トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ: 移籍


    ザルツブルク ダカにウェストハムが関心


    ウェストハム・ユナイテッド・フットボール・クラブ(West Ham United Football Club)は、イングランドの首都ロンドン東部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。愛称はハマーズ(Hammers)、アイアンズ(Irons)。
    51キロバイト (2,389 語) - 2021年5月27日 (木) 05:19


    レッドブル系列はほんと有望な選手が出てくるねえ。ドルトムントより育成が上手くないか?

     ザルツブルクザンビア代表FWパトソン・ダカにウェストハムが関心を寄せているようだ。28日、ザンビアメディア『ZamFoot』が報じている。

     同メディアによると、ウェストハムはコートジボワール代表FWセバスティアン・ハラー2021年冬の移籍市場でアヤックス2000万ポンド(約28億円)で売却して以降、ダカの動向を注視しているとのこと。

     移籍金は2500万ポンド(約35億円)とされており、来シーズンヨーロッパリーグ(EL)出場が決まっているウェストハムにとっては、獲得すれば大きな戦力となりうる。

     2017年からザルツブルクに所属する22歳のダカは、今シーズンオーストリアブンデスリーガで27得点を挙げ得点王を獲得。カップ戦やUEFAチャンピオンズリーグでも得点を記録しており、公式戦34得点を記録している

     同選手には、ザルツブルクの姉妹クラブであるライプツィヒも興味を持っており、5年契約を準備しているとも同メディアは伝えている。

     ダカには以前にも、マンチェスター・Uマンチェスター・Cリヴァプールアーセナルといった“ビッグ6”を構成するチームからの興味も報じられており、移籍となれば争奪戦になることは間違いなさそうだ。

    ビッグクラブも注目のダカ。行き先は東ロンドンになるのか…? [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ザルツブルク ダカにウェストハムが関心】の続きを読む


    ワイナルドゥムのバルサ移籍秒読み!


    単にバルセロナ(Barcelona)、バルサ(Barça)としても知られる。スペインプロリーグ機構(ラ・リーガ)に所属する。 1899年に創立されたクラブであり、カンプ・ノウをホームスタジアムとしている。愛称は「バルサ(カタルーニャ語:
    96キロバイト (9,245 語) - 2021年5月28日 (金) 07:53


    給料払えるのか。だったらまぁ、いい補強なんだろう。レアルも負けてられないなぁ

    オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(30)のバルセロナ移籍が秒読み段階に入っているようだ。

    2016年夏にニューカッスルからリバプール入りしたワイナルドゥム。公式戦200試合以上の出場数とともに、チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグタイトル獲得に貢献した。

    今季もダイナモとして公式戦51試合出場で3得点とフル稼働したが、契約最終年。先日に行われたプレミアリーグ最終節のクリスタル・パレス戦後、今季退団の見通しを明言した。

    そんなワイナルドゥムを巡り、バルセロナ行きが大方予想されるなか、選手の代理人は25日に現地入り。3年契約をベースにした話し合いの末に口頭合意したといわれる。

    そして、スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、両者は27日にもバルセロナオフィスで会談。クラブの関係者も最終合意が近づいている状況を認めたという。

    なお、ジョアン・ラポルタ会長は28日に行われた会見で「来週にも新戦力の加入を発表する」とコメント。FWセルヒオ・アグエロとDFエリックガルシアの獲得も完了済みと目される。

    チャンピオンズリーグ決勝「マンCvsチェルシー」を、5/29(土)にWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
    無料トライアルも実施中!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ワイナルドゥムのバルサ移籍秒読み!】の続きを読む


    ドンナルンマにチェルシー依然関心?


    チェルシーFC(Chelsea Football Club、イギリス英語発音: [ˈʧelsi ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン西部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。愛称はブルーズ(Blues)。
    93キロバイト (8,158 語) - 2021年5月27日 (木) 00:07


    いやいや、メンディで十分やろ。多分獲らないだろうな。ユベントスに行くだろうねえ

    チェルシーミランイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(22)との交渉を重ねているようだ。イギリス『90min』が伝えた。

    2015年にわずか16歳ミランの下部組織からトップチームに昇格して以降、すでに公式戦251試合に出場するなど絶対的な守護神に君臨するドンナルンマ。今季は新型コロナウイルス感染で離脱の時期もあったが、公式戦48試合で15回のクリーンシートをやってのけ、チームチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献した。

    だが、契約は今季限り。なかなか延長交渉が進まないミランは先日にリールからフランス代表GKマイク・メニャンの獲得を発表すると、テクニカルディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏もクラブ公式のTwitchチャンネルでドンナルンマの退団見通しを明らかにした。

    そんなドンナルンマを巡ってはユベントスパリ・サンジェルマン(PSG)なども関心を寄せるが、その一角とされるチェルシーも数カ月前から注視。セネガル代表GKエドゥアール・メンディが第1GKに君臨するが、代理人のミノ・ライオラ氏とも交渉が続けられているという。

    なお、ドンナルンマ本人はイタリアでのプレー継続を希望しているといわれる一方で、プレミアリーグに興味を抱いているとも。したがって、スタンフォードブリッジ行きに否定的でないとの見方もあるが、果たして…。

    チャンピオンズリーグ決勝「マンCvsチェルシー」を、5/29(土)にWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
    無料トライアルも実施中!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ドンナルンマにチェルシー依然関心?】の続きを読む


    トゥヘル監督、今夏ターゲットはルカク&サンチョ


    チェルシーFC(Chelsea Football Club、イギリス英語発音: [ˈʧelsi ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン西部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。愛称はブルーズ(Blues)。
    93キロバイト (8,158 語) - 2021年5月27日 (木) 00:07


    やっぱフォワードとりたいのか?まあインテルは崩壊気味だから、ルカク獲れるかもしれないね

    チェルシートーマス・トゥヘル監督が今夏のターゲットを定め、それを実行に移そうとしているようだ。『サンデーワールド』が伝えている。

    今季、途中就任ながら守りからチームを立て直していき、プレミアリーグ4位フィニッシュとチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出に導くトゥヘル監督。クラブオーナーであるロマン・アブラモビッチ氏も資金の援助で強化を支援する意向のなか、トゥヘル監督はストライカーを最優先事項に掲げ、経験豊富なワイドアタッカーも求めているという。

    そのストライカーの候補に挙がっているのはかつて鳴かず飛ばずに終わったものの、インテルベルギー代表FWロメル・ルカク(28)。アブラモビッチ氏にとって今もお気に入りであり、復帰を熱望している模様だ。また、サイドアタッカーにはドルトムントイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)ベルギー代表MFエデン・アザールレアル・マドリーからチェルシー復帰を望んでいるといわれるが、優先順位は高くないようだ。

    一方、チェルシーはGKケパ・アリサバラガ、MFロス・バークリー、MFルベン・ロフタス=チーク、FWタミー・エイブラハム、FWカラムハドソン=オドイといった5選手を売却候補に。そこから何人かを手放し、トゥヘル監督の補強費に充てられることになる模様だ。

    チャンピオンズリーグ決勝「マンCvsチェルシー」を、5/29(土)にWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
    無料トライアルも実施中!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【トゥヘル監督、今夏ターゲットはルカク&サンチョ】の続きを読む


    アラバ、ようやくレアル加入が発表


    レアルマドリード(西: Real Madrid Club de Fútbol)は、マドリードマドリードをホームタウンとするスペインのサッカークラブ。 スペインプロリーグ機構(ラ・リーガ)に所属する。日本ではレアルの愛称で知られるが、現地での愛称はエル・マドリー(El Madrid)と呼ばれている。
    140キロバイト (11,529 語) - 2021年5月27日 (木) 11:43


    ようやくか、長かったなぁ。このユーティリティプレイヤーはええ補強や。楽しみや

     レアル・マドリードは28日、バイエルンからオーストリア代表DFダヴィド・アラバを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

     契約期間は5年間で、2026年まで。現在28歳のアラバとバイエルンの現行契約は来月末で満了となるため、フリーでの移籍となる。

     同選手は2008年夏にオーストリアウィーンの下部組織からバイエルンの下部組織に加入し、2010年夏にトップチーム昇格。2011年1月から半年間ホッフェンハイムへのレンタル移籍を経験したが、復帰後はバイエルン一筋で活躍し、同クラブで公式戦通算431試合に出場。これは外国人選手としてはバイエルン史上最多出場記録となる。今季もチームの中心選手として公式戦45試合に出場し、2得点7アシストを記録した。

     アラバはバイエルンに在籍した約13年間で10度のブンデスリーガ制覇、6度のDFBポカール制覇、2度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など合計27個のタイトルを獲得。今年の2月にはFIFAクラブワールドカップ カタール 2020で優勝し、2009年バルセロナ以来、史上2チーム目の年間6冠達成に貢献した。

     また、アラバは2019年10月オーストリア代表デビューを飾り、ここまで通算79試合に出場。2011年から2020年までの10年間で、オーストリア人の年間最優秀選手賞を7度受賞している。

    レアル・マドリードへの移籍が決まったダヴィド・アラバ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【アラバ、ようやくレアル加入が発表】の続きを読む

    このページのトップヘ