トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:海外サッカー > 日本代表


    香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身のサッカー選手。ギリシャ・スーパーリーグ・PAOKテッサロニキ所属。元日本代表。ポジションはMF。 幼稚園に通っていた頃からサッカーを始め、小学校1年生となった1995年から地元のマリノFC
    101キロバイト (11,417 語) - 2021年9月7日 (火) 15:57




    (出典 f.image.geki.jp)


    どうする気なんやろねぇ。
    日本に帰ってこないのかなぁ。
    出戻りの波に乗るなら今やけど

    1 Egg ★ :2021/09/21(火) 05:48:17.82

    ギリシャ1部PAOKの元日本代表MF香川真司(32)に去就問題が浮上した。現地メディアは今季就任したラズバン・ルチェスク監督が香川に〝戦力外通告〟を行ったと報道。今後は日本復帰や米国移籍などが選択肢となる中、中東のカタール勢が好条件を準備しているという。日本の元エースの周辺が、にわかに騒がしくなってきた。


     香川は16日の欧州カンファレンスリーグ(ECL)のリンカーン(ジブラルタル)戦に続き、19日に行われた国内リーグ戦のアステラス・トリポリ戦でもメンバー外となった。こうした窮地を受けて、ギリシャ紙「スポルタイム」は「香川は終わった。今はチームの重荷となっている」とついにチームで構想外になったことを指摘した。

     さらにルチェスク監督から「退団のメッセージが伝えられた」と指揮官から直々に〝戦力外通告〟を受けたとの衝撃的な内情も報じている。今夏の移籍市場でも退団話が浮上していたようで、同紙はスペインへの移籍を模索したがまとまらなかったとしている。

     今後は来年1月の移籍市場で新天地を探す見通し。これから移籍先を模索することになるが、ギリシャで活躍できていない現状や負傷を繰り返していることがマイナスに響き、欧州の強豪リーグへの移籍は難しいのが実情だ。

     現実的には、今夏に獲得に動いたポートランド・ティンバーズなど米メジャーリーグサッカー(MLS)のクラブが獲得に積極的なほか、Jリーグでも古巣のC大阪など複数のクラブが香川の動向を注視している。そうした中で中東からも声がかかりそうで、特に熱心なのがカタール勢だ。

     欧州組も担当するある代理人は「カタールのクラブは以前から日本人の大物を狙っていて、香川にも何度もアプローチしている。今回もオファーする可能性が高い」と指摘する。香川が昨年夏にスペイン2部サラゴサで構想外となった際にはカタールの複数クラブが動いており再アタックする模様。スペインのレジェンドであるシャビ氏が率いるアルサッドや、元日本代表MF中島翔哉(ポルティモネンセ)が以前に所属したアルドハイルなどが獲得に乗り出しそうだ。

     カタールは来年のW杯開催地でもあり、代表復帰を目指す香川にとって復活を期す場所として悪くはないだろう。果たして、香川の新天地はどこになるのか。その去就に大きな注目が集まる。

    9/21(火) 5:15 東京スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/27889523f90bcaac9760115d39aa866d3e235b1e

    写真 
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=535&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


    【香川さんの今後について】の続きを読む


    香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身のサッカー選手。ギリシャ・スーパーリーグ・PAOKテッサロニキ所属。元日本代表。ポジションはMF。 幼稚園に通っていた頃からサッカーを始め、小学校1年生となった1995年から地元のマリノFC
    101キロバイト (11,417 語) - 2021年9月7日 (火) 15:57




    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    まぁよくやったと思うよ。
    もう戻ってもええやろ、同じ出戻り組今年おおいし

    1 Egg ★ :2021/09/20(月) 17:23:57.26 ID:CAP_USER9.net

    現地9月19日に開催されたギリシャ・リーグ第2節のアストラ戦でPAOKのMF香川真司はベンチから外れた。これで3日前に行われたヨーロッパカンファレンスリーグのリンカーン戦に続くメンバー外となった。

     ギリシャ・メディア『Sportime』は19日、「カガワは終わった」と題した記事を掲載。「カガワは誰もが期待していたことをPAOKにもたらしておらず、今ではチームの重荷となっている」と糾弾。香川との契約は、競争力を高めるためではなく、日本市場を開拓するための商業的な理由で行なわれたと伝えた。

     
     記事によれば、香川は今夏にスペインへ戻る話もあったが、結局話が進まなかったという。さらにラズバン・ルチェスク新監督から「退団のメッセージが伝えられた」とも報じており、構想外となり、来年1月の移籍市場で新天地を探すことになると、同メディアは見ているようだ。

     開幕節のPASヤニナ戦で、先発でサプライズ起用された香川は、決定的な場面を決めきれず、61分で交代となった。チームも格下にホームで0‐1と敗れ、まさかの黒星スタート。この試合が最後のテストの場だったのかもしれない。

     昨シーズンの前半も、スペイン2部のサラゴサで構想外となり、契約を解除して浪人生活を強いられた香川。まだ32歳、輝ける場所はあるはずだが……。

    9/20(月) 8:08 サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5bbe64e08689782718c85d1d4c4a4d61851944dc

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=541&q=90&exp=10800&pri=l


    【香川さん もう帰ろう】の続きを読む


    香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身のサッカー選手。ギリシャ・スーパーリーグ・PAOKテッサロニキ所属。元日本代表。ポジションはMF。 幼稚園に通っていた頃からサッカーを始め、小学校1年生となった1995年から地元のマリノFC
    101キロバイト (11,417 語) - 2021年9月7日 (火) 15:57




    (出典 thedigestweb.com)


    あやまぁ、これはもう帰ってくるかなぁ。
    それとも本田さんみたいに、世界旅行するのかな

    1 首都圏の虎 ★ :2021/09/20(月) 12:55:21.64 ID:CAP_USER9.net

    「誰もが期待していたことをもたらしていない」

     現地9月19日に開催されたギリシャ・リーグ第2節のアストラ戦でPAOKのMF香川真司はベンチから外れた。これで3日前に行われたヨーロッパカンファレンスリーグのリンカーン戦に続くメンバー外となった。

     ギリシャ・メディア『Sportime』は19日、「カガワは終わった」と題した記事を掲載。「カガワは誰もが期待していたことをPAOKにもたらしておらず、今ではチームの重荷となっている」と糾弾。香川との契約は、競争力を高めるためではなく、日本市場を開拓するための商業的な理由で行なわれたと伝えた。

     
     記事によれば、香川は今夏にスペインへ戻る話もあったが、結局話が進まなかったという。さらにラズバン・ルチェスク新監督から「退団のメッセージが伝えられた」とも報じており、構想外となり、来年1月の移籍市場で新天地を探すことになると、同メディアは見ているようだ。

     開幕節のPASヤニナ戦で、先発でサプライズ起用された香川は、決定的な場面を決めきれず、61分で交代となった。チームも格下にホームで0‐1と敗れ、まさかの黒星スタート。この試合が最後のテストの場だったのかもしれない。

     昨シーズンの前半も、スペイン2部のサラゴサで構想外となり、契約を解除して浪人生活を強いられた香川。まだ32歳、輝ける場所はあるはずだが……。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5bbe64e08689782718c85d1d4c4a4d61851944dc


    【香川さん、終わってるらしい】の続きを読む




    (出典 sakaneta.com)


    まぁまだ二戦やからな。
    気が早いなぁ、そうなってはほしいけと

    1 Egg ★ :2021/09/19(日) 22:59:12.29

    現地時間9月18日、ベルギー・リーグ第8節が行なわれ、ユニオン・サンジロワーズはホームにズルテ=ワヘレムを迎え、2-1で勝利を収めた。

    【写真】試合後に三笘がサムズアップ! 勝利の味をかみしめた満面スマイルを披露

     試合開始早々に相手チームに退場者が出て、80分間近くを数的有利な状況で戦ったユニオンSGにおいて、三笘は72分から出場。2トップの一角を務め、前線の攻撃に走り回った。カウンターから50メートル近くをドリブルで駆け上がる姿なども見せて奮闘し、加入後初の勝利を手にしている。

     現地メディア『WALFOOT』は、「この試合では間違いなくミトマとソリノラ・マテューが停滞していたチームを活性化させた」と称賛している。

    「ここまで好調をキープしてきた価値観と指針を失っていた。数的有利にもかかわらずホームでの有利性はほとんど感じられなかった。このまま自己満足で試合を終えていたかもしれない。だが、新加入のミトマとソリノラが前線で躍動し、勝利を引き寄せたのだ。今日の見せ場のないゲームのなかで、つかの間のリード、そして後半の場面だけが記憶に残った」
     
     ちなみに、現地メディア『LES SPORT』によれば、フェリーチェ・マッツ監督は「左ウイングが得意な彼とは話し合いをしていて、いくつかのポジションを流動的にこなすこともできる。私が採用するシステムでは、複数のポジションで起用する可能性がある」と語っていたという。その言葉通り、デビュー戦となったヘンクでは2列目中央、ワヘレム戦では2トップでと異なるポジションでの投入となった。

    「彼の能力は申し分なく、仲間たちもその能力を認め、感銘を受けている選手もいる。デビュー戦でもわずかな時間だが自分の才能を示し、相手にとって危険な存在だった。彼は途中出場でも見事に使命を果たしている」

     また、同僚のルーカス・ビラールも三笘について「偉大な選手になるためのすべての資質を備えている」とコメントしたという。

    「最初の数メートルをすさまじいスピードで突き進み、テクニックにも優れている。率直に言って、トッププレーヤーだ。グループにもうまく溶け込んでいて、時間は必要だが、ともにパフォーマンスをすることでより能力が発揮できるようになるはずだ」

     ユニオンSGは中2日を経た21日に国内カップ戦の5回戦をレブベーケFCと戦い、26日には三好康児が所属するアントワープとの対戦も控えている。三笘の出番も再び期待できそうだ。

    9/19(日) 20:03
    https://news.yahoo.co.jp/articles/59142ddc9021b9d2a03b6f5ad8b0003377300c29


    写真 
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=426&q=90&exp=10800&pri=l


    【【三苫薫】現地メディア「偉大な選手になる」】の続きを読む


    STVV(シントトロイデンVV)とオフィシャルスポンサー契約を締結。『イナズマイレブン』がユニフォームスポンサーに! - レベルファイブ 2018年7月17日 ^ 日本人5選手所属のシントトロイデンがスカパー!とパートナーシップ締結…全試合中継が決定 ゲキサカ 2018年9月27日 ^ シントトロイデンとH
    20キロバイト (984 語) - 2021年9月13日 (月) 23:22




    (出典 soccer-time.net)


    ベルギーの試合で日本人が7人出場て笑
    ここまでチームに日本人が集中してるのは面白いな

    1 Egg ★ :2021/09/19(日) 23:11:05.71

    9.19 ベルギー・リーグ第8節 シントトロイデン1-2ゲンク]

     ベルギー・リーグは19日に第8節を行った。シントトロイデンとゲンクの対戦は、ゲンクが2-1で勝利した。シントトロイデンでは、GKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW鈴木優磨、FW林大地が先発出場。DF松原后、FW原大智、FW伊藤達哉はベンチスタートとなった。ゲンクはFW伊東純也がフル出場した。

     リンブルフ州に本拠地を置く両者のダービーマッチ。シントトロイデンは3-1-4-2の布陣で、GKにシュミット、橋岡は右WBで起用される。林と鈴木は2トップを組んだ。ゲンクは4-2-3-1の布陣を敷き、伊東は2列目の右MFに入った。

     先発した日本人は要所で存在感を放つ。前半アディショナルタイム3分過ぎにはシントトロイデンが日本人3選手の連係から先制。林が右サイドでボールキープから深い位置にパスを出す。走り込んだ橋岡が右サイドから豪快にクロスを上げると、ドンピシャでPA中央へ。詰めた鈴木が頭で叩き込み、今季初ゴールを挙げた。

     一方、ゲンクは16日のヨーロッパリーグから7選手をスタメンから変更。伊東は引き続き先発メンバー入りを果たすが、連係面でなかなか思うようにつながらず、決定機を作ることができない。

     シントトロイデンは後半14分にチャンスが生まれる。途中出場のMFクリスティアン・ブルースが左サイドからクロス。先制点と同様の形から、鈴木が再びヘディングシュートを放つが、惜しくも追加点とはならなかった。

     それでも粘り続けるゲンクは後半28分に追いついてみせる。左サイドからMFジョゼフ・ペイントシルがカットイン。右足シュートをゴール右隅に突き刺し、1-1と試合を振り出しに戻した。追いつかれたシントトロイデンは同30分、林を下げ、原が2トップの一角に入った。

     さらにゲンクは試合をひっくり返す。後半38分、中盤からの浮き球パスを、伊東がPA右の深い位置から頭で折り返す。ボールを収めたのは途中出場のパウル・オヌアチュ。細かいフェイントから右足シュートを決め切り、2-1で逆転に成功した。

     シントトロイデンは終盤に伊藤を投入する。しかし、追いつくことはできず、1-2で試合終了。ゲンクは後半2得点で勝ち点3を奪取した

    9/19(日) 22:27 ゲキサカ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c3bfc876c229273c5c27df03a20f536f1ae91b76

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=480&q=90&exp=10800&pri=l


    【シントトロイデン もはやJリーグのチーム】の続きを読む

    このページのトップヘ