トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:海外サッカー > リーグアン


    Saint-Germain Football Club)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。通称はパリSG(Paris SG)、パリ(Paris)、PSG。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジ
    101キロバイト (8,551 語) - 2021年9月13日 (月) 11:35




    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    今のところは、ロナウドは結果出してるからなぁ。
    メッシは多分パリに行くべきではなかったかもなぁ

    1 伝説の田中c ★ :2021/09/27(月) 19:56:53.40

    FWリオネル・メッシはバルセロナ以外のクラブでも活躍できるのか。これは数年前よりサッカーファンの間で議論されてきたことだった。

    今季はパリ・サンジェルマンにてその答え合わせをすることになったわけだが、まだメッシはパリの地で真価を発揮できていない。

    もう少し連携を深めれば得点も生まれるだろうが、現段階ではバルセロナ時代に見せていたパフォーマンスは影を潜めている。

    そしてメッシと常に比較されるのがFWクリスティアーノ・ロナウドだ。ロナウドは昨季まで所属していたユヴェントスでも100点以上奪い、今季より復帰したマンチェスター・ユナイテッドでも問題なく得点を重ねている。

    この状況にスペイン『Tribuna』が注目したのは、元マンU指揮官アレックス・ファーガソン氏の過去の発言だ。

    ファーガソン氏はメッシとロナウドの違いについて次のように語っていた。

    「ロナウドとメッシのどちらが世界最高か。多くはメッシと言い、これに異論は唱えられない。だが、ロナウドはミルウォール、QPR、ドンカスターでもプレイでき、ハットトリックも決められるだろう。メッシにこれが出来るかは分からない。ロナウドは背が高く、速い。空中戦に強くて勇敢だ。メッシも勇敢ではあるが、彼はバルセロナの選手だと思う」

    ミルウォールやドンカスターはイングランドの下位リーグに所属しているクラブだが、確かにロナウドならば下位リーグのような環境でもネットを揺らしてしまうだろう。

    メッシはもう少しチームメイトを選ぶ印象か。周囲の選手に活かされるところもあり、フィジカル面ではロナウドに軍配が上がる。

    メッシとしてはパリでも活躍できるところを証明したいところだが、バルサ時代のような大活躍を披露できるか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/17382eb521d7704de5c53cb9fdfbba9f657959ce


    【メッシはバルサ専用なのか】の続きを読む


    Saint-Germain Football Club)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。通称はパリSG(Paris SG)、パリ(Paris)、PSG。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジ
    101キロバイト (8,551 語) - 2021年9月13日 (月) 11:35




    (出典 img-footballchannel.com)


    可愛そうやなぁ、これはポチェッティーノ何も悪くないのにね。
    でも早くこのチーム離れるのもアリか

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/26(日) 05:31:03.23

    9/25(土) 22:30配信
    東スポWeb

    交代後、メッシ(中)は監督との握手を拒否し…(ロイター)

     フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)がマウリッシオ・ポッチェティーノ監督(49)の後任に元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏(49)を検討していると、スペインメディア「Don Diario」が報じた。

     同メディアは「PSGはマウリシオ・ポッチェッティーノ監督との混乱の瞬間を迎えており、(親会社があるカタールの)ドーハでは彼の後任をジネディーヌ・ジダンにしたいと考えている」と指摘。昨季までスペイン1部レアル・マドリードを指揮していた名将を招聘したいという。

     ポッチェティーノ監督は19日のリヨン戦で新加入したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを途中交代。その際、ベンチ前でスター選手に手を差し伸べるも握手を拒否された。このシーンから2人の関係悪化が各メディアで報じられており、指揮官交代のプランが浮上しているとみられている。

     すでにジダン氏は次期フランス代表監督への就任が濃厚との見方も出ているが、同メディアは「ジダンが2つのポジション(PSGとフランス代表)のどちらかを選択する必要がないように、お金でなんとかしようとしている」とし、豊富な資金力を武器に勝負すると報じている。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/df701aea5945e6393c76869584a3f3b88650a9e1


    【PSG ポチェッティーノ交代?】の続きを読む


    Saint-Germain Football Club)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。通称はパリSG(Paris SG)、パリ(Paris)、PSG。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジ
    101キロバイト (8,551 語) - 2021年9月13日 (月) 11:35




    (出典 www.footballchannel.jp)


    ありゃまあ、つらいねえ。
    まぁ金で物を言ってるようなチームやからねえ。
    CL獲っても変わらんやろな

    1 伝説の田中c ★ :2021/09/23(木) 19:52:20.09

     元フランス代表MFのユーリ・ジョルカエフ氏が国内でのパリSGのイメージやFWリオネル・メッシ加入による影響について語った。スペイン『アス』が伝えている。

     ジョルカエフ氏は現役時代にモナコやパリSGといった国内クラブのほか、インテルなど海外の複数クラブでもプレー。フランス代表では自国開催の1998年W杯、EURO2000の“連覇”に貢献した。

     スペイン『エル・パイス』のインタビューに応じたジョルカエフ氏は、ここ数年、潤沢な資金力を背景に成長を続けるパリSGが、フランスサッカー界の憎しみの対象になっていると説いている。

    「パリSGでプレーするということは、残りのフランスのチームと戦うということだ。人々はパリSGを嫌っている。スペインはマドリーとバルセロナで分かれている。フランスには、マルセイユを愛する人たちがいる。でも、マルセイユ以外の人たちは彼らを嫌っているのではなく、気にしていないんだ。リヨンも同様だ。しかし、パリSGの場合は違う」

     一方で今夏のメッシ入団が、このイメージを和らげることができるとも考えているようだ。

    「ムバッペ、ネイマール、マルキーニョスがすでにいたのは事実だが、レオは世界のナンバーワンだ。(パリSGの)イメージを変えることができると思う。分からないけどね。私が知っているのは、メッシの悪口を言っているのを誰も聞いたことがないということだ。彼は誰もが憧れる選手であり、誰もが彼の成功を願っている。そのようなことをサッカー選手が生み出すのは、信じられないことだよ」

     メッシは8月末にパリSGデビューを果たし、ここまで公式戦3試合に出場。まだ新天地で本領発揮とはいかず、ノーゴールとなっている。今後の活躍によって、フランス国内の“アンチ・パリSG”をも味方にすることになるのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/04eff0e9b1f9d7e6daa77d1947fabd881007449f


    【【サッカー】PSGはフランスでかなり嫌われてるらしい】の続きを読む


    リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニ(Lionel Andrés Messi Cuccittini, スペイン語発音: [ljoˈnel anˈdɾes ˈmesi], 1987年6月24日 - )は、アルゼンチンのサッカー選手。フランス・リーグ・アン・パリ・サンジェルマン所属。アルゼン
    181キロバイト (21,977 語) - 2021年9月10日 (金) 21:05




    (出典 img-footballchannel.com)


    おいよいよい、まさか怪我を見越して交代したんかな?
    いや、考えすぎか。にしても怪我かよ。

    1 シャチ ★ :2021/09/22(水) 00:44:49.61

    9/22(水) 0:01配信 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d80207b1459844d6935fba4d6e287edb0584e106

    フランス1部パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)が次戦22日のメス戦を欠場する見通しとなった。

    クラブの発表によると、メッシは2-1で勝利した19日リヨン戦で左膝を痛めており、MRI検査を行ったところ、骨挫傷の跡が確認されたという。

    48時間以内にけがの程度などが新たに明らかになるもようだが、ESPN電子版によるとメス戦のほか、25日モンペリエ戦の欠場が濃厚。さらに28日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグのマンチェスター・シティー戦の出場も微妙だという。

    パリSGは欧州CL1次リーグ初戦のクラブ・ブリュージュ戦でドローに終わっており、マンチェスターC戦でのメッシの戦列復帰に期待が集まっている。


    【【サッカー】メッシさん、何か怪我してるみたい】の続きを読む


    Saint-Germain Football Club)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。通称はパリSG(Paris SG)、パリ(Paris)、PSG。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジ
    101キロバイト (8,551 語) - 2021年9月13日 (月) 11:35




    (出典 pbs.twimg.com)


    これはなぁ、やっぱガラクティコは成功しないんやろうかね。
    監督もきついな

    1 Egg ★ :2021/09/20(月) 21:11:03.09

    まだ同点という状況での早期交代。大エースからすれば信じられなかっただろう。

     現地時間9月19日に開催されたリーグ・アン第6節で、パリ・サンジェルマンは難敵リヨンとホームで対戦。54分に先制を許したものの、66分のネイマールのPKと後半アディショナルタイムに決めたマウロ・イカルディの劇的弾で、2‐1の逆転勝利を飾った。

     話題となっているのが、マウリシオ・ポチェティーノ監督の采配だ。なんとリオネル・メッシを、76分という早い時間帯でアシュラフ・ハキミと交代させたのだ。

     この試合を含め、移籍後の公式戦3試合でまだ無得点とはいえ、勝負が決まっていない状況でメッシが交代を強いられるのは、バルセロナ時代にはほとんどなかったことだ。

     ベンチに下がってきたメッシは、握手を求めてきた指揮官に一瞬手を出したものの、ちゃんとしようとはせず、怪訝そうな表情を浮かべて不満を露わにした。


     このやり取りは各国メディアが続々と報道。ベルギー・メディア『sporza』が「勝利にもかかわらずパリSGでパニック。リオネル・メッシが早期交代後に監督に腹を立てる」と報じれば、スペイン紙『MARCA』 も「全く理解できないという顔を見せた」と伝えている。

     劇的勝利にもかかわらず、この采配は物議を醸すことになりそうだ。

    サッカーダイジェスト 9/20(月) 6:54
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2163e6534d1d2e00ebd9ffa2e57757b8f073b067

    写真

    https://pbs.twimg.com/media/E_rMg_sXMAEwhZ-?format=jpg&name=small
     
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=494&q=90&exp=10800&pri=l


    【メッシ激怒「全く理解できないという顔だ」】の続きを読む

    このページのトップヘ