トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ: 代表戦



    (出典 img.neirong.plus)


    まぁこの点差は仕方ないと思うけどなぁ。
    誰がやっても似たようなスコアになると思うけどねぇ

    【本田“監督” 無理ゲーで酷評される】の続きを読む



    (出典 img-footballchannel.com)


    いやまあ、本田さんの采配が悪いというより、単純に地力の差が大きすぎるよね。
    誰がやっても大敗するんじゃないかな

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/13(日) 09:59:33.75

    カタールW杯アジア2次予選でイランと対戦し、0-10と大敗

     元日本代表MF本田圭佑(ネフチ・バクー)が実質的な監督を務めるカンボジア代表は現地時間11日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のイラン戦に臨み、0-10と大敗を喫した。現地メディアは本田の采配について「悲惨なほど間違っていた」と酷評している。

     カンボジアはバーレーンで強豪イランと対戦。試合は序盤からイランに押し込まれ、前半16分のPKを皮切りに、前半だけで4点を奪われる苦しい展開に。後半に入ってもイランに主導権を握られ、後半に6点を追加され、終わってみれば0-10と二桁ゴールを奪われ大敗を喫した。

     そんななか、カンボジア地元メディア「KHMER TIMES」は本田の采配に注目。「カンボジアの本田圭佑監督は、これまでのバーレーンとイラクとの試合の時とは対照的に、ショートパスを繋ぐ戦術を選択したが、強力なイランチームが意のままにゴールを奪ったので、彼の実験は悲惨なほど間違っていた」と酷評している。

     カンボジアは2次予選1分7敗と勝利のないまま、グループC最下位で姿を消すこととなった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bdadb9a2d32034cc6748773529eb60fce1c80c3d
    6/13(日) 7:30配信


    【本田“監督”酷評されてるね】の続きを読む


    ユーロ2020グループD イングランドとクロアチアだよなぁ


    イングランド England 国の標語:Dieu et mon droit(フランス語) 神と我が権利 国歌:公式にはなし(詳細は「イングランドの国歌」参照)。女王陛下万歳、希望と栄光の国 、エルサレム (いずれも非公式) 1少数言語としてコーンウォール語も存在する。コーンウォール語でのイングランドの呼称は「Pow
    38キロバイト (4,118 語) - 2021年6月8日 (火) 03:56


    やっぱこの2チームが濃厚だよなぁ。イングランドには今度こそ優勝をしてほしいなぁ。グループでは圧倒して欲しい

    ユーロ2020のグループステージ6月11日に開幕する。グループDは、初優勝を目指すイングランドや前回のワールドカップで準優勝の成績を収めたクロアチアが本命も、スコットランドチェコも粒揃いで侮れない存在となっている。

    ◆成長著しい若手タレント軍団~イングランド


    最高順位/3位
    予選戦績/7勝1敗(グループA・1位)
    監督/ガレス・サウスゲイト
    注目選手/FWハリー・ケイン(トッテナム)

    今大会で10度目の出場も、最高成績は3位と何度も涙を飲んできたスリーライオンズ。前回大会は躍進のアイスランドが起こした波乱に巻き込まれベスト16で敗退。目標はもちろん優勝だが、6大会ぶりのベスト4進出をまずは目指したい。今予選では対抗馬となり得たのが唯一チェコのみという、ほぼ1強だったグループAを7勝1敗で余裕の首位突破。ただ、その1敗はこのグループDでも同居したチェコに喫したものであることは忘れてはならない。

    とはいえ、予選では勝利した7試合は全て4得点以上記録しており、ホームモンテネグロ戦は7得点、アウェイブルガリア戦も6得点と、なかなか大量得点が難しい代表戦において他の追随を許さない圧倒的な得点力を誇る。そして、注目選手に挙げたケインはその中で12得点と量産。予選でチームが挙げた総得点37のうち、およそ3分の1を記録し、全チームにおいて最多得点者となった。

    そんなエースを支える中盤や守備陣を構成するのは、多くが世界最高峰のプレミアリーグの荒波に揉まれる選手たち。とりわけ、MFフォーデンやMFマウント、FWラッシュフォードといった本大会での活躍が期待される中心選手は20代前半で、フォーデンは今季プレミアリーグの最優秀若手選手にも選ばれた至宝だ。一方でMFヘンダーソンやDFマグワイア、DFカイルウォーカーといった経験豊富な選手が脇を固めており、スリーライオンズを優勝候補に挙げるメディアは少なくない。

    ◆3年前の経験と若手の融合で再びダークホースに~クロアチア

    最高順位/ベスト8
    予選戦績/5勝2分け1敗(グループE・1位)
    監督/ズラトコ・ダリッチ
    注目選手/MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)

    イングランドに次いでグループステージ突破の本命に数えられるクロアチア。予選ではウェールズスロバキアハンガリーなど結果的に5チーム中4チームが本戦に進んだ曲者揃いのグループで5勝2分け1敗の首位突破。唯一本戦出場を逃した格下のアゼルバイジャンと引き分ける面もあったが、スロバキアハンガリーから3点以上奪っており、得点力は問題ないようだ。

    ユーロでの最高成績はベスト8止まりとなっているクロアチアだが、やはり2018年ワールドカップでの躍進はまだまだ印象深く刻まれている。ダークホース的扱いだったなか、グループステージではアルゼンチンを抑えて首位通過すると、決勝トーナメントではデンマークロシアと対戦相手にも恵まれながら、準決勝でイングランドを延長戦の末に破って決勝へ進出。優勝したフランスには及ばなかったものの、タレント不足を運動量で補った戦い方は見るものを熱くさせた。

    そして、そんなクロアチアの注目選手はもちろん主将モドリッチ。準優勝したロシアW杯では大会MVPに選ばれ、さらにその年のバロンドールまで受賞。名実ともに世界最高のMFとして認められた。現チームは代表から引退したMFラキティッチやFWマンジュキッチを除けば、MFブロゾビッチやDFヴルサリコをはじめ、DFロブレンにFWペリシッチなどの中心メンバーは健在。そこにMFパシャリッチやDFブラダリッチ、MFヴラシッチなど、この3年で台頭した若手が融合しており、予選でチーム最多の4ゴールを記録したFWペトコビッチは、マンジュキッチに代わるエース名乗りを挙げている。

    ◆予選は苦しむも躍進の可能性?~スコットランド

    最高順位/グループステージ敗退
    予選戦績/5勝5敗(グループI・3位)
    監督/スティーブクラーク
    注目選手/MFジョン・マッギン(アストン・ビラ)

    スコットランドは6大会ぶり3度目の出場となる。ただ、その1996年大会もグループリーグ敗退となっており、歴史上決勝トーナメントに進んだことはない。今回の予選でもやはり苦戦を強いられており、ベルギーロシアが同居したグループIで3位となったが、UEFAネーションズリーグ2018-19の成績からプレーオフに進出。そのイスラエル戦ととセルビア戦はいずれもPKによる辛々の勝利だったが、見事に本戦出場の切符を勝ち取った。

    ここまでは今回もグループステージ突破は厳しそうだが、メンバーは意外にも粒揃い。リバプールで不動の左サイドバックに君臨するDFロバートソンをはじめ、マンチェスター・ユナイテッドで主力を張るMFマクトミネイ、今季のサウサンプトンMVP級の活躍を見せたMFアームストロングなど、プレミアリーグの猛者が集う。

    その中で注目選手に挙げるのは、予選でチーム最多の7ゴールを記録したMFジョン・マッギンだ。中盤を縦横無尽に走り回る運動量を武器に攻守で存在感を放つボックス・トゥ・ボックスの選手で、今季のアストン・ビラではリーグ戦37試合に出場3ゴール6アシストの成績を残した。同じポジションでは先に挙げたマクトミネイの他、チェルシー所属の有望株ギルモアなどタレントは十分に揃っており、中盤でいかに優位性を作れるかが突破の鍵となる。

    ◆ソーチェク擁する中盤に注目~チェコ

    最高順位/ベスト4
    予選戦績/5勝3敗(グループA・2位)
    監督/ヤロスラフ・シルハヴィ
    注目選手/MFトマシュ・ソーチェク(ウェストハム)

    グループではイングランドと並んで最多となる10度目の出場。チェコとしては1996年大会のベスト4が最高成績だが、チェコスロバキアとしては1976年に準優勝した経験を持つ。前述のように、予選ではイングランドを下すなどして2位通過。だが、最多得点がFWパトリック・シックの4点と、攻撃面に迫力が欠けるというのがチームの印象だ。

    予選以降の試合でも、FIFAランキングで同等以下のチームには勝てても、上位のチームになると沈黙することが多く、ドイツイタリアに力負けしてきた。また、懸念すべきはネーションズリーグスコットランドに2連敗していること。初戦でこの壁を越えて勢いをつけたところだ。

    注目選手は今季のウェストハムの躍進を支えたMFソーチェク。豊富な運動量とインテンシティで中盤を制圧し、プレミアリーグの台風の目となったハマーズの原動力に。同じクラブで活躍したDFコウファルにも刮目したい。また、国内リーグ3連覇中のスラヴィア・プラハから招集されたMFマソプストやMFセフチク、DFボリルら5人のコンビネーションも武器の一つだ。

    【試合日程】
    ◆第1節
    ▽6/13(日)
    《22:00》
    イングランド vs クロアチア
    ▽6/14(月)
    《22:00》
    スコットランド vs チェコ

    ◆第2節
    ▽6/19(土)
    《25:00》
    クロアチア vs チェコ
    《28:00》
    イングランド vs スコットランド

    ◆第3節
    ▽6/23(水)
    《28:00》
    クロアチア vs スコットランド
    チェコ vs イングランド



    UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
    開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
    >>詳しくはこちら
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ユーロ2020グループD イングランドとクロアチアだよなぁ】の続きを読む


    デンマーク代表MFエリクセンが昏倒… EURO試合中に騒然、病院へ搬送後に容体は安定

    …引いて詳しい状況は映さなくなり、エリクセンが倒れてから約20分後に試合は中断。両チームの選手はピッチを離れ、エリクセンも周囲を覆われた状態でピッチから運び出された。
    (出典:Football ZONE web)


    クリスティアン・ダンネマン・エリクセン(Christian Dannemann Eriksen, 1992年2月14日 - )は、デンマーク・南デンマーク地域メデルファード出身のサッカー選手。インテル・ミラノ所属。デンマーク代表。ポジションはミッドフィールダー。
    39キロバイト (3,322 語) - 2021年6月12日 (土) 18:47


    良かったよ、本当によかった。
    しかしもうデンマークは大会どころではないだろうな、大黒柱が離脱してはもう、、、

    【エリクセン とりあえず大丈夫のようだ】の続きを読む


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市出身のサッカー選手。プリメーラ・ディビシオン・ヘタフェCF所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー。スペインでの登録名はTAKE。 2004年3歳の時、サッカーを始める。2009年8月、パンフレットに「MVPに選出された
    55キロバイト (6,357 語) - 2021年6月12日 (土) 07:47




    (出典 data.smart-flash.jp)


    まさか勝つとは思ってなかったなあ、しかも4得点無失点とはな。
    ほぼ完璧な内容だったのではないかな

    1 首都圏の虎 ★ :2021/06/12(土) 16:23:39.60

    12日、国際親善試合U-24日本代表対ジャマイカ代表が行われた。

     5日のU-24ガーナ代表戦から1週間ぶりとなる今回の試合は、今月下旬に予定されている東京オリンピックのメンバー発表前のラストマッチ。オーバーエイジ(OA)のDF吉田麻也、DF酒井宏樹、MF遠藤航の3選手やMF堂安律、MF久保建英などといった選手が先発出場を果たした。

     最初のチャンスは11分、ジャマイカ代表の横パスをピッチ中央でカットしたMF三笘薫が得意のドリブルで相手ペナルティエリア内へ進入。スピードに乗った三笘は対峙した相手GKをかわそうとするが、そのGKに防がれてしまう。U-24日本代表はその直後、三笘のラストパスを受けたFW前田大然が相手ペナルティエリア中央から右足でシュートを放つが、相手DFのブロックに遭う。

     19分にもDF旗手怜央から斜めのボールを受けた久保が、敵陣ペナルティエリア左から左足でミドルシュート。ニアサイドに鋭く放たれたボールは、ゴール左のポストを叩き得点には至らない。22分にはCKの流れから遠藤がミドルシュートを放つも、相手GKのセーブに防がれる。29分にはMF田中碧からのパスを敵陣ペナルティエリア中央で受けた堂安が、ワントラップから左足でシュートを放つも、これも相手GKのセーブに防がれる。

     なかなか点を奪えない展開となるが、飲水タイムの直後にU-24日本代表が先制点を決める。32分、酒井からのスローインを相手DFラインの裏で受けた久保が敵陣ペナルティエリア右から細かいタッチのドリブルで中央へ進入すると、左足を振り抜きシュートを放つ。ボールは相手DFとGKの股を抜け、ゴールネットを揺らした。久保の2試合連続となるゴールでU-24日本代表がリードを奪う。

     このまま前半が終了するかと思われた42分、U-24日本代表は敵陣ペナルティエリア付近でボールを保持すると、最後は遠藤がゴール左から右足でコントロールシュート。カーブのかかったボールは美しい弧を描き、ゴール左へと吸い込まれた。スコアは2-0となり、前半は終了となる。

     迎えた後半、途中出場のFW上田綺世がシュートチャンスを迎える。51分、遠藤とのパス交換で敵陣ペナルティエリア右へと抜け出した上田が、右足でニアサイドへシュート。しかしボールは右ポストに阻まれ、ゴールには至らない。

     それでも57分、自陣からの縦パスを受けた三笘が前を向き相手DFを剥がすドリブルを見せると、前線で動き出した上田へピッチ中央から絶妙なスルーパス。上田は対峙した相手GKの位置を見極めると、柔らかなループシュートでゴールネットを揺らした。U-24日本代表のリードは3点となる。

     攻撃の手を緩めないU-24日本代表は、64分にも追加点を記録する。久保のパスで抜け出した途中出場のMF相馬勇紀が、敵陣ペナルティエリアへ進入すると相手GKをもかわす。ボールは角度のないへと流れてしまうが、相馬が中央へパスを送ると待っていた堂安がゴールへ流し込んだ。堂安の2試合連続ゴールでスコアは4-0。

     その後スコアは動くことなく、結局そのまま試合終了のホイッスルを迎えた。4-0で勝利したU-24日本代表は、東京オリンピックのメンバー発表前ラストマッチを勝利で飾っている。

    【スコア】
    U-24日本代表 4-0 ジャマイカ

    【得点者】
    1-0 32分 久保建英(U-24日本代表)
    2-0 42分 遠藤航(U-24日本代表)
    3-0 57分 上田綺世(U-24日本代表)
    4-0 64分 堂安律(U-24日本代表)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/474e2c5b1b9ccc14cda7e537cab59ad646ada11e

    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1623479110/


    【ジャマイカに4得点! 久保くんすげ】の続きを読む

    このページのトップヘ