トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:海外サッカー > ブンデスリーガ


    ある条件で移籍できるサンチョ、「ドルトですごくハッピー」


    ボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund、ドイツ語発音: [boˈʁʊsi̯aː ˈdɔɐ̯tmʊnt]、正式名称: Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)は、ノルトライン=ヴェストファーレン州ドルトムントを本拠地とするドイツのサッカークラブ。ドルトムント(独:
    49キロバイト (4,926 語) - 2021年4月24日 (土) 14:05


    ドルトムントはとにかくハーランドの移籍問題、ロイスさんの後釜を見つけて欲しいことかなぁ。サンチョは多分移籍するかな

    ドルトムントイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)が将来を濁しつつ、クラブ愛を強調した。イギリス『talkSPORT』が報じている。

    2017年夏からドルトムントに加わり、そこでの活躍を受けて代表にまで上り詰めたサンチョマンチェスター・ユナイテッド行きが根強く取り沙汰された昨夏、最終的にドルトムントの高額要求がネックとなり、移籍が実現しなかった。

    しかしながら、今季も主力として、ここまで公式戦35試合に出場して14得点18アシストの数字をマーク。飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍を続けるノルウェー代表FWアーリング・ハーランドとともに、今夏の動向にも大きな注目が集まっている。

    そうしたなか、ドルトムントスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が先日、「ジェイドンとは昨年の段階で紳士協定を結び、ある一定の条件で移籍できることになっている」と紳士協定の存在を明らかにした。

    ツォルクSDの発言で去就がさらに注目されるなか、8日に行われたブンデスリーガ第32節のRBライプツィヒ戦で2ゴールの活躍を披露して3-2の勝利に導き、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位浮上に貢献した試合後、将来に言及した。

    ドルトムントを去る可能性を問われると、「自分の将来についてはわからないね」と肯定も否定もしなかったサンチョだが、クラブに対する愛情も口にした。

    「僕は今、ドルトムントですごくハッピーだ。クラブも、ファンも、チームも大好きなんだ。彼らは僕にプロとしての第一歩をスタートさせる機会を与えてくれた」

    なお、ドルトムントは昨夏に移籍金として1億800万ポンド(約163億8000万円)を要求。しかし、今夏は8000万ポンド(約121億3000万円)まで減額しているといわれる。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ある条件で移籍できるサンチョ、「ドルトですごくハッピー」】の続きを読む


    大記録間近のレヴァンドフスキをバイエルンOBが称賛「確実に歴史に残る」 | ニコニコニュース


    a=20191027-43473206-gekisaka-socc]-ゲキサカ ^ “レヴァンドフスキが51年ぶりにブンデス記録更新!開幕11試合で16ゴール…全公式戦で無得点は2試合のみ”. Goal.com. 2020年8月16日閲覧。 ^ 好調レバンドフスキ、CL史上最速の14分31秒で4ゴール! 開幕から5戦連続弾に-Football
    37キロバイト (3,158 語) - 2021年5月9日 (日) 01:21


    バイエルンもリーグ優勝決定したことだし、バイエルン一強は継続とな。めでたし、めでたし

     バイエルンカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを称賛した。クラブ公式サイトが8日にコメントを伝えている。

     ブンデスリーガ第32節が8日に行われ、バイエルンはボルシアMGと対戦。2位ライプツィヒが敗北していたため、試合前に既にブンデスリーガ9連覇が決定していた。開始2分にレヴァンドフスキが先制ゴールを挙げると、34分と66分に追加点を挙げてハットトリックを達成し、チームは6-0と大勝した。

     3ゴールを挙げたレヴァンドフスキは今シーズンブンデスリーガでここまで39ゴールを記録。シーズン最多得点は、ゲルト・ミュラー氏の40ゴール(1971-1972シーズン)となっている。レヴァンドフスキは残りの2試合で1ゴールを決めることができれば、ミュラー氏の記録に並ぶことになる。

     かつてバイエルンプレーしていたルンメニゲ氏は、レヴァンドフスキについて「彼は確実にバイエルンの歴史に残る」と述べ、次のように称賛した。

    「私は驚いているよ。レヴァンドフスキは今日3ゴールを決めたことで、今シーズン39ゴール目になった。かつてゲルト・ミュラー氏が40ゴールを挙げたとき、私はまだバイエルンに加入していなかった。私はそれが永遠に残る記録だと信じていたよ」

    今シーズン39ゴールを挙げるレヴァンドフスキ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大記録間近のレヴァンドフスキをバイエルンOBが称賛「確実に歴史に残る」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    フランクフルト、レアルB率いるラウール氏が新監督候補に


    ラウル・ゴンサレス・ブランコ(Raúl González Blanco、1977年6月27日 - )は、スペイン・マドリード州マドリード出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード。元スペイン代表。ラウールと表記されることもある。現在はレアル・マドリード・カスティージャ監督。
    64キロバイト (6,028 語) - 2021年4月7日 (水) 09:02


    これはなかなか楽しみな候補やなぁ。ラウールさんがトップチームで指揮するところ見てたいのう。まぁ、ないか

     MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトは、レアル・マドリード・カスティージャ(Bチーム)を率いる元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏を新監督の候補に挙げているようだ。7日、ドイツメディアスカイスポーツ』が報じた。

     現在フランクフルトを率いるアディ・ヒュッター監督は、来季からボルシアMGの新監督に就任することが決定している。後任を探すフランクフルトラウール氏の招へいに関心を示しており、ここ数日で最初の“接触”があったと『スカイスポーツ』は伝えている。特に、フランクフルトでプロサッカー部門のディレクターを務めるベン・マンガ氏はレアル・マドリードと強いつながりを持っており、そのことが今回の動きを後押ししている模様だ。

     なお、『スカイスポーツ』によると、フランクフルトラウール氏のほかにも複数名を新監督候補にピックアップヴォルフスブルクを率いるオリヴァー・グラスナー監督やPSVを率いるロジャーシュミット監督の名前が挙げられている。

     現在43歳のラウール氏は、1992年レアル・マドリードの下部組織に入団し、2010年夏まで同クラブに所属。公式戦通算741試合の出場で324ゴールを記録し、6度のリーガ・エスパニョーラ優勝や3度のチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。2010年夏から2012年夏にかけてはシャルケに所属し、元日本代表DF内田篤人氏ともチームメイトだった。

     現役引退後、2018年夏からレアル・マドリードの下部組織で指導者キャリアをスタート2019年夏からカスティージャを率い、現在はヘタフェに期限付き移籍しているMF久保建英の指導も行った。

    フランクフルト(左)の新監督候補にラウール氏(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【フランクフルト、レアルB率いるラウール氏が新監督候補に】の続きを読む


    ブンデス第32節 バイエルン9連覇決定へ


    FCバイエルン・ミュンヘン(Fußball-Club Bayern München e. V.)は、ドイツのバイエルン州・ミュンヘンを本拠地とする総合スポーツクラブ。サッカー部門はドイツサッカーリーグ機構(ブンデスリーガ)に加盟する世界有数の人気と経済規模を有するクラブでもある。また、クラブ会員数
    88キロバイト (7,655 語) - 2021年4月25日 (日) 15:11


    ヘルタのゲンドゥジが怪我してたなぁ。あのままアーセナル戻るんやろうかぁ。バイエルンはとりあえず連覇やろう

    先週はDFBポカール準決勝開催のため、小休止となっていたブンデスリーガ。残り3試合となった中、前節に続きバイエルンは勝利すれば9連覇が決まる。

    リック監督の退任が発表されたバイエルンは前節、マインツに不覚を取ってまさかの完敗。優勝はお預けとなった。迎える第32節、7位ボルシアMG(勝ち点46)とのホーム戦に勝利すれば文句なしでの優勝となるが、ヨーロッパリーグ出場権を争っている相手に対して勝利をもぎ取ることができるか。なお、2位ライプツィヒが勝利を逃した場合でもバイエルンの9連覇が決まる状況だ。

    そのライプツィヒ(勝ち点64)はチャンピオンズリーグ出場権を争う5位ドルトムント(勝ち点55)とのアウェイ戦に臨む。ナーゲルスマン監督の来季バイエルン指揮官就任が決定したライプツィヒ。DFBポカール決勝進出を果たした中、決勝で戦うドルトムント相手に勝利し、今節でのバイエルン優勝を阻止できるか。

    対するドルトムントは前節、ヴォルフスブルクとの上位争いを制して4連勝とし、一時は絶望的と思われたCL出場権獲得が見えてきた。FWハーランドとMFレイナが負傷欠場の見込みだが、4位フランクフルトとのポイント差を1に詰めた中、一気にまくることはできるか。

    ドルトムントの追い上げに遭っているフランクフルト(勝ち点56)は、12位マインツ(勝ち点35)とのホーム戦に臨む。フランクフルトは前節、MF鎌田とMF長谷部が揃って先発したものの、後半半ばから終盤にかけての3失点でレバークーゼンに敗戦。初のCL出場へ試練を迎えているが、前節バイエルンを撃破するなど8戦無敗中の好調マインツを下せるか。

    そのフランクフルトを1ポイント上回って3位に位置するヴォルフスブルク(勝ち点57)は、8位ウニオン・ベルリン(勝ち点46)とのホーム戦に臨む。前節ドルトムント戦ではFWハーランドのドッペルパックに沈んだヴォルフスブルク。数的優位を生かせなかった中、EL出場権を争うウニオンを下して3位をキープできるか。完全移籍が発表されたMF遠藤渓太の活躍にも期待したい。

    日本人選手ではMF堂安とMF奥川の15位ビーレフェルト(勝ち点30)が17位ヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨む残留争いも注目だ。ビーレフェルトは前節、ボルシアMG相手に成す術なく0-5の惨敗を喫した。6戦ぶりの敗戦を喫した中、2週間の休養を生かしてうまく切り替えることはできるか。

    ビーレフェルトと勝ち点で並ぶFW大迫の14位ブレーメン(勝ち点30)は、6位レバークーゼン(勝ち点50)とのホーム戦に臨む。先週行われたDFBポカール準決勝ではライプツィヒ相手に延長戦までもつれ込む激闘を演じたブレーメン。気持ちの入った好試合を見せた中で惜しくも敗れたが、残留に向けた重要な試合を制すことはできるか。今季リーグ戦ノーゴールの大迫には得点を期待したい。

    ケガ人続出で4連敗となった10位シュツットガルト(勝ち点39)は、13位アウグスブルク(勝ち点33)とのホーム戦に臨むが、MF遠藤航チームの窮地を救えるか。

    ブンデスリーガ第32節
    ▽5/7(金)
    《27:30
    ヘルタ・ベルリンvsビーレフェルト

    ▽5/8(土)
    《22:30》
    ホッフェンハイムvsシャルケ
    ヴォルフスブルクvsウニオン・ベルリン
    ブレーメンvsレバークーゼン
    ドルトムントvsライプツィヒ
    《25:30》
    バイエルンvsボルシアMG

    ▽5/9(日)
    《20:30》
    ケルンvsフライブルク
    《22:30》
    フランクフルトvsマインツ
    《25:00》
    シュツットガルトvsアウグスブルク

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ブンデス第32節 バイエルン9連覇決定へ】の続きを読む


    ワイナルドゥム代理人「興味があれば遠慮なく相談して欲しい」 |


    ジョルジニオ・グレギオン・エミール・ワイナルドゥム(Georginio Gregion Emile Wijnaldum、 1990年11月11日 - )は、オランダ・ロッテルダム出身のサッカー選手。ポジションはMF。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。オランダ代表。
    31キロバイト (2,930 語) - 2021年4月19日 (月) 12:10


    バイエルンかぁ、ええやん。今のリバプールは正直来季がわからないから、バイエルンに移籍しちゃえ

    退団が噂されるリバプールオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(30)だが、代理人のハンフリー・ナイマン氏はバイエルン移籍を歓迎しているようだ。

    現行契約が今季限りとなっているワイナルドゥムに関しては、しばらく移籍の噂が付き纏っている。リバプールも契約延長に動いているようだが、経済的に苦しいクラブと選手側との交渉は平行線を辿り、ここまで進展は見られていない。

    その中で移籍先として有力候補に上がっているのがバルセロナだ。オランダ代表でワイナルドゥムと師弟関係にあったロナルド・クーマン監督が獲得を熱望しているようで、3月にはイギリスタイムズ』が個人間合意に達したと報じていた。

    しかし、最近ドイツSport1』のポッドキャスト『Meine Bayern Woche』に出演したハンフリー・ナイマン氏が「バイエルン素晴らしいクラブだ。彼に興味があれば、遠慮なく相談して欲しい」と、ヒントとなるコメントを残した。

    そのバイエルンでは、今夏にMFハビ・マルティネスの退団が決定しているうえ、MFコランタン・トリソの移籍も噂されている。一度にセントラルMFの選手を2人も失う可能性がある中で、フリーで獲得できるワイナルドゥムは条件の良い選択肢と言えるが、果たして。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ワイナルドゥム代理人「興味があれば遠慮なく相談して欲しい」 |】の続きを読む

    このページのトップヘ