トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ: 移籍


    読売ジャイアンツ (読売巨人からのリダイレクト)
    読売ジャイアンツ 読売ジャイアンツ(よみうりジャイアンツ、Yomiuri Giants、読売巨人軍、よみうりきょじんぐん)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。略称は「ジャイアンツ」「巨人」。NPB 傘下の球団としては最古の球団である(日本で最初に設立されたプロ野球球団は日本運動協
    255キロバイト (39,485 語) - 2021年9月12日 (日) 05:01



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    これはなぁ、金持ってる球団ができるからね。
    まぁ仕方ないし、ルール違反とかではないからいいんじや

    1 征夷大将軍 ★ :2021/09/16(木) 08:12:00.21

    日刊ゲンダイ公開日:2021/09/15 06:00
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/294704

    10月11日のプロ野球ドラフト会議まで1カ月を切った。各球団の指名選手の絞り込みが佳境に入る中、他球団やアマチュア球界から悲鳴が上がっているという。パ・リーグのある球団スカウトがこう言う。

    「カタギに見えない」…清原和博の訪問姿に巨人キャンプ騒然

    「ウチの調査書には『プロ入りするのは支配下で指名された時のみ。育成の場合は大学に進学します』とはっきり書かれているのに、巨人に育成で指名された途端、翻意して入団する選手が後を絶たないのです」

     巨人は昨年の育成ドラフトで12人もの選手を大量指名した。そのうち、1位の岡本大翔内野手(19=米子東)、3位の笠島尚樹投手(18=敦賀気比)の2人がそうだったという。セ・リーグ球団のスカウトが話を引き取る。

    「学業が優秀だった岡本は育成指名なら慶大を受験するとのことでした。笠島にしても、育成なら地方の強豪大学へ進学すると表明していました。それでも巨人は2人を強行指名して入団させた。もちろん、『ドラフトで交渉権を得てから本人たちを説得した』と言うなら、ルール上は問題ないし、いまだ巨人ブランドの威光もある。現行のルールでは正直、巨人を利するだけという思いはある。それを『企業努力』と言われても釈然としませんよ」

    ■プロ志望届に「育成での入団可否」を書かせるべき
     支配下で選手を指名するより育成の方がリスクが少ない。前出のセ・スカウトが続ける。

    「高校生が『育成なら大学進学』と言っていても、巨人は『入ってくれたら儲けもの』のような感じでガンガン指名する。ダメならダメでいいという考え方なんでしょう。育成選手の年俸は安いとはいえ、寮で暮らすわけだし、もろもろの経費がかかるので、1人抱えるのもカネがかかる。昨年ソフトバンクは8人、オリックスは6人を育成で指名した。結局、カネがある球団しか多く指名できない。今の育成市場は巨人のやりたい放題になっている。プロ志望届を提出する段階で『育成でも入団するか、しないか』を書かせるべき。実際、巨人以外の球団は困っている。さらに『育成なら入学します』と約束している大学を結果として“隠れ蓑”のような形にしているし、穴をあけられる大学側からも悲鳴が出ています」

     かつては育成出身の山口鉄也、松本哲也が2008年から2年連続で新人王を受賞したものの、現在一軍で活躍しているのは、松原聖弥(26)、外国人のC.C.メルセデス(27)くらい。毎年多くの育成選手が戦力外となっている。

     巨人の大塚球団副代表は育成12人指名の理由について「発掘と育成の元年。血の入れ替えは必要」と力説していた。来月のドラフトでも同様に大量指名の可能性がありそうだから、11球団や当落線上の高校生の進学が内定している大学側は、神経をとがらせている。


    【巨人は今年も「育成」大量指名?】の続きを読む


    のみで、全体1位はコロンビアMFハメス・ロドリゲスで9.79点を記録した。 ^ a b c 本田圭佑オフィシャルWEBサイト - Profile 2019年5月15日閲覧 ^ a b c d e “本田 圭佑”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db
    148キロバイト (17,433 語) - 2021年9月14日 (火) 15:38



    (出典 hochi.news)


    いやいや、35歳で五大リーグでもう何年もプレーしてない選手にはオファーないやろ。
    て言ってもむだやろうけと

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/15(水) 05:35:36.96

    9/15(水) 5:15配信
    東スポWeb

    本田圭佑(東スポWeb)

     所属先が決まっていなかった元日本代表MF本田圭佑(35)が、リトアニア1部スードゥヴァへの入団を発表した。本田は14日に自身のユーチューブチャンネルでライブ配信し、その後に現地で入団会見も行った。今後はプレー経験国数の世界一を目標に掲げる一方で、複雑な胸中ものぞかせた。

     注目を集めた本田の新天地は驚きの国だった。リトアニアは国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで134位。昨季所属したアゼルバイジャンの112位よりも低く、サッカー界では〝弱小国〟の位置づけだ。

     それでも本田は「オファーをいただいてここに来ることを決めた。決めるまではそんなに時間がかからなかった。年俸は言えないけど、なんとか生活やっていけるお金。みなさんが思っている以上に安いかも」と待遇面を度外視してまで即決したことを明かした。

     その理由は、今後の目標にも関係している。「(東京)五輪も選ばれなくて(現役を)辞めようという選択肢もあった。でも、悪あがきしたい」と葛藤を明かしながら「自分なりの世界一を目指したいと思った。世界の1部リーグでプレーした数、かつ(その国で)ゴールを決めた数の世界一になる。僕にしかできないことがある。すべての国でゴールを取ってきている僕にとって、新たな挑戦になる」。

     今後はより多くの国でプレーして〝世界記録〟を目指すことをモチベーションにするというのだ。そのために短い契約期間にこだわり、シーズンが残り10試合のリトアニアを選択。さらに今後は未開拓のアフリカ大陸でのプレーも「考えている」と世界各地をさすらう覚悟を見せた。

     一方で、欧州トップレベルの舞台への未練も…。5大リーグからのオファーについて「ないですね、最近。(オファーを)出せよと思っている。まだまだプレーできる」とアピールすることも忘れなかった。

     かつての日本のエースは、これからどんな道を歩んでいくのだろうか。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f62a23ff4267e3c558229db47c995d83c1f986af


    【本田さん 五大リーグに『オファー出せよ』】の続きを読む


    サッカーブラジル代表(伯: Seleção Brasileira de Futebol)は、ブラジルサッカー連盟によって編成されるブラジルの男子サッカーのナショナルチーム。 FIFAワールドカップにおいて唯一、2018年大会までの21大会全てにおいて本大会出場を果たしており、最多となる5度の優勝経験を有する世界を代表する強豪国である。
    53キロバイト (2,770 語) - 2021年7月24日 (土) 19:25



    (出典 www.soccer-king.jp)


    多分神戸なら払えるやろ、年俸。
    みたい、イニエスタとの共演が日本で観れるなら見てみた

    1 Egg ★ :2021/09/14(火) 18:55:50.61

    ブラジル1部サンパウロを退団した同国代表DFダニエウ・アウベス(38)に獲得オファーが殺到していると英紙「デーリー・メール」が報じている。

     同紙によると、2019年夏にフランス1部パリ・サンジェルマンを退団し、サンパウロに加入。今夏の東京五輪には24歳以上のオーバーエージ枠で参戦し、2大会連続の金メダル獲得に貢献したものの、これまで年俸300万ユーロ(約3億9000万円)の未払いが解消されないことから今季途中ながら退団を決意したという。

     サンパウロで10番を背負い、南米で最高年俸の選手だったアウベスは退団でフリーエージェントとなり、すでに米メジャーリーグサッカー(MLS)や中東各クラブ、また、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニアーズとリバープレートが獲得への興味を示している、また、別の報道によると、アウベス側はスペイン2部クラブに売り込みをかけているという。

     アウベス本人は2022年カタールW杯出場に向けてブラジル代表にとどまりたいため、早く所属クラブを決めたい意向。また、東京五輪期間中にはスペイン1部バルセロナ時代に同僚だった神戸のMFアンドレス・イニエスタが着用する背番号8のユニホームを着た姿をSNSにアップしたときには「ぜひ神戸に来て」との声も出ていた。

     果たして〝優勝請負人〟とも呼ばれるブラジルの名選手はどこに向かのだろうか。

    9/14(火) 14:09 東京スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4ac7d55883d7319154b8155f1782ed39618e90f0


    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=494&q=90&exp=10800&pri=l


    【アウヴェスさん ワンチャン神戸来ないかな】の続きを読む


    日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、英: Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグ(ジェイリーグ、英: J.LEAGUE)。 主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。主管団体はJ
    179キロバイト (16,698 語) - 2021年8月28日 (土) 09:46



    (出典 cdn.asagei.com)


    長友さんは怒られ損やなぁ。
    長谷部さんはそのままドイツに残りそうだなぁ。

    1 Egg ★ :2021/09/11(土) 05:58:03.32

    日本サッカー協会が10日に設立100周年記念イベントを開催し、元日本代表のラモス瑠偉氏(64)が欧州組のベテラン勢にJリーグ復帰を〝厳命〟した。

     ラモス氏は昨今の選手について「今の選手たち、すぐに海外に出たがる。また一番いいときに日本に(戻ってきて)。そして次の世代に、後輩たちに学んだことを教えてほしい」と持論を展開。今夏はFW大迫勇也(神戸)やFW乾貴士(C大阪)などW杯で活躍した選手たちが続々と日本に復帰して話題を集めたが、欧州組は実力が衰えないうちに積極的にJリーグへ復帰するよう説いた。

     続けて「例えば、DF長友(佑都)も決まっていないなら帰ってこいって。何やってんの。MF長谷部(誠=Eフランクフルト)も何考えてんの、帰ってこい。盛り上げろって。MF香川(真司=PAOK)も日本代表を狙ってるから海外でやったほうが(いいというのあるだろうが)。でも、ここで帰ってきて。そういう選手がどんどん増えてくればJリーグもおもしろくなる」と日本代表を支えたスターたちに次々と〝帰還命令〟を出した。

    「35、6歳になって、ただ遊ぶだけ、ただもう1年やりたいだけ、そうじゃなくて。自分の一番いいパフォーマンスを見せられるときに帰ってきてくれたらうれしい」と呼びかけた。

     日本サッカー界を盛り上げたいという思いからの直言。〝ラモス節〟はまだまだ健在だ。

    東京スポーツ 9/10(金) 22:22
    https://news.yahoo.co.jp/articles/763aa64c5808c91b51fdaafafb8b107d4c4bf677

    写真 
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=571&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


    【ラモス瑠偉氏 『長谷部も帰ってこいよ』】の続きを読む


    長友 佑都(ながとも ゆうと、1986年9月12日 - )は、愛媛県西条市(旧・東予市)出身のサッカー選手、YouTuber。ポジションはDF(SB)、MF(SH、WB)。2013年アジアサッカー連盟から国際最優秀選手賞に選出。日本代表時代には、左サイドバックのスペシャリストとして2010年代のワ
    88キロバイト (10,088 語) - 2021年9月10日 (金) 23:26



    (出典 upload.wikimedia.org)


    長友さんも遂にお帰りになったねえ。
    まぁいいんじゃないの。
    タイミングもええやん

    1 Egg ★ :2021/09/10(金) 23:09:38.89

     フランス1部のマルセイユを退団したサッカー日本代表DF長友佑都(34)が、古巣のFC東京に11年ぶりに電撃復帰することが10日、決定的となった。複数の関係者が明らかにした。背番号は「50」の見込みで、一両日中にも正式発表される見通し。

     長友は明大在学中の2008年に東京に加入。無尽蔵のスタミナと1対1の強さで瞬く間に日本を代表するサイドバックへと成長した。初出場した2010年のW杯南アフリカ大会で16強進出に貢献。同年夏に当時セリエAのチェゼーナに期限付き移籍した。その後はイタリアの名門インテルで主力を務めるなど、欧州で11年間活躍。今年7月にマルセイユを退団し、無所属となっていた。

     W杯には3大会連続出場。今月のW杯カタール大会アジア最終予選で2試合に先発するなど、鉄人ぶりは健在。日本代表では歴代2位となる通算127試合出場を誇る。

     マルセイユ退団後は神戸や国内外のクラブが獲得に興味を示し、争奪戦となっていたが、どんな好条件のオファーよりも“東京愛”を貫いた。

     FC東京を退団する際、長友はサポーターに向けて「もっともっとビッグになって、世界一のサイドバックになって、また青赤のユニホームを着て、この(味スタの)ピッチに立てるようにしたい」と、惜別の言葉を残した。あれから11年。その約束を守り、長友は青赤に再び袖を通す。早ければ、18日のJ1・横浜FC戦(味スタ)でデビューを飾ることになりそうだ。

    中日スポーツ 9/10(金) 23:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5b66cee9b2c26ec55d342952b9a989b5e6a6a37a

    写真 
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【長友も帰ってきたねぇ】の続きを読む

    このページのトップヘ