トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:海外サッカー > リーグアン


    「エムバペはPSGに残る。売却や0円移籍は絶対ない」

    パリ・サンジェルマンFC(Paris Saint-Germain Football Club, PSG)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジョ
    103キロバイト (8,264 語) - 2021年5月20日 (木) 00:00


    けど来季には出ていくやろ?それとも本気でずっといると思っているのか?どちらにしろフリー移籍は美味しくないやろ

    PSGとの契約が2022年6月末までとなっているキリアン・エムバペ。契約延長か移籍か、その去就が大きな注目になっている。

    そうしたなか、PSGナースル・アル・ハライフィ会長が『L'Equipe』でこう断言したという。

    ナースル・アル・ハライフィ(PSG会長)

    キリアンはパリに留まるつもりだ。

    我々は彼を売却するつもりはないし、フリーで退団することは絶対ない」

    PSG残留が決まったとも思える発言だが、そうとらえていいのだろうか。

    【動画】東京でこれを見たい!エムバペ、意味不明のマジカルドリブル

    一方、2025年まで契約を延長したネイマールについては、「彼は我々のプロジェクトを信じている。このクラブ、街、サポーターを愛している。我々の関係性を誇りに思う。彼はPSGで引退したいと言ってくれた」と述べていたとのこと。

    そのうえで、今夏の移籍市場では、これまでよりも積極的に動くことも明言していたそう。PSGリオネル・メッシセルヒオ・ラモス、ジョルジニオ・ワイナルドゥムらの獲得が噂されている。

    「エムバペはPSGに残る。売却や0円移籍は絶対ない」PSG会長が残留宣言


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「エムバペはPSGに残る。売却や0円移籍は絶対ない」】の続きを読む


    ワイナルドゥム、一転してPSG行きが決定的に?

    パリ・サンジェルマンFC(Paris Saint-Germain Football Club, PSG)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジョ
    103キロバイト (8,264 語) - 2021年5月20日 (木) 00:00


    まぁ本人的には最後のトップの移籍だろうからな。お金をたくさんくれる方を選ぶのは当然だよねぇ。

    オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(30)のパリ・サンジェルマン(PSG)行きが決定的となったようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。

    リバプール在籍5年間で公式戦200試合以上に出場し、チャンピオンズリーグ(CL)とプレミアリーグタイトル獲得に貢献したワイナルドゥム。 今シーズンも公式戦51試合出場で3得点とフル稼働したが、クラブとの契約延長交渉がまとまらず、今シーズン限りでの退団の運びとなった。

    新天地は、オランダ代表で師弟関係にあったロナルド・クーマン監督率いるバルセロナが濃厚と見られ、3年契約の口頭合意に達したとも報じられていた。また、ワイナルドゥムにとって唯一の懸念材料となっていた同指揮官の来シーズンの続投決定という知らせも、プラスに働くと思われていた。

    しかし、最近になって『ESPN』など複数メディアが一転してPSG行きを報じ出し、バルセロナ移籍の雲行きが怪しくなっていた。

    そして、現地時間6日付けの情報によると、PSGオランダ代表MFに対し、バルセロナが提示した2倍以上となる給与でオファーを出し、3年契約に合意。ここ数十時間でマウリシオ・ポチェッティーノ監督による度重なる電話があったとされ、すでにオランダメディカルチェックを進める準備を整えているという。

    バルセロナにこれ以上のオファーを出す意思はないと、ロマーノ氏は主張しており、正式発表は時間の問題と見られている。

    UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
    開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ワイナルドゥム、一転してPSG行きが決定的に?】の続きを読む


    PSGがワイナルドゥムを強奪?

    パリ・サンジェルマンFC(Paris Saint-Germain Football Club, PSG)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジョ
    103キロバイト (8,264 語) - 2021年5月20日 (木) 00:00


    そんなにお金あるのか?パリは?それはそれはなかなかいいですねえ。もういっそのことロナウドもとって、ビックイヤーとろ

    パリ・サンジェルマン(PSG)が、バルセロナ移籍秒読みと報じられているオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(30)の強奪を図っているようだ。『ESPN』が報じている。

    リバプール在籍5年間で公式戦200試合以上に出場し、チャンピオンズリーグ(CL)とプレミアリーグタイトル獲得に貢献したワイナルドゥム。

    シーズンも公式戦51試合出場で3得点とフル稼働したが、クラブとの契約延長交渉がまとまらず、今シーズン限りでの退団の運びとなった。

    そして新天地に関しては、すでに幾度も交渉を重ね3年契約で口頭合意に達しているとされるバルセロナが確実視されている。

    さらに、ワイナルドゥムにとって唯一の懸念材料となっていた同胞指揮官、ロナルド・クーマン監督の来シーズンの続投決定という知らせも、プラスに働くと思われていた。

    しかし、『ESPN』がPSGの関係者筋から得た情報によると、中盤の補強を目指すPSGフリーで獲得可能な実力者の獲得に向け、バルセロナの掲示した条件を大幅に上回る好条件のオファーを掲示したという。

    また、バルセロナの関係者筋からもPSGのオファーを裏付ける情報を得ており、バルセロナサイドは秒読み段階と思われた移籍交渉が不成立に終わることを危惧しているようだ。

    移籍市場において競合クラブからの横やりのニュースは代理人サイドが、より好条件のオファーを引き出す常套手段としてメディアに働きかけるケースが多々あるが、依然としてバイエルンも関心を示すワイナルドゥムの今後の状況に大きな注目が集まりそうだ。

    UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
    開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【PSGがワイナルドゥムを強奪?】の続きを読む


    リーグアン、「2チーム削減」が決定


    リーグアン(Ligue 1)は、フランスにおけるサッカーのプロリーグのトップディビジョン(1部リーグ)。1932年に創設された。かつてはディヴィジオン・アン(Division 1)と呼ばれていたが、2002-03シーズンに改称した。国外のモナコ公国からはASモナコが参加している。
    33キロバイト (1,223 語) - 2021年5月23日 (日) 20:56


    そうかぁ、厳しくなったな。まあ仕方ないのかな。降格争いの激しい試合が増えそうだからそれはそれで

    先日からコンペティションに参加するチーム数を削減するための動きを見せていたフランスリーグ

    今回『LFP』が発表したところによれば、今回行われた会議において「リーグ・アンクラブ数を20から18に削減する」という案が賛成多数で採択されたとのこと。

    現在の計画によれば、フォーマットが移行されるのは2022-23シーズン終了後から2023-24シーズン開始までの間。

    リーグ・アンからは4チームが降格し、リーグ・ドゥからは2チームが昇格。また、リーグ・ドゥについても今後18チームに削減する可能性を検討していくとのこと。

    なお、リーグ・アンが18チーム規模となる2023-24シーズンからは、昇降格においてプレーオフが導入される予定だ。

    2チームが自動的に昇降格されるものの、リーグ・アンの16位とリーグ・ドゥの3位がプレーオフで最後の椅子を争うことになるそうだ。

    【写真】元大物Jリーガーも!親子3代でプロ選手の「スーパー一家」9つ

    『L'Equipe』の報道によれば、この計画に反対の票を投じたリーグ・アンクラブはFCメスのみであったとのこと。

    リーグアン、「2チーム削減」が決定…反対は1クラブのみ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【リーグアン、「2チーム削減」が決定】の続きを読む


    ポチェッティーノ退任を否定するレオナルド


    パリ・サンジェルマンFC(Paris Saint-Germain Football Club, PSG)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジョ
    103キロバイト (8,264 語) - 2021年5月20日 (木) 00:00


    まあそうだよな。リーグは逃したのは痛いけど、チャンピオンズを獲るのが最重要だからね

    パリ・サンジェルマン(PSG)でスポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏がマウリシオ・ポチェッティーノ監督(49)の去就にコメントした。フランス『RMCスポーツ』が伝えている。

    ポチェッティーノ監督は今年1月にPSG指揮官に就任。トッテナム時代にチームチャンピオンズリーグ(CL)決勝に導くなど、卓越した手腕の発揮が期待されていた。しかし、CLではマンチェスター・シティに敗れて準決勝敗退。また、3連覇していたリーグ・アンでもリールの後塵を拝して、王座を奪われている。

    この結果、クープ・ドゥ・フランスこそ優勝を飾ったものの、チームは今季一冠のみという結果になってしまった。クラブからの期待に応えらなかったこともあり、早速ポチェッティーノ監督の周辺が騒がしくなっている。

    4月ジョゼ・モウリーニョ監督を解任した古巣トッテナムが招へいに動くという報道があるほか、ジネディーヌ・ジダン監督の今季限りでの退任が発表されたレアル・マドリー指揮官就任の噂もあり、去就は不透明な状況だ。

    しかし、フランスFrance Bleu』に対して、レオナルド氏はポチェッティーノ監督が来季もPSGに留まるだろうとコメント。退任の噂を一蹴している。

    「言っておくことがあるとすれば、マウリシオ・ポチェッティーノは我々と2年契約を結んでいる。そして我々は、彼にとても満足しているよ」

    また、レオナルド氏はチームの今シーズンに言及。満足度の高いシーズンだったと振り返りリーグタイトルを逃したことにも理解を示した。

    「我々非常に肯定的なシーズンを送ったと思う。この2年間を見れば、昨年は国内タイトルをすべて獲得して、CLでは決勝に進出した。今年はクープ・ドゥ・フランスで優勝して、CLは準決勝進出、リーグ戦では2位だ」

    リーグ戦はシーズンを通じて非常に高いレベルを維持しているチームがあり、最後まで四つ巴の戦いを繰り広げた結果の2位だった。ただ、そういうこともあるだろう。誰もがリーグ戦は簡単だという。しかし、優勝を実現するためにはチームが非常に優れていなければならない。今季はリールがそれを実現して、優勝したんだ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ポチェッティーノ退任を否定するレオナルド】の続きを読む

    このページのトップヘ