トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ:海外サッカー > 日本代表


    FCバイエルン・ミュンヘン(Fußball-Club Bayern München e. V.)は、ドイツのバイエルン州・ミュンヘンを本拠地とする総合スポーツクラブ。サッカー部門はドイツサッカーリーグ機構(ブンデスリーガ)に加盟する世界有数の人気と経済規模を有するクラブでもある。また、クラブ会員数
    89キロバイト (7,777 語) - 2021年10月28日 (木) 11:56




    (出典 upload.wikimedia.org)


    何をどう感じて手応えつかんでるつもりなんやろなぁ。
    全く分からん。

    1 ゴアマガラ ★ :2021/12/01(水) 21:08:04.74

    日本サッカー協会が30日、ドイツ1部の名門バイエルン・ミュンヘンとのパートナーシップ協定を更新し、田嶋幸三会長と反町康治技術委員長が〝バイエルン流〟の代表強化に大きな手応えを見せた。

    協会は今回Bミュンヘンと3年間の契約を更新。協定内容の中には「トップチームレベルでの連携強化・交流」も盛り込まれており、森保ジャパンのチーム強化にも名門のノウハウが生かされている。

    田嶋会長は「世界でもトップの中のトップに位置するクラブで、選手育成やチーム強化策など学ぶべきことが多くあります」と強調。
    「指導方法や選手の才能の見分け方など、非常に貴重な情報を共有していただいています」とさまざまなカテゴリーの代表チームで多くの成果を挙げている。

    反町委員長も「技術委員会としては、代表強化、ユース育成・強化、指導者養成、普及の〝四位一体〟を掲げておりますが、
    こうした考え方をFCバイエルン・ミュンヘンの方々と共有し、いろいろなアイデアを分かち合うことは今後の日本のサッカーの発展に重要なことだと考えています。
    お互いの交流をより深めて、今後も良好な関係をつくっていきたいと考えています」と高く評価した。

    名門の知られざる強化策が、カタールW杯アジア最終予選で奮闘する森保ジャパンを支えている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/64d73e92d3d3f94f99109d20a33e56129ecedd7c


    【【サッカー】日本サッカー協会がBミュンヘンと契約更新 】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 f.image.geki.jp)


    吉田麻也の後釜になりそうだな。
    あとはセンターフォワードがなぁ。

    1 Egg ★ :2021/11/29(月) 12:24:16.46

    ブンデスリーガ第13節シュツットガルト対マインツ戦が行われ、DF伊藤洋輝の先制ゴールを含む2得点を決めたホームチームが勝利を挙げている。移籍後リーグ戦初ゴールを決めた伊藤だが、現在はジュビロ磐田からローン移籍での加入となっている。が、指揮官であるペッレグリーノ・マタラッツォ監督は試合後のインタビューで伊藤の買い取りオプションを行使することになると明言しており、近いうちにクラブから何か発表があるだろう。

    このように一気にステップアップに成功した伊藤だが、今後のサムライブルー入りも現実味を帯びてきている。

    アンダー世代での代表歴がある22歳の伊藤だが、フル代表の招集はなく、先日行われた東京五輪でもメンバー入りは叶わなかった。それでも、ドイツではリーグ戦、カップ戦を合わせて既に9試合に先発しており、高い評価を得ている。

    そんな伊藤だが、代表では珍しいレフティのセンターバックになるだろう。サンプドリアの吉田麻也もアーセナルの冨安健洋も右利きの選手であり、彼らとの差別化もできる。

    また、伊藤の躍進で代表の幅も広がる。現状では吉田と冨安がCBでは実力が抜けているが、伊藤が入ることによって冨安をクラブでプレイしている右SBで起用することができる。更にシュツットガルトで3バックの一角としてプレイしており、森保ジャパンでも3バックの導入が考えられることになる。
      
    左利きのCBが入ることによって一気に層が厚くなるサムライブルー。まだ未招集のプレイヤーではあるが、ドイツで活躍する守備者であれば呼ばれるのも時間の問題か。

    ワールド 11/29(月) 12:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/41b57bb43707ad1c54ba6d87d3b886028f6cc9a4

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800


    【【サッカー】<伊藤洋輝>吉田、冨安の牙城を崩す可能性.】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 asagei.biz)


    いやあ、どうだろなぁ。
    まぁ見たいけど、普通に壊れるだろうなぁ。
    ドリブラーしかいないのは

    1 Egg ★ :2021/11/28(日) 19:24:46.44

    ポルトガル1部ポルティモネンセのMF中島翔哉(27)が27日のファマリカン戦でアシストを含め2得点に絡む活躍を見せて3―0の快勝に貢献し、現地メディアから称賛を集めている。

     中島はトップ下で先発すると、前半23分に左サイドを突破してクロスを上げ、相手DFのオウンゴールを誘発。さらに39分には、絶妙なタイミングからのスルーパスでMFカルリーニョスのゴールをアシストした。

     試合を決める2得点を演出する活躍で後半40分までプレー。一時は負傷やチーム内の問題でどん底を味わった中島だが、前戦ベレネンセス戦ではゴールもマークしており完全復活のノロシを上げた。

     ポルトガルメディアも中島の活躍ぶりを大絶賛。「ボラナヘッジ」はチーム最高の8点と評価したうえで「中島と書いて〝宝石〟と読む。彼はゴールのプレーに関与し、彼が思うがままに中盤を支配した。中島はポルティモネンセの真のクリエーティブだ」と賛辞の言葉を並べた。

     レギュラーとして活躍を続け絶好調を猛アピールしたことで、今後はカタールW杯アジア最終予選で苦戦が続く森保ジャパンの救世主として待望論が高まることは確実。 

    ネット上では「三笘、中島、久保が活躍する代表を早くみたい!」とファンから3人のトリオ結成を熱望する声も。 

    例えば中島をこの日と同じくトップ下、MF久保建英(マジョルカ)を右サイド、MF三笘薫(サンジロワーズ)を左サイドで起用すれば2列目で〝夢トリオ〟の併用も可能で、日本屈指のドリブラーたちによる競演が実現なるか大きな注目が集まりそうだ。

    東スポ 11/28(日) 14:41
    https://news.yahoo.co.jp/articles/757cb8ec3cd9d6da97e108c37535a87a4d346f02

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=466&h=640&exp=10800


    【【サッカー】<中島翔哉>活躍してるし代表復帰ある?】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 img-footballchannel.com)


    まぁそりゃそうだろう。
    なかなかエグいこと言うなぁ。
    デリカシーが無いのか、それほど仲良いからなのか

    1 Egg ★ :2021/11/26(金) 07:00:44.70

    元日本代表MFの松井大輔が、DAZNで配信されている内田篤人氏の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』の最新回に出演。自身が出場した2010年の南アフリカ・ワールドカップについて振り返った。

     内田氏が大会直前に右SBのレギュラーを外され、出番なしに終わったのに対し、松井は10番の中村俊輔に代わって定位置を確保。全4試合に先発し、初戦のカメルーン戦で本田圭佑の決勝点をアシストするなど、岡田ジャパンのベスト16進出に大きく貢献した。

     内田氏から「めちゃめちゃ走ってましたもんね」と称えられた松井は、「1試合目でやめようと思った。2試合目に出られないと。高地だったでしょ。疲労が半端なかった」と、ギリギリの戦いだったことを明かした。

     決勝ト―ナメント1回戦ではパラグアイと対戦。スコアレスのまま突入したPK戦で、内田氏に代わって右SBの定位置を得た駒野友一が失敗し、初の8強入りを逃した。試合後、涙に暮れる駒野を、目を真っ赤にしながら阿部勇樹とともに両脇で支えた松井の姿も印象的だった。
     
    「松井さんって、PK蹴ってましたっけ?」と聞かれると、「蹴ってない。交代してたから。僕が蹴っていたら、駒野みたいなミスはしない」ときっぱり。内田氏が慌てて、「皆さん、仲いいから言えるんだからね」とフォローした。

     同じ関西出身の同級生で「小学校から知っている」という駒野について、さらに「みんな思っていると思うけど、あれは駒野のせいです」と真顔で冗談を言った松井は、こう続けている。

    「駒野の前で、お前のせいで負けたからねと言ったら、普通に殴られた。バシッて」

     これに大爆笑した内田氏が「今は?」と聞くと、「今は全然問題ない。でも、あの時は大変だったみたい。殺人予告みたいなのもあったみたい。だから、あんまりいじっちゃいけない」とコメント。「めちゃくちゃいじってるじゃないですか」と突っ込まれていた。

    11/26(金) 6:11  サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ab551473fddb76d3bf884e378a1d53a35d665abe

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=577&exp=10800


    【【サッカー】松井大輔「駒野の前で、お前のせいで負けたと言ったら殴られた」】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    まぁ、そうかもしれないねぇ。
    ええ若手や好調な選手呼んでも使わないし、大した戦術ももちあわせてないからね

    1 Egg ★ :2021/11/25(木) 10:25:35.21

    W杯出場圏内に浮上したサッカー日本代表だが、森保一監督に対する批判の声は高まるばかりだ。

     ホームで敗れたオマーンと16日にアウェーで対戦した際は、後半開始から途中出場した代表初選出のMF三笘薫がドリブルで左サイドから積極的に仕掛けると、試合終盤に左サイドを切り裂いた三笘のクロスに、MF伊東純也が合わせて先制。1-0で辛くも逃げ切った。通算成績4勝2敗で勝ち点12の2位に浮上したが、楽観視できる状況ではない。

     最終予選の6試合で計5得点。組織で連動した動きが少なく、攻撃のコンビネーションの手数が少ない。選手の個人技に依存しているため単発に終わるので、自陣に引いている相手も守りやすい。森保監督の采配にも疑問が残る。スタメンで固定しているFW大迫勇也は前線でボールを失う場面が多々見られ、左サイドバックのDF長友佑都も攻守にキレを欠き、クロスの精度が低い。背後のスペースを相手に徹底的に狙われているようにも感じた。森保ジャパンの舵取りを担うMF柴崎岳もパスミスが目立ち、精彩を欠いている。

     他に能力が高い選手がいないわけではない。代表に招集したJリーグで21得点と独走する横浜F・マリノスのFW前田大然は絶好調で、リーグ制覇を決めた川崎フロンターレで中心選手のMF旗手怜央はボランチも左サイドバックもできる。鹿島アントラーズの点取り屋FW上田綺世もJリーグの動きを見ると状態が良い。3選手はアウェーのベトナム、オマーンの2連戦でベンチ外だった。

     元日本代表のOBたちからも、森保監督の采配に疑問の声が噴出している。元日本代表FWの城彰二氏は自身のYouTubeチャンネルで「本当に残念だったのは前田や旗手を招集したにもかかわらず、結局まったく使わなかった。呼ばれた方も厳しいし、送り出したクラブも『これだったらいらないじゃないか』となるし。このへんのバランスを、もう少し考えなければいけないと思います」と指摘。「前田はJで得点ランキングのトップを走っていながら、まったく(試合に)関われない。森保さんが考えることなんで、周りはどうこう言っても変わらないとは思いますけど、競争という部分に関して年齢層が高くなってきているなかで、もっと循環させるべき。若手にチャンスを与えて、ベテランも『負けてられない』となりレベルが上がっていく」と訴えた。

    アエラ 11/25(木) 10:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7752c01c39944ad3d393d24de9f995a48944b68c

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=423&exp=10800


    【【サッカー】日本代表「J1の上位5,6チームより弱い」】の続きを読む

    このページのトップヘ