦

    金メダルいけそう?


    【五輪サッカー 組み合わせどうすか?】の続きを読む


    「無観客試合」でもホームチームが有利と判明


    SARSコロナウイルス2(サーズコロナウイルスツー、英語: severe acute respiratory syndrome coronavirus 2、略称: SARS-CoV-2)は、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の原因となる、SARS関連コロナウイルス (SARSr-CoV)
    65キロバイト (6,239 語) - 2021年5月12日 (水) 02:01


    カードのでる回数も減るのは知らなかったなぁ。サポーター以外の要因も大きいんだなぁ。ホームでやっぱ力出るのかな

    スポーツ競技では、ホームチームのほうがアウェーチームよりも勝率が高くなる傾向があります。これは「ホームアドバンテージ」と呼ばれており、サポーターの声援が重要な役割を担っているとされていますが、無観客試合の場合はどうでしょうか? 最新の研究で意外な事実が明らかとなりました。

    ↑観客の代わりに“見えない力”がホームチームを後押し

     

    無観客試合とホームアドバンテージの関係を調べるために、ドイツ体育大学ケルンの研究チームは、ヨーロッパ6か国の10リーグを研究対象として、2020年3月に宣言された新型コロナウイルスパンデミックの前後に行われた4万試合以上を分析しました。その中の1000試合以上は無観客で行われています。

     

    すべての試合でホームチームとアウェーチームのどちらが勝利したかを調べ、「ホームチームの勝利」「引き分け」「アウェーチームの勝利」の割合を100試合毎に計算しました。その結果、観客がいる場合は、ホームチームの勝利:引き分け:アウェーチームの勝利=45:27:28となりました。この数値はホームチーム100試合中に45回勝つことを意味しています。

     

    では、無観客試合はどうでしょうか? 同じように割合を求めると、43:25:32という結果が出ました。つまり、無観客試合と観客ありの試合では大きな変化がなかったのです。例えばイングランドプレミアリーグを見てみると、観客ありの試合では、この割合が46:25:30だったのに対して、無観客試合は47:22:32と、ほとんど同じです。

     

    この傾向はプロリーグに限りません。ドイツアマチュアリーグのひとつクライリーガAの6000試合を同様に分析したところ、観客の有無に関わらず、ホームチームは勝つ傾向が強いという結果になりました。

     

    観客がいる試合では、審判がファンの声援や存在感に心理的な影響を受けて、ホームチームにとって有利な判定をする傾向があることが指摘されています。無観客試合では、そのような影響が少なくなり、試合はよりフェアになると考えられますが、スタジアムにおける実際の“力学”はそれ以上に複雑な模様。観客の有無に関係なく、ホームチーム無観客試合でも勝つ傾向が高いという結果に、研究者自身も驚いたようです。

     

    しかしその一方で、今回の研究には例外もありました。ドイツブンデスリーガは観客の有無で結果が大きく異なったのです。観客ありの試合では、この割合が46:24:30である一方、無観客試合は33:23:45と、アウェーチームの勝利が多くなり、ホームとアウェーが逆転する結果となっています。さらなる研究が必要でしょう。

     

    ホーム試合が有利になるのは、慣れた環境でプレーすることや縄張り意識が芽生えることなど、サポーターの存在以外にもさまざまな要因が関係していると考えられます。今回の研究結果は、そのような力が作用していることを示していると言えるでしょう。サッカー無観客試合では選手同士の口論が減り、イエローカードレッドカードの数が減ることがわかっていますが、ピッチ上で選手たちがより冷静になるとしても、地の利を得やすいのはホームチームのようです。

     

    【関連記事】

    イエローレッドカードが13.5%も減!「無観客試合」が選手におよぼす意外な影響

     

     

    スタジアムには魔力が宿る!「無観客試合」でもホームチームが有利と判明


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「無観客試合」でもホームチームが有利と判明】の続きを読む


    鈴木 優磨(すずき ゆうま、1996年4月26日 - )は、千葉県銚子市出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ、シント=トロイデンVV所属。ポジションはフォワード。 兄はいわきFCでプレーしている鈴木翔大。 小学1年から鹿島のスクールに通い、アントラーズ一筋。2012年、鹿島アントラーズ
    15キロバイト (1,600 語) - 2021年4月29日 (木) 02:00



    (出典 img-footballchannel.com)


    まあ、意外と歳いってるからなぁ。
    そんなもんなのかなぁ。
    ベルギーリーグだからなのかもね

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/05/06(木) 16:26:09.73 ID:CAP_USER9.net

    STVVの売り出し価格に対して「たったそれだけ?」

    シント=トロイデン(STVV)に所属する鈴木優磨は、ベルギーでの2年目を34試合出場、17ゴール・4アシストという成績で終えた。

     24試合・7ゴールで終えた1年目と比べて飛躍的な活躍を見せたストライカーは、海外でも注目される存在となっている。鈴木自身がステップアップを熱望していることも明かしており、今夏にはクラブを離れるのではないかというのが現地メディアの大方の見方だ。ヨーロッパのクラブから関心が寄せられているという報道も後を絶たない。

     そんななか、STVVの立石敬之CEOが現地紙『Het Belang van Limburg』の取材に応じ、「鈴木は今夏にクラブを離れる可能性が高い」と認めた。

     しかし、同紙をはじめ、現地メディアはその価格に驚いた様子。移籍専門サイト『Transfermarkt』での鈴木の推定市場価格は220万ユーロ(約2億7500万円)となっているが、同紙によれば、STVVは400万ユーロ(約5億円)での売却を考えているという。それでも「安すぎるのでは?」という声が上がっているのだ。
     
     特に現地メディア『VoetbalBelgie』は、愕然とした様子でこれを報じている。

    「スズキがたった400万ユーロ? 日本人ストライカーはシーズン17ゴールを挙げ、さらに上のステップを目指している。ロマン・ベズス、ジョーダン・ボタカ、アレクサンドル・デ・ブラインに続いて、ヘントに行く可能性もあるようだ。そのほか、サンティティエンヌ、アンジェ、ヘルタ・ベルリンも関心を示しているという」

     STVVからは、日本代表の遠藤航と冨安健洋がそれぞれドイツのシュツットガルトとイタリアのボローニャにステップアップ。『Transfermarkt』によれば、前者の移籍金は170万ユーロ(約2億1250円)、後者は900万ユーロ(約11億2500万円)とされる。

     果たして鈴木にいったいどんな価格がつくのか。現地メディアもその動向に注目しているようだ。

    5/2(日) 19:22
    配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4c64a81e26a0c5be170d44f9bc945a26e4a573b5


    【「スズキがたったの5億円?」鈴木優磨の売却価格が安すぎる件 どう思う?】の続きを読む


    ポルトは後タレミがスーパーバイシクル弾も及ばず チェルシー逃げ切る


    チェルシーFC(Chelsea Football Club、イギリス英語発音: [ˈʧelsi ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン西部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。愛称はブルーズ(Blues)。
    92キロバイト (8,138 語) - 2021年3月17日 (水) 23:02


    よくやったよ、ポルトはあと一歩てとこまで追い詰めたんやから。ポルト強いなぁ

    チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、チェルシーvsポルトが13日にエスタディオラモン・サンチェス・ピスファンで行われ、アウェイポルトが0-1で勝利した。この結果、2戦合計2-1としたチェルシーの準決勝進出が決定した。
     
    新型コロナウイルスの影響によって両レグ共に中立地セビージャでの開催となった中、ポルトホーム扱いとなった1stレグでは試合巧者のチェルシーが粘りの守備と、マウントとチルウェルが上げたゴールによって2-0の先勝を飾った。
     
    試合内容は今一つもアウェイゴール2つを奪って先勝する大きなアドバンテージを手にしたチェルシーは、直近のリーグ戦でクリスタル・パレスに4-1のスコアで完勝。前節のWBA戦での2-5の大敗をきっちり払しょくした。逃げ切りを図るホーム扱いの2ndレグでは初戦から先発3人を変更。クリステンセン、コバチッチヴェルナーに代えてチアゴ・シウバ、カンテ、プリシッチを起用した。
     
    一方、内容面では五分五分も決定力の差や試合運びの拙さで初戦を落としたポルトだが、直近のトンデラ戦では一部主力を温存した中で2-0の快勝を収めバウンスバックに成功した。逆転での突破を目指すこの一戦では初戦から先発1人を変更。ルイスディアスに代えてサスペンション明けのセルジオ・オリベイラを復帰させたが、同じくサスペンション明けのタレミはベンチスタートとなった。
     
    チェルシーが普段通りの[3-4-2-1]で臨んだのに対して、ポルトは前回対戦の試合途中から採用していた[4-1-4-1]の並びでスタート。戦前の予想通り、早い時間帯にゴールがほしいポルトが前から強い圧力をかけて主導権を握りにかかる。
     
    11分にはその前がかりな守備からGKメンディの繋ぎのミスを誘い、ボックス右でインターセプトしたヘスス・コロナシュートに持ち込むが、これは惜しくも枠の右に外れた。以降も押し込みボールを失っても素早い切り替えでカウンターの芽を摘む良い形の試合運びが続くが、再三のセットプレーを含めゴールまであと一歩という場面が目立つ。
     
    一方、前回対戦同様に相手の攻勢を自陣で撥ね返す展開が続くチェルシーだが、19分には相手CKを撥ね返したロングカウンターから決定機を創出。左サイドでのカンテの粘りからプリシッチを経由したボールがボックス手前右角のリースジェームズに渡るが、右足のダイレクトシュートは枠の左に外れた。
     
    前半半ばを過ぎると、チェルシーが相手マイボール時に前からの圧力を強めてボールを奪う位置を高くしたことで、試合はより中盤での潰し合いが強調される展開に。27分にはショートカウンターの形からボックス右に抜け出したハヴァーツがファーでフリーの味方を狙って決定的な折り返しを試みるが、これはDFペペの好守に阻まれる。
     
    その後はポルトが再び球際で優位性を作り出し、押し込む形を作り出すが、ヘスス・コロナのボックス内でのシュートミスや再三のクロスが相手の身体を張った守備に撥ね返されるなど、前半の内にゴールをこじ開けることはできなかった。
     
    互いに枠内シュート0本というクローズな前半45分を経て試合は後半に突入。後半も同じ22人での攻防となった中、ゴールがほしいポルトが前がかる入りを見せる。
     
    前半に比べてよりリスクを冒して攻めるポルトに対してチェルシーカウンターが嵌りやすい展開の中、57分には右サイドでプリシッチがうまく潰れてこぼれを引き取ったカンテからボックス左に走り込むマウントラストパスが繋がる。だが、左足のシュートは必死の戻りを見せたDFマナファのブロックに阻まれる。
     
    後半も決定機まであと一歩という状況が続くポルトは63分、アンカーのグルイッチを下げて切り札のタレミを投入。この交代でマレガとタレミを最前線に並べる[4-4-2]に布陣を変更する。65分にはヘスス・コロナからの右クロスゴール前のタレミが頭で合わせ、両チームを通じて最初の枠内シュートを放ったが、これはGKメンディの守備範囲。
     
    ここから一気に攻勢を強めたいポルトだが、チェルシーの老獪な守備に手を焼きタレミのシュート以降はなかなかフィニッシュまで持ち込めない。この状況を受け、セルジオ・コンセイソン監督は75分にマナファ、ヘスス・コロナ、マレガを下げてナヌ、ルイスディアスエヴァニウソンと異なる特長を持つフレッシュな選手をピッチへ送り出し、最後の勝負に出た。
     
    試合終盤にかけてもポルトが押し込みチェルシーが撥ね返す緊迫感のある攻防が続く。チェルシーは88分にマウントを下げてツィエクをようやく最初のカードとして切り、92分にはハヴァーツに代えてジルーを投入し、完全に逃げ切り態勢に入った。
     
    その後、4分が加えられた後半アディショナルタイムにはポルトが意地を見せる。94分、右サイド深くでナヌが上げたクロスをファーサイドのタレミが右足のバイシクルシュート。これがゴール右隅の完璧なコースに決まった。
     
    ただ、ポルトに2戦合計同点に追いつく時間は残されておらず、試合はこのままタイムアップ2ndレグは敗戦に終わるも、1stレグのアドバンテージを生かして逃げ切ったチェルシーが7シーズンぶりのベスト4進出。準決勝では翌日に行われるリバプールvsレアル・マドリーの勝者と対戦する。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ポルトは後タレミがスーパーバイシクル弾も及ばず チェルシー逃げ切る】の続きを読む


    ネイマール、390億円でレアル移籍寸前だった…元代理人が暴露 | ニコニコニュース


    ネイマール(Neymar)ことネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニア(Neymar da Silva Santos Júnior [nejˈmaʁ dɐ ˈsiwvɐ ˈsɐ̃tus ˈʒũɲoʁ], 1992年2月5日 - )は、サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身のブラジルのサッカー選手。
    90キロバイト (8,906 語) - 2021年3月5日 (金) 12:02



    2017年バルセロナからPSGに電撃移籍したブラジル代表FWネイマール

    かつて彼の代理人を務めていたワギネル・ヒベイロ氏が『L'Equipe』のインタビューに応じた。

    ネイマールのことを12歳の頃から知っているという同氏によれば、彼が13歳の時にレアル・マドリーからオファーを受け取っていたそう。

    また、2010年にはチェルシーからオファーがあったほか、2019年PSGからレアルに移籍していた可能性があったことも暴露している。

    ワギネル・ヒベイロ(ネイマール元代理人)

    「(レアルでの入団テスト

    ネイマールは13歳だったが、センセーションを巻き起こした。

    彼の父と私と20日ほどを過ごした。マドリーは彼を大いに気に入り、喜んで金を支払おうとしていた。

    だが、サントスの会長が電話をかけてきて、84万ユーロ(1.09億円)と月1万ユーロ130万円)を提示した。

    当時のネイマールの稼ぎは700レアル(1.3万円)だった。父親はブラジルに留まるほうがいいと考えた。

    彼はマドリーで素晴らしい時間を過ごしたし、ハッピーだった。だが、泣いてもいた。

    私は母親にも電話をかけた。彼は母と妹から離れたくなかったのさ」

    「(2010年チェルシー

    彼らはかなりの金を提示したが、ネイマールは行きたがらなかった」
    「(レアルバルサの争奪戦

    フロレンティーノ・ペレス会長は自分が手にしたと思っていた。彼は私が提示したオファーを受け入れた。

    4000万ユーロ(52億円)をサントスに支払うことも、我々が要求した全てに従うこともいとわなかった。

    ただ、父親が時間をくれと求めた。ネイマールバルサのほうを好んでいたからね。

    すると、マドリーは3人のマネージャー弁護士を送り込んできた。20日が経ち、『頼む、明日サインしよう!』と言われたよ。

    だが、ネイマールはマドリーに行きたがらなかった。彼はバルサプレーしたかった。私はマドリーに行ってほしかったが。

    一方、バルサの会長サンドロ・ロセイは私が交渉に参加することを望んでいなかった。

    私を除外したし、ネイマールバルサ移籍のために私に金は支払わなかった。

    彼らはネイマールの父親に接近したアンドレ・クリと組んだ。私はネイマールの移籍で何も得られなかった」

    「(ネイマールバルサを選んだのはメッシ

    メッシプレーしたかった。それが彼の選択だった。

    自分にとっていいものではなかったが尊重した。

    彼が契約した時に紹介されたが、屈辱を感じた。彼らは私を参加させなかった。

    私はフロレンティーノ・ペレス仲良しだったので、彼らは全てから私を除外した。アンフェアだった」
    「(2015年時点でのPSGネイマールの接触

    本当だ。私がPSGスポーツディレクターに伝えたんだ、ドリームチームを作るなら彼が必要だと。

    2016年夏にイビサで会った、ネイマール、父親、PSGナースル・アル・ハライフィ会長、スポーツディレクターがね。

    ホテルの最上階だったので、誰も我々を見ていない。

    ネイマール1100万ユーロ(14億円)を稼いでいたが、ナースルは26(00万ユーロ?=33億円)を提示した。

    我々は4000万ユーロ(52億円)を要求すると、彼は検討すると答えた。

    彼はホテルチェーンの株やプライベートジェットを与えるとしたうえで、エッフェル塔に彼の名前をつけるとまで言った。クレイジーさ。

    だが、移籍を阻んだのは、FFPだけではなかった。ネイマールもパリに行きたくなかったんだ。彼はバルサハッピーだった。

    父親は契約更新交渉を利用して、年俸2800万ユーロ(36億円)を勝ちとった」

    「(PSG移籍から2年後に退団を画策

    当時の彼はレアル移籍に近づいていた。

    マドリーは彼のために3億ユーロ390億円)を支払うつもりだった。フロレンティーノが私に言っていたんだ。

    だが、ナースルが拒否した。『10億ユーロでもないし、彼は去るつもりはない!』と言われたよ」

    【写真】レアル・マドリーがガチで狙って「逃した」9名のスター、そしてその代役

    2019年PSGからレアルに移籍する可能性があったものの、PSG会長が390億円のオファーを断っていたとか。

    ネイマール、390億円でレアル移籍寸前だった…元代理人が暴露


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ネイマール、レアル移籍寸前だった】の続きを読む

    このページのトップヘ