トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:海外サッカー > セリエA


    【悲報】私のミランがぁ


    ーに由来するネラッズーロ(イタリア語で「黒 (nero) と青 (azzurro)」)。サポーターはインテリスタと呼ばれる。 セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれる、ユヴェントス、ACミラン、インテルのビッグ3となっている。 これまでにリーグを18回、コッパ・イタリアを7回、スーペルコッパ・イタリア
    105キロバイト (5,575 語) - 2021年2月18日 (木) 20:46



    (出典 www.footballista.jp)


    ラウタロ、ルカク両エースのゴールと無失点これは完敗だよさすがにダービーを続けて負けるのは悲しい

     セリエA第23節が21日に行われ、2位ミランと1位インテルが対戦した。

     10年ぶりに、“ミラノ・ダービー”が首位攻防戦の舞台となった。ここ最近失速傾向にあるミランは、18日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のツルヴェナ・ズヴェズダ戦から中2日。一方、リーグ戦3連勝と好調を維持しているインテルはすでにカップ戦から敗退しており、万全の状態で伝統の一戦に臨んだ。

     試合は開始早々の5分、インテルが先制に成功する。アクラフ・ハキミからのロングボールに抜け出したロメル・ルカクは、グラウンダーで折り返すが、これは味方につながらない。それでもセカンドボールに素早く反応したルカクが左足でゴールに向かうボールを供給すると、相手DFの間に上手くポジションをとったラウタロ・マルティネスが頭で押し込んだ。

     試合が動いた後はお互いに決定機を迎えるが、得点には至らない。ミランは33分、ゴール前での混戦からボールを拾ったテオ・エルナンデスが右足でゴール左下に流し込もうとしたが、惜しくも枠の外。インテルは前半アディショナルタイムクリスティアン・エリクセンのフリーキックミラン・シュクリニアルが頭で合わせたが枠の上へと飛び、1点のリードで試合は折り返した。

     ミランは後半の立ち上がりに複数の決定機を迎える。ズラタン・イブラヒモヴィッチのヘディンシュートサンドロ・トナーリの強烈なシュートで立て続けに相手のゴールに迫ったが、相手GKサミール・ハンダノヴィッチの好セーブに阻まれてネットを揺らせない。すると57分、ピンチを守護神の活躍で耐え凌いだインテルが追加点を獲得する。ハキミ、エリクセン、イヴァン・ペリシッチとつないでゴール前に押し込むと、最後はペリシッチ折り返しをL・マルティネスが押し込んだ。

     さらに66分、インテルミランを突き放す1点を奪う。ハーフウェーライン付近でボールを拾ったルカクは、そのまま単独でゴール前まで運ぶ。力強いドリブルでペナルティエリアに到達すると、最後は豪快に左足でゴール左下隅に突き刺した。より苦しい状況となったミランは攻勢を強めてゴールを目指すが、ハンダノヴィッチの牙城を崩すことはできない。

     公式戦通算228回目の“ミラノ・ダービー”はこのまま終了。リーグ戦4連勝となったインテルが、リーグ戦2連敗となったミランとの勝ち点差を「4」に広げ、2009-10シーズン以来となるスクデット獲得に一歩近づいた。

     次節、ミランはELツルヴェナ・ズヴェズダ戦のセカンドレグを挟んで28日にアウェイローマと、インテルは同日にホームジェノアと対戦する。

    スコア
    ミラン 0-3 インテル

    【得点者】
    0-1 5分 ラウタロ・マルティネスインテル
    0-2 57分 ラウタロ・マルティネスインテル
    0-3 66分 ロメル・ルカクインテル

    ミランとインテルが対戦した [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【悲報】私のミランがぁ】の続きを読む


    “神”がクラブ通算500ゴール達成


    ズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimović スウェーデン語発音: [ˈslaːtan ɪbraˈhiːmɔvɪtɕ] ボスニア語発音: [zlǎtan ibraxǐːmoʋit͡ɕ], 1981年10月3日 - )は、スウェーデン・マルメ出身のサッカー選手。セリエA・ACミラン
    71キロバイト (7,061 語) - 2021年2月7日 (日) 16:30



    (出典 www.football-zone.net)


    パリでの王朝時代は圧倒的な決定力で量産してたからなぁカンフーキックのゴールはやばいわあそしてこの歳で得点王争いとは

    ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)が偉業を達成した。

    ミランは7日、セリエA第21節でクロトーネと対戦。4-0で勝利を収めた。

    この試合に先発出場したイブラヒモビッチは30分に先制ゴールを記録すると、64分には追加点を記録。その後、アンテ・レビッチが立て続けにゴールを奪っていた。

    先制ゴールクラブキャリア「500ゴールを達成したイブラヒモビッチは、初ゴールから22年が経過。825試合で達成することとなった。

    最も多くゴールを決めているのはパリ・サンジェルマン(PSG)時代で156ゴール。続いて、2度目の在籍となっているミランで83ゴールを達成している。

    その他、インテル(66ゴール)、ロサンゼルスギャラクシー(53ゴール)、アヤックス(48ゴール)と続いている。
    40歳を今年迎えるイブラヒモビッチだが、ケガなどで離脱期間がありながら、今シーズンセリエAで既に14ゴールを記録し、得点ランキング2位タイ。“神”は今なお進化しているようだ。

    イブラヒモビッチ得点内訳(501)ゴール

    パリ・サンジェルマン156ゴール
    ミラン:83ゴール
    インテル:66ゴール
    ロサンゼルスギャラクシー:53ゴール
    アヤックス:48ゴール
    マンチェスター・ユナイテッド:29ゴール
    ユベントス:26ゴール
    バルセロナ:22ゴール
    マルメ:18ゴール

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“神”がクラブ通算500ゴール達成】の続きを読む

    このページのトップヘ