トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:海外サッカー > リーグアン


    グでは宿敵パリ・サンジェルマンFC、オリンピック・リヨンに抜かれトップ20圏外となっている。 オランピク・ドゥ・マルセイユはフランスのスポーツ指導者ルネ・デュフォール・ドゥ・モンミライユ(フランス語版)によって総合スポーツクラブとして1892年に設立された。設立後の5年間はSporting Club
    81キロバイト (4,596 語) - 2021年8月22日 (日) 23:31



    (出典 www.nikkansports.com)


    今でもこういうことがあるのか。
    ブラジルとかでなく、フランスであるってのがなぁ。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/23(月) 13:13:45.83 ID:CAP_USER9.net

    8/23(月) 13:09
    スポーツ報知

    マルセイユが試合再開を放棄で打ち切り ニースサポーターがボトルを投げ込み乱闘騒ぎ
    ニース対マルセイユは乱闘騒ぎで試合打ち切り(ロイター)
     フランス1部のニース―マルセイユ(22日)で、乱闘騒ぎが起こり、試合が打ち切りとなった。

     ニースが1―0でリードしていた後半途中に、ニースサポーターが水の入ったボトルを投げ込み、マルセイユ選手が投げ返したことから、乱闘が始まった。その後、ニースのサポーターがピッチへ入り込み、選手との衝突になった。AP通信によると、複数の選手が負傷したという。

     マルセイユ側が安全が保証されないとして試合再開を拒否。マルセイユが試合を放棄したとなれば、通常規則で0―3の敗戦となるという。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ec12e5ff3ee29f9ab7775de488d77b5c252982b5


    【マルセイユ対ニース 乱闘騒ぎで試合中止www】の続きを読む


    リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニ(Lionel Andrés Messi Cuccittini, スペイン語発音: [ljoˈnel anˈdɾes ˈmesi], 1987年6月24日 - )は、アルゼンチン・サンタフェ州ロサリオ出身のサッカー選手。無所属。アルゼンチン代表。ポジションはフォワード。レオ・メッシ(Leo
    179キロバイト (21,833 語) - 2021年8月10日 (火) 11:01



    (出典 i.daily.jp)


    おほほ、遂に出たか?
    なんかバルセロナのワンチャン残留交渉とかもあったらしいけど、果たしてきまったのかな

    1 シャチ ★ :2021/08/10(火) 19:58:16.11 ID:CAP_USER9.net

     バルセロナを退団したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがパリ・サンジェルマン(PSG)への加入で合意に達したとフランス紙「レキップ」が報じた。メッシは現地時間10日にパリへ到着してメディカルチェックを受け、その後正式契約を結ぶ見込みだ。契約は2年間で1年の延長オプション(OP)付き。水曜日にも本拠地パルク・デ・プランスで入団会見が行われるようだ。

     メッシは現地時間8日にバルセロナの本拠地カンプ・ノウで退団会見を行った。13歳から過ごしたクラブへ涙とともに別れを告げ、向かう新天地はフランスの首都に決まった。

     メッシは現地時間の火曜日(10日)の午後にはパリに到着に到着し、その日の内にメディカルチェックを受け、その後に1年契約延長のオプションがついた2年契約にサインすることになるという。現地時間水曜日(11日)にPSGの本拠地スタジアム、パルク・デ・プランスで入団会見が行われる予定だ。

     イタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、PSGでのメッシの手取り年俸はアドオン込みでおよそ3500万ユーロ(約45億円)になるという。

     深刻な資金難に陥るバルセロナとの新契約が叶わなかったメッシ。不本意な形でカタルーニャに別れを告げた男は34歳で初のフランスリーグ参戦を果たす。

    Football ZONE web編集部
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ed8cf869d0c87614d1f1f99d4f7a924c0605dbd7


    【メッシ、PSG合意報道が遂に】の続きを読む


    ネイマール(Neymar)ことネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニア(Neymar da Silva Santos Júnior [nejˈmaʁ dɐ ˈsiwvɐ ˈsɐ̃tus ˈʒũɲoʁ], 1992年2月5日 - )は、サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身のブラジルのサッカー選手。
    92キロバイト (8,913 語) - 2021年7月11日 (日) 17:46



    (出典 saga.ismcdn.jp)


    言われてるなぁ。
    けど移籍金はPSGが出した訳で、その分のお金はすでに稼がせてもらってるやろ。
    バロンドールはしらんけと

    1 首都圏の虎 ★ :2021/07/21(水) 18:34:30.28 ID:CAP_USER9.net

    “聖地”マラカナンで、アルゼンチンに敗れる――

     去る7月10日(現地時間)に行なわれたコパ・アメリカ決勝は、アルゼンチンがホスト国のブラジルを破り、28年ぶりの戴冠を果たした。

    長きに渡ってA代表の国際タイトルと無縁だったアルゼンチンのメディアやファンが歓喜に浸ったのは言うまでもない。さらに2006年のA代表デビュー以来、大黒柱として君臨してきたリオネル・メッシの初戴冠劇は世界で大きな話題を呼んだ。

     一方で“宿敵”に敗れたサッカー王国では、ナンバー10を背負ったネイマールへの批判の声が上がっている。

     連覇を目ざして挑んだ今大会のセレソンにあって、ネイマールの貢献度は計り知れない。6試合で2ゴール・3アシストと目に見える結果を残し、チームを力強く牽引した。ゆえにアルゼンチン守備陣の肉弾戦を前になす術を見失い、存在感が希薄なままタイムアップを迎えたエースのパフォーマンスには、小さくない失望があった。

    “聖地”マラカナンで、アルゼンチンに敗れる――。ブラジル国民にとってはこれ以上ない屈辱もあいまって、責任を問われたネイマール。セレソンOBやメディアから酷評されるなか、最も辛辣な意見をぶつけたのが、1994年のアメリカ・ワールドカップ制覇に貢献したミューレルである。

     1995年に柏レイソルに約2か月間だけ在籍し、日本のファンにも馴染みのある名手は、イタリア・メディア『Tutto mercato web』で、「ネイマールは過大評価されている」と断言した。

    「彼はパリ・サンジェルマンが払った大金に見合うだけの活躍なんて一度もしていない。そもそもその価値がないんだ。彼がバロンドールを手にすることはないだろう」

     同胞を皮肉ったミューレルは、さらに「偉大な選手は片手で数えられる」とネイマールへの批判を続けた。

    「クリスチアーノ・ロナウドやリオネル・メッシは、自分たちの価値をピッチで示す。だが、ネイマールはピッチ外のことしか話題にならない。彼がなによりも評価されているのはピッチの外での言動だ」

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c75485342b7fc7f51ce5f6f4c6a074d0c79a28e7


    【ネイマールには「PSGが払った大金の価値はない!」】の続きを読む


    ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア語: Gianluigi Donnarumma, 1999年2月25日 - )は、イタリア・カンパニア州ナポリ県カステッランマーレ・ディ・スタービア出身のサッカー選手。パリ・サンジェルマンFC所属。イタリア代表。ポジションはゴールキーパー。
    16キロバイト (1,710 語) - 2021年7月14日 (水) 18:50



    (出典 img-footballchannel.com)


    ナバスがなぁ、かわいそうで仕方ないなぁ。
    何故パリは彼を信用しないのだ。

    100 名無しさん@恐縮です :2021/07/15(木) 11:03:13.15 ID:phyRX84g0.net

    パリの積極的な動きはトゥヘルに大耳とられてメンツ丸潰れにされたから
    ファンやメディアの不満逸らしって側面も少なからずありそうだなあ
    まあレオナルドのクビ飛ばせば済む事じゃねとも思うけど


    【ナバスが、かわいそうや】の続きを読む


    ワイナルドゥム、一転してPSG行きが決定的に?

    パリ・サンジェルマンFC(Paris Saint-Germain Football Club, PSG)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジョ
    103キロバイト (8,264 語) - 2021年5月20日 (木) 00:00


    まぁ本人的には最後のトップの移籍だろうからな。お金をたくさんくれる方を選ぶのは当然だよねぇ。

    オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(30)のパリ・サンジェルマン(PSG)行きが決定的となったようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。

    リバプール在籍5年間で公式戦200試合以上に出場し、チャンピオンズリーグ(CL)とプレミアリーグタイトル獲得に貢献したワイナルドゥム。 今シーズンも公式戦51試合出場で3得点とフル稼働したが、クラブとの契約延長交渉がまとまらず、今シーズン限りでの退団の運びとなった。

    新天地は、オランダ代表で師弟関係にあったロナルド・クーマン監督率いるバルセロナが濃厚と見られ、3年契約の口頭合意に達したとも報じられていた。また、ワイナルドゥムにとって唯一の懸念材料となっていた同指揮官の来シーズンの続投決定という知らせも、プラスに働くと思われていた。

    しかし、最近になって『ESPN』など複数メディアが一転してPSG行きを報じ出し、バルセロナ移籍の雲行きが怪しくなっていた。

    そして、現地時間6日付けの情報によると、PSGオランダ代表MFに対し、バルセロナが提示した2倍以上となる給与でオファーを出し、3年契約に合意。ここ数十時間でマウリシオ・ポチェッティーノ監督による度重なる電話があったとされ、すでにオランダメディカルチェックを進める準備を整えているという。

    バルセロナにこれ以上のオファーを出す意思はないと、ロマーノ氏は主張しており、正式発表は時間の問題と見られている。

    UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
    開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ワイナルドゥム、一転してPSG行きが決定的に?】の続きを読む

    このページのトップヘ