トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:海外サッカー > リーガエスパニョーラ


    dəpuɾˈtiw məˈʎɔɾkə])は、スペイン・バレアレス諸島州パルマ・デ・マヨルカに本拠地を置くサッカークラブ。バレアレス諸島に本拠地を置くサッカークラブの中でもっとも歴史が古い。セグンダ・ディビシオンに所属。RCDマジョルカと表記されることもある。 その歴史はバレアレス諸島のサッカークラブで最も古く
    48キロバイト (2,116 語) - 2021年3月16日 (火) 18:05




    (出典 img-footballchannel.com)


    それはそれはなかなかやな、マジョルカさんも。
    せっかく戻ってきたのに、久保くんを獲るとはなぁ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/06(日) 13:47:39.08 ID:CAP_USER9.net

     スペイン1部レアル・マドリードから同1部ヘタフェにレンタルに出されていたU―24日本代表MF久保建英(20)にマジョルカが興味を示していると、同国メディア「デフェンサセントラル」が伝えている。

     今季の久保はビリャレアルとヘタフェに所属し、厳しいシーズンを過ごした。同メディアによると、Rマドリードに復帰するには「あと一歩」とし、すでに複数のクラブから来季に向けてオファーが届いている中、契約元となるRマドリードにマジョルカから久保について獲得の打診が届いているという。 

     久保は2019―20シーズンにマジョルカに所属し、35試合4得点5アシストをマークした。チームは同シーズンに2部へ降格したものの、わずか1年で再昇格を果たし、再び久保に白羽の矢を立てたとみられる。

     同メディアは「シーズンの計画はすでに始まっており、彼らは(来季に)1部に留まることができるようにトップチームを編成したいと考えている」と1部残留に向けて日本人MFを欲しているという。もちろん、マジョルカ以外にも欧州ビッグクラブが「この夏に日本人に何が起こるかを知りたがっている」とRマドリードとコンタクトを取っていると指摘した。

     同メディアは「クラブは久保の将来に疑いを持っていない」とも伝えているが、日本のスター選手は正念場となる3季目をどのクラブで迎えることになるのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/17b8108d1f346f42347f12317667e75f3217a8fb
    6/6(日) 12:56配信


    【マジョルカが久保獲得に前向きらしい】の続きを読む


    バルセロナがシティから3人目の補強?

    単にバルセロナ(Barcelona)、バルサ(Barça)としても知られる。スペインプロリーグ機構(ラ・リーガ)に所属する。 1899年に創立されたクラブであり、カンプ・ノウをホームスタジアムとしている。愛称は「バルサ(カタルーニャ語:
    97キロバイト (9,284 語) - 2021年6月2日 (水) 12:57


    いやぁ、流石に手放さないと思うけどなぁ。それともアケを本格的に育てるために出すのかな?出さないと思うけど

    バルセロナマンチェスター・シティスペイン代表DFアイメリク・ラポルテ(27)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『スポルト』が報じている。

    2018年冬にクラブ史上最高額となる5700万ポンド(当時約87億円)でアスレティック・ビルバオからシティに加入したラポルテ。昨シーズンはヒザに重傷を負って長期離脱し、今シーズンは新加入のポルトガル代表DFルベン・ディアスイングランド代表DFジョン・ストーンズがファーストチョイスとなったため、プレミアリーグ18試合の出場にとどまっていた。

    そのラポルテに対して、バルセロナはアスレティック・ビルバオに在籍した時から継続して視線を注いでいるという。そして、バルセロナは今夏にフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(26)を売却し、その後釜にラポルテの獲得を画策しているようだ。

    また、同紙によればシティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、バルセロナ時代の愛弟子であるスペイン代表DFセルジ・ロベルト(28)の獲得を熱望しているという噂もあり、そちらの交渉材料としてラポルテを要求する可能性があるという。

    なお、積極補強を行っているバルセロナは今夏、すでにシティからアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)、スペイン代表DFエリックガルシア(20)の2選手を獲得している。

    UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
    開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バルセロナがシティから3人目の補強?】の続きを読む


    バルサのターゲットはワイナルドゥム&デパイ?


    今夏シティと契約満了のミルナー、リバプール移籍が決定! ゲキサカ (2015/06/04) ^ リバプール、サウサンプトンSBクラインを獲得…今夏6人目の補強 ゲキサカ (2015/07/02) ^ リヴァプールがバーンリーFWイングスを獲得…今季は11ゴール記録 SOCCERKING (2015/06/08) ^ リバプール
    125キロバイト (12,637 語) - 2021年5月31日 (月) 10:05


    ワイナルドゥムはパリもいいオファー出してるからな。デパイはまあ獲れるだろうな。ワイナルドゥム優先かな

     忙しい夏を過ごすバルセロナの次なるターゲットは、ともにオランダ代表のMFジョルジニオ・ワイナルドゥムとFWメンフィス・デバイのようだ。5日、スペインメディア『スポルト』が伝えている。

     今週、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロスペイン代表DFエリックガルシアブラジル代表DFエメルソン・ロイヤルの獲得を立て続けに発表したバルセロナだが、さらにワイナルドゥムとデパイの獲得にも近づいているという。

     特にデパイに関しては、オランダ代表で師事したロナルド・クーマン監督の続投が発表され、さらに関心が噂されていたインテルユヴェントスのオファーに断りを入れたこともあり、合意に近づいているようだ。一方のワイナルドゥムに関しては合意に近づいているという報道があったが、ここにきてパリ・サンジェルマンPSG)がバルセロナを上回る給与のオファーを提示したことが報じられ、さらにバイエルンも関心を示しているという。

     ともにクーマン監督に師事した過去を持ち、フリーで獲得できる両選手。バルセロナの忙しい夏はまだまだ続くのだろうか。

    ともにバルサ移籍に近づいているというワイナルドゥム(左)とデパイ(右)[写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バルサのターゲットはワイナルドゥム&デパイ?】の続きを読む


    PSGがワイナルドゥムを強奪?

    パリ・サンジェルマンFC(Paris Saint-Germain Football Club, PSG)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジョ
    103キロバイト (8,264 語) - 2021年5月20日 (木) 00:00


    そんなにお金あるのか?パリは?それはそれはなかなかいいですねえ。もういっそのことロナウドもとって、ビックイヤーとろ

    パリ・サンジェルマン(PSG)が、バルセロナ移籍秒読みと報じられているオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(30)の強奪を図っているようだ。『ESPN』が報じている。

    リバプール在籍5年間で公式戦200試合以上に出場し、チャンピオンズリーグ(CL)とプレミアリーグタイトル獲得に貢献したワイナルドゥム。

    シーズンも公式戦51試合出場で3得点とフル稼働したが、クラブとの契約延長交渉がまとまらず、今シーズン限りでの退団の運びとなった。

    そして新天地に関しては、すでに幾度も交渉を重ね3年契約で口頭合意に達しているとされるバルセロナが確実視されている。

    さらに、ワイナルドゥムにとって唯一の懸念材料となっていた同胞指揮官、ロナルド・クーマン監督の来シーズンの続投決定という知らせも、プラスに働くと思われていた。

    しかし、『ESPN』がPSGの関係者筋から得た情報によると、中盤の補強を目指すPSGフリーで獲得可能な実力者の獲得に向け、バルセロナの掲示した条件を大幅に上回る好条件のオファーを掲示したという。

    また、バルセロナの関係者筋からもPSGのオファーを裏付ける情報を得ており、バルセロナサイドは秒読み段階と思われた移籍交渉が不成立に終わることを危惧しているようだ。

    移籍市場において競合クラブからの横やりのニュースは代理人サイドが、より好条件のオファーを引き出す常套手段としてメディアに働きかけるケースが多々あるが、依然としてバイエルンも関心を示すワイナルドゥムの今後の状況に大きな注目が集まりそうだ。

    UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
    開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【PSGがワイナルドゥムを強奪?】の続きを読む


    リチャーリソンをアンチェロッティが熱望?


    レアルマドリード(西: Real Madrid Club de Fútbol)は、マドリードマドリードをホームタウンとするスペインのサッカークラブ。 スペインプロリーグ機構(ラ・リーガ)に所属する。日本ではレアルの愛称で知られるが、現地での愛称はエル・マドリー(El Madrid)と呼ばれている。
    140キロバイト (11,529 語) - 2021年6月2日 (水) 03:30


    ほほう、ベンゼマとツートップで使うのか、バックアップに使うのか。使い方が気になる

     来シーズンからレアル・マドリードで指揮を執ることが決まったカルロアンチロッティ監督は、エヴァートンブラジル代表FWリチャーリソンの獲得を希望しているようだ。3日のイギリスメディアフットボール・インサイダー』が報じている。

     アンチロッティ監督は2019年12月エヴァートン指揮官に就任。今シーズンプレミアリーグを10位で終え、今月1日にレアル・マドリードへの電撃復帰が発表された。

     アンチロッティ監督はリチャーリソンがレアル・マドリードで活躍できると考えていて、エヴァートンの関係者は『フットボール・インサイダー』に対し、リチャーリソンが退団を求めた場合にはクラブは耳を傾けるだろうと話したという。

     エヴァ―トンとしても新監督就任後に大きな支出を試みるとするならば、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の制限があるため大きな買い物をする前に選手を売却する必要があり、リチャーリソンはその一人としても見られている。

     リチャーリソンは今シーズンリーグ戦で7ゴールにとどまったものの、アンチロッティ監督のもと34試合に出場していて、厚い信頼を寄せられている。契約は2024年まで残っており、2020年冬にはクラブバルセロナからのオファーを断ったともされるリチャーリソンは再び恩師のもとでプレーすることになるのだろうか。

    アンチェロッティ監督(左)とリチャーリソン(右) [写真]=Pool/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【リチャーリソンをアンチェロッティが熱望?】の続きを読む

    このページのトップヘ