トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:海外サッカー > ブンデスリーガ


    サンチョ値引き マンUチャンス!


    ボルシア・ドルトムント(独: Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund, バルシュピールフェアアイン・ボルシア・ヌル・ノイン・エー・ファウ・ドルトムント)は、ノルトライン=ヴェストファーレン州・ドルトムントを本拠地とするドイツのサッカークラブ。ドルトムント(独:
    50キロバイト (4,963 語) - 2021年1月13日 (水) 02:37



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    サンチョさん今季はあんまだけどまだ若いし実績はあるからただドルトムントからマンチェスターユナイテッド行って活躍するていうイメージがわかない

    ジェイドン・サンチョ 写真提供: Gettyimages

     ボルシア・ドルトムントイングランド代表FWジェイドン・サンチョの移籍金の設定額を減額することを検討しているようだ。3日、独紙『Sportbild』が報じている。

     サンチョの獲得に対してはこれまでマンチェスター・ユナイテッドが興味を示してきた。しかし、ユナイテッドの提示した移籍金は9300万ポンド(約133億円)とみられており、ドルトムントが設定している1億800万ポンド(約154億円)にはとどかず、最終的に合意には至らなかった。

     そのためユナイテッドプランBとして冬の移籍市場でアタランタからイングランド人FWアマド・ディアロを獲得。サンチョ獲得の交渉からは完全に撤退したとも報じられている。しかし、ドルトムントサンチョの売却を再び検討しているようだ。

     同メディアによると、ドルトムント新型コロナウイルスの影響により6600万ポンド(約94億4000万円)の損失を受けている模様。そのためサンチョの売却を検討しており、同選手の設定額を8800万ポンド(約126億円)まで値下げする可能性があるようだ。

     同紙はこの減額により複数クラブサンチョの獲得に興味を示すことになるとしつつ、昨夏の移籍市場で合意へと近づいていたユナイテッドが交渉の場に戻れば間違いなくポールポジションに位置することになるだろうとしている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【サンチョ値引き マンUチャンス!】の続きを読む


    バイエルン会長、アラバはレアルなん?


    FCバイエルンミュンヘン(Fußball-Club Bayern München e. V.)は、ドイツのバイエルン州・ミュンヘンを本拠地とする総合スポーツクラブ。通称はバイエルンミュンヘン(Bayern München、Bayern Munich、FC
    86キロバイト (7,626 語) - 2021年2月1日 (月) 21:24



    (出典 img.fcbayern.com)


    まだわからんのか?個人合意したならクラブにも話入ってるはずやろもうでていくことは決まってるんやから、かくさんでもあえやろ

    ダビド・アラバ 写真提供: Gettyimages

     バイエルン・ミュンヘンカール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)はオーストリア代表DFダビド・アラバの去就について言及しているようだ。1日、イギリスメディアスカイスポーツ』が報じている。

     ダビド・アラバは2011年夏にホッフェンハイムからバイエルンに加入すると、これまで9度のブンデスリーガ制覇、6度にわたるDFBポカール優勝、2度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献。今季もここまで公式戦23試合で先発メンバーに名を連ねている。一方、同選手とバイエルンの現行契約は今夏に満了を迎えるため両者は昨秋まで契約延長にむけた交渉を行っていたが、選手サイドクラブ側のオファーを拒否したことにより、今季終了後にフリーで退団することがほぼ確実になっている。

     また、今年1月にはレアル・マドリードが年俸1100万ユーロ(約13億8000万円)による4年契約でオファーを提示し、選手サイドがこれを受け入れたことにより個人合意に達したという報道が飛び交っていた。

     その中、ルンメニゲCEOはアラバについて質問を受けると「今シーズン終了後に99.99%の確率でアラバはクラブを去る。1月2日からダビドは自分の望んでいるクラブサインを交わすことが可能だ。レアル・マドリードと合意したかどうか私には分からない。ただ、レアル・マドリードは偉大なクラブであり、そのようなクラブの一員になることに対して彼が関心を寄せることが私には理解できる」と語っており、改めて退団が既定路線であることを強調した。

     なお、レアル・マドリードはここ数シーズンにわたりチームを支えてきたスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが今夏に退団する可能性が取りざたされている。欧州主要リーグにおける今冬のマーケットは2月1日をもって閉鎖したが、今夏にはビッグネームによるフリー移籍が実現しそうだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バイエルン会長、アラバはレアルなん?】の続きを読む


    長谷部 (はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 - )は、日本のプロサッカー選手。静岡県藤枝市出身。ポジションは、MF、DF。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。元日本代表。著名な親族としては妻・佐藤ありさ(モデル・タレント等)がいる。
    58キロバイト (6,452 語) - 2021年1月2日 (土) 10:40



    (出典 spread-sports.jp)


    やったね、これで来季もドイツでプレイする姿が見れそうにしてもほんと凄いな、キャプテンもあり得そう

    1 愛の戦士 ★ :2021/02/02(火) 19:29:43.81 ID:CAP_USER9.net

    フットボールチャンネル編集部

    ドイツ1部のフランクフルトに所属する長谷部誠は、クラブとの契約をもう1年延長することが決まったとみられいてる。独紙『ビルト』が報じたとしてドイツ複数メディアが伝えた。

     昨年5月に延長された長谷部とフランクフルトとの契約は今季末までの1年間。引退後のアンバサダー就任が同時に決定されたこともあり、今季が現役ラストシーズンになる可能性が高いとも予想された。


     アディ・ヒュッター監督が今季限りでの引退の見通しに言及したこともあったが、長谷部自身は引退決断を否定。1月で37歳となった今季も主力として活躍を続けていることもあり、ドイツメディアでは契約を延長すべきだという声も上がっていた。

     新たな報道によれば、フランクフルトと長谷部の間では契約をもう1年延長することが決まったという。だが正式なサインを急ぐことはなく、春頃までに完了させる見込みであるとも伝えられている。

     長谷部は今季ブンデスリーガでも19試合中15試合に先発出場。11月から12月にかけて4試合を欠場したが、その後は再び8試合連続でスタメンに名を連ねている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210202-00408821-footballc-socc

    (出典 i.imgur.com)


    【【朗報】長谷部さん契約延長やー】の続きを読む


    ケディラがまさかのドイツ


    サミ・ケディラ(Sami Khedira, 1987年4月4日 - )は、西ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルト出身のサッカー選手。ブンデスリーガ、ヘルタ・ベルリン所属。ドイツ代表。ポジションはミッドフィールダー。 実弟には、FCアウクスブルク所属の ラニ・ケディラがいる。
    15キロバイト (1,241 語) - 2021年2月1日 (月) 21:59



    (出典 www.theworldmagazine.jp)


    エバートン行くんやなかったのか?いきなりヘルタベルリンて困惑するわ

     ヘルタ・ベルリン2月1日ユヴェントスからドイツ代表MFサミ・ケディラを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

     契約年数などの詳細は明かされていないが、背番号は「28」に決定。ベルリン地元紙『BERLINER KURIER』によると、今夏までの半年契約で、給料は約200万ユーロ(約2億5000万円)。ユヴェントスとの契約はあと半年残っていたものの、フリー移籍で決着したという。

     約10年半ぶりのドイツ復帰を果たしたケディラは、「ヘルタは手を尽くして僕を助けてくれたし、ブンデスリーガ復帰の機会を与えてくれた。感謝しているし、ヘルタの青白のユニフォームを着てピッチに立つ瞬間が待ちきれないよ」と喜びを語った。
     
     現在33歳のケディラは地元のシュトゥットガルトの下部組織出身で、2006年10月1日に敵地のヘルタ・ベルリン戦でデビューを飾ると、2006-07シーズンブンデスリーガ22試合に出場して優勝に貢献。2010年夏にはレアル・マドリードに移籍し、公式戦161試合に出場して11-12シーズンリーガ・エスパニョーラ優勝や13-14シーズンチャンピオンズリーグ制覇を経験した。

     2015年夏にユヴェントスへと移籍し、公式戦145試合に出場。5度のセリエA優勝などに貢献した。しかし、ここ2、3シーズンは度重なるケガの影響もあって出場機会は激減。アンドレア・ピルロ監督が就任した今シーズンは構想外となり、メンバー外が続いていた。そのため、以前から退団の噂が絶えず、エヴァートンなどプレミアリーグへの移籍が報じられていた。

     現在ブンデスリーガ15位に沈むヘルタ・ベルリンは次節、5日にホームで首位のバイエルンと対戦。その翌節には13日にケディラの古巣であるシュトゥットガルトとのアウェイゲームに臨む。

    ヘルタ・ベルリン移籍が決まったケディラ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ケディラがまさかのドイツ】の続きを読む

    このページのトップヘ