トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:海外サッカー > ブンデスリーガ


    FCバイエルン・ミュンヘン(Fußball-Club Bayern München e. V.)は、ドイツのバイエルン州・ミュンヘンを本拠地とする総合スポーツクラブ。サッカー部門はドイツサッカーリーグ機構(ブンデスリーガ)に加盟する世界有数の人気と経済規模を有するクラブでもある。また、クラブ会員数
    88キロバイト (7,725 語) - 2021年9月16日 (木) 20:12




    (出典 img.fcbayern.com)


    これなぁ、いろいろと弊害がありそう、てか単純に外れそう。
    難しいやろな

    1 Egg ★ :2021/09/19(日) 13:06:10.74

    海外サッカーのドイツ1部ブンデスリーガ、名門バイエルン・ミュンヘンの監督が、NFLを参考にしたテクノロジー導入を求める持論を明かし、話題を呼んでいる。英紙「デイリー・スター」が報じている。

    「ユリアン・ナーゲルスマンが主将は監督と話すためにNFLのテクノロジーを使うべきだと提案」。こう報じた記事によると、バイエルンのナーゲルスマン監督について「(サッカーを)前進させる更なるテクノロジーの変化を求めている」と紹介した。

    「ブンデスリーガは伝統とサッカーの核となる価値に執着することで知られているが、若いバイエルンのボスは、アメリカンフットボールはテクノロジーの面でより進んでおり、NFLをインスピレーションとして使うべきだと考えている」

     NFLではヘッドコーチが司令塔のクォーターバック(QB)と無線機器で直接コミュニケーションを取り、戦術の指示を出している。記事では「ナーゲルスマンは似たようなものがサッカーにも必要だと主張。主将が監督とコミュニケーションをとれるような形を提案しているようだ」と報じた。

     ナーゲルスマン監督は「アメリカンフットボールはテクノロジーの面でサッカーのはるか上を行っている。QBにはコーチの指示を聞くためのイヤホンがある。我々にも絶対に必要だ。サッカーは伝統の陰に隠れるのをやめ、革命を起こさなければいけない」と語ったという。

    ファンは否定派圧倒

    「全力で反対。伝統的にやることに大きな情熱がある」
     記事では「90分間速く流れるサッカーの試合でどのように機能するのか分からないが、興味深いものにはなるだろう」と分析。しかし、サッカーファンの反応は冷ややかなようだ。

     米メディア「ブリーチャー・リポート」サッカー専門ツイッターは「ナーゲルスマンはNFLをお手本にすることを望んでいる」とし、ナーゲルスマン監督の主張を紹介しているが、コメント欄は否定派が圧倒した。

    「両方のスポーツ好きだけどこれはうまくいかないよ」「全力で反対。伝統的にやることに大きな情熱がある」「ナンセンスだ」「両方好きだけど、これは*げてる」「NFLはプレーごとに時間があるスポーツ。サッカーは連続的なスポーツ。コーチと話す時間はない」「やめてくれ!」

     一部には「伝統を壊されたくないのは分かるけど、少なくともマイクを付けてみると面白いかもね」との声もあったが、これまでもさまざまなテクノロジー導入に積極的だった34歳の革新派監督のアイデアは、現状ファンに受け入れられていないようだ。

    ゲキサカ 9/19(日) 8:13
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fc9d833013e43129f9c127605fcdd1a4e4bd7e54

    写真

    (出典 the-ans.jp)



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l


    【ナーゲルスマン 『サッカーも選手と監督はイヤホンつけよ』】の続きを読む


    ブンデスリーガ(バンデスリーガ、ドイツ語: Fußball-Bundesliga)は、ドイツのプロサッカーリーグである。1部、2部それぞれ18クラブ、3部20クラブの合計56クラブが所属している。 1部と2部はドイツサッカーリーグ(英語版) (DFL) が運営しており、3部はドイツサッカー連盟 (DFB)
    43キロバイト (2,074 語) - 2021年8月14日 (土) 17:32



    (出典 img-footballchannel.com)


    1発目思いっきり防がれたけど、弾いたところが運良かったわぁ。
    決めたもんは決めたからまあ良かったけと

    1 Egg ★ :2021/09/13(月) 12:09:18.90 ID:CAP_USER9.net

    動画
    https://www.footballchannel.jp/2021/09/13/post437904/2/

    ブンデスリーガ第4節、ボルシア・メンヒェングラートバッハ対ビーレフェルトが現地時間12日に行われ、3-1でボルシアMGが勝利を収めた。ビーレフェルトの奥川雅也はこの試合に先発し、一時は同点となる貴重なゴールを決めている。

    【動画】絶妙すぎる奥川雅也のゴールがこれだ!

     先制したのはボルシアMG。キャプテンのラース・シュティンドルがミドルレンジから右足を振り抜くと、相手のかかとに当たってコースが変わったボールがゴールネットに吸い込まれる。しかし、1-0で前半が終わりそうなタイミングで、ビーレフェルトが試合を振り出しに戻した。


     中盤でインターセプトしたマヌエル・プリートルが前線へパスを送る。DFラインの裏に抜け出した奥川はGKとの1対1となったが、左足のシュートはGKヤン・ゾマーに防がれてしまう。しかし、こぼれ球を奥川がGKの頭上に浮かせてゴールを決めた。

     一旦は副審がオフサイドフラッグを上げたが、VARによりオンサイドが確認された。奥川はDF間に生まれたスペースを見逃さず、オフサイドラインぎりぎりのところから動き出している。一度はGKに防がれたが、そこで諦めずにこぼれたボールに反応した。奥川のゴールへの意識と集中力が生んだゴールとも言えるだろう。

     開幕から3試合連続引き分けのビーレフェルトは1-1で前半を終えたが、後半に2失点を喫して今季初黒星という結果に終わった。今季初ゴールを決めた奥川は77分までプレーしたが、データサイト『WhoScored』によると、放ったシュートはゴールシーンの2つだけだった。奥川は開幕から4試合すべてに先発しているが、ビーレフェルトが浮上するためには、さらなる活躍が求められる。

    写真 
    (出典 img-footballchannel.com)


    フットボールチャンネル
    https://www.footballchannel.jp/2021/09/13/post437904/


    【奥川さん点決めたど〜】の続きを読む


    キミッヒ 監督変わりすぎ問題に言及


    FCバイエルン・ミュンヘン(Fußball-Club Bayern München e. V.)は、ドイツのバイエルン州・ミュンヘンを本拠地とする総合スポーツクラブ。サッカー部門はドイツサッカーリーグ機構(ブンデスリーガ)に加盟する世界有数の人気と経済規模を有するクラブでもある。また、クラブ会員数
    88キロバイト (7,660 語) - 2021年5月28日 (金) 19:31


    まぁ確かにな。リーグ連覇は継続しているけど、もはやそれだけではいけないんだろうな。フリックとかは別だけど

    シーズンからユリアン・ナーゲルスマン監督を新指揮官として招聘することになったバイエルン・ミュンヘン

    ヨシュア・キミッヒは長期政権を築いてほしいと願っているようだ。『SPOX』によれば、こんな話をしていたそう。

    ヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘンMF)

    バイエルンでの新監督を楽しみにしているよ。新しいものを学べるからね。

    ただ、バイエルンでの6年では多くの監督を経験した。それがバイエルンの目標ではないはずだ。

    新たな監督との契約はもう少し長期的なものになることを願う。自分の成長に向けてさらなるステップになるためにね。

    僕はまだ自分のポテンシャルを使い切ってはいない。まだまだやれることはたくさんあるよ」

    2015年バイエルンに加入したキミッヒ。これまでの6年でジョゼップ・グアルディオラカルロアンチロッティ、ウィリ・サニョル(1試合のみの暫定監督)、ユップ・ハインケス、ニコ・コヴァチ、ハンジ・フリックから指導を受けた。

    【動画】キミッヒが大好きすぎるペップの近すぎる熱血指導シーン

    数年で監督の首をすげ替えるのではなく、長期的なチーム作りをして欲しいと考えているようだ。

    バイエルン監督変わりすぎ問題…キミッヒがちくりと刺す


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【キミッヒ 監督変わりすぎ問題に言及】の続きを読む


    2020-21ブンデスベストイレブンに鎌田さんと遠藤さんが

    サッカー・ブンデスリーガ(ドイツ)(ドイツ語: Fußball-Bundesliga フースバル・ブンデスリーガ、サッカー連邦リーグ)は、ドイツのプロサッカーリーグである。1部、2部それぞれ18クラブ、3部20クラブの合計56クラブが所属している。観客動員数では世界第1位のプロサッカーリーグである。
    43キロバイト (2,063 語) - 2021年5月22日 (土) 16:45


    これは凄い、中盤のベストに日本人が2人いるのは凄いわぁ。遠藤さんは選ばれると思ってたけど、鎌田さんも選ばれて良かったわ

    2020-21シーズンブンデスリーガ5月22日に終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

    ベストイレブン
    GK:グラーチ
    DF:バク、ウパメカノ、アラバ、コスティッチ
    MF:鎌田、遠藤航ミュラー
    FWアンドレシウバレヴァンドフスキ、ハーランド

    GKペーテル・グラーチ(31歳/ライプツィヒ)



    Getty Images

    出場試合数:33(先発回数:33)/失点数:30/出場時間:2970分
    リーグ最少失点に抑えたライプツィヒの守護神を選出。最終節を除いてフルタイム出場を果たしたハンガリー代表守護神は、確実性が売りで年々安定感を増している。ミスの少なさからバックラインに安心感を持たせている。

    DFリドル・バク(23歳/ヴォルフスブルク)


    Getty Images

    出場試合数:34(先発回数:33)/ 得点数:6/出場時間:2869分
    マインツから加入したバクがヴォルフスブルクチーム力を押し上げた。サイドバックが本職ではあるものの、主に右サイドハーフでのプレーが多かったバクは、攻撃面で十分なアクセントを付ける役割を担った。ユーロメンバーからは漏れたものの、11月にはドイツ代表初招集も受け、今後の活躍が期待される。

    DFダヨ・ウパメカノ(22歳/ライプツィヒ)


    Getty Images

    出場試合数:29(先発回数:27)/得点数:1/出場時間:2331分
    そのポテシャンルは留まることを知らない。今季は3バックの中央を任されることが多かったが、ディフェンスラインを統率しつつ、フィード面でも器用にこなすなど攻守に活躍した。圧倒的なフィジカルを武器に相手FWを封じる様は風格すら感じる。来季は恩師のナーゲルスマン監督と共にバイエルンに活躍の場を移す。

    DFダビド・アラバ(28歳/バイエルン)


    Getty Images

    出場試合数:32先発回数:30)/得点数:1/出場時間:2676分
    昨季完全に定着したセンターバックで今季も安定したプレーを続けた。本人は乗り気ではないセンターバックでのプレーのようだが、持ち前のスピードを武器に後方のスペースをケアできる強みを生かして守備を安定させた。バイエルンを退団し、新天地にはレアル・マドリーを選んだが、そのユーティリティさを武器に大きな存在感を示すはずだ。

    MFフィリップ・コスティッチ(28歳/フランクフルト)


    Getty Images

    出場試合数:30(先発回数:29)/得点数:4/出場時間:2536分
    フランクフルトの攻撃の要。左サイドから縦に仕掛けて送られるクロスは一級品で、幾度もアンドレシウバゴールアシストした。今季は計17アシストを記録し、鎌田と共にチャンスメークを担った。

    MF鎌田大地(24歳/フランクフルト)


    Getty Images

    出場試合数:32(先発回数:28)/得点数:5/出場時間:2372分
    フランクフルト復帰2シーズン目も大きな飛躍を遂げた。5ゴールに加え、記録したアシストの数は実に15。フランクフルト躍進の原動力となった。惜しくもクラブ史上初のCL出場は逃したが、リーグ屈指の攻撃的MFとして来季の活躍にも期待が高まる。

    MF遠藤航(28歳/シュツットガルト)


    Getty Images

    出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:3/出場時間:2957分
    鎌田と共に日本人という贔屓目がなくともベストイレブン選出に相応しいパフォーマンスを見せた。リーグにおけるデュエル勝率一位という偉業を達成し、日本人でもフィジカル面で対等以上に渡り合えることを証明した。最終節こそ出場停止で欠場したが、それ以外は先発とケガに強い点も大きな魅力だ。

    MFトーマス・ミュラー(31歳/バイエルン)


    Getty Images

    出場試合数:32(先発回数:31)/得点数:11/出場時間:2685分
    リック監督との相性はやはり抜群だったようだ。昨季に続き、圧巻のスタッツを残して見せた。11ゴール21アシストと桁外れの数字を残し、相棒のレヴァンドフスキゴールをお膳立てして見せた。レヴァンドフスキと共にバイエルン9連覇のキーマンとなった。

    FWアンドレシウバ(25歳/フランクフルト)


    Getty Images

    出場試合数:32(先発回数:32)/得点数:28/出場時間:2773分
    ミランでは結果を残せなかったポルトガル代表FWは中堅どころのフランクフルトで得点力を開花させた。コスティッチ、鎌田と優秀なチャンスメーカーを携え、彼らが生み出すチャンスを豊富な得点パターンを駆使してゴールを量産して見せた。

    FWロベルト・レヴァンドフスキ(32歳/バイエルン)


    Getty Images

    出場試合数:29(先発回数:28)/ 得点数:41/出場時間:2463分
    衰え知らずどころか進化を遂げている感すらある。相変わらずの不調知らずでコンスタントゴールを挙げ続ける、さながらマシーンのようだ。その活躍には感服せざるを得ない。

    FWアーリング・ハーランド(20歳ドルトムント)


    Getty Images

    出場試合数:28(先発回数:27)/得点数:27/出場時間:2410分
    この男のポテシャンルは計り知れない。昨季後半にドルトムントに加入して以降、得点を量産しているハーランドは、十分に警戒していても止められないレベルにある。フィジカルとテクニックがともににハイレベルゴール前での落ち着きも規格外。ストライカーに必要な全てを兼ね備える男は来季以降も観る者を魅了させてくれるはずだ。


    UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
    開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
    >>詳しくはこちら
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【2020-21ブンデスベストイレブンに鎌田さんと遠藤さんが】の続きを読む


    怪物ホーラン、筋肉増強中!ドルトムント移籍後の「体重増加量」がエグい | ニコニコニュース


    ボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund、ドイツ語発音: [boˈʁʊsi̯aː ˈdɔɐ̯tmʊnt]、正式名称: Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)は、ノルトライン=ヴェストファーレン州ドルトムントを本拠地とするドイツのサッカークラブ。ドルトムント(独:
    49キロバイト (4,928 語) - 2021年5月13日 (木) 20:47



    昨年1月にドルトムントに加入したノルウェー代表FWアーリン・ホーラン。ここまで59試合で57ゴールと凄まじい得点力を見せつけている。

    彼は194cmという巨体ながら圧巻のスピードも持つ。『TV2』によれば、ドルトムント加入後に体重を増やしたという。

    アーリン・ホーラン

    ドルトムントに来た時は86kgだった。今では94kgになろうとしているよ。

    計算は得意じゃないけれど、1年半で8キロ増えた。

    僕の全身を見てみれば、ものすごく変化したことが分かるはずさ。

    もはや完全に違う。“さらなる男”になったよ」

    まだ20歳だが、今では194cm94kgという破格の体躯になったとのこと。

    【動画】おそろしい!怪物ホーラン、PSGを震え上がらせた超人スピードシーン

    100キロ近い体重であのスピードとはおそるべし…。

    怪物ホーラン、筋肉増強中!ドルトムント移籍後の「体重増加量」がエグい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ハーランド ドルトムント移籍後の「体重増加量」がエグい】の続きを読む

    このページのトップヘ