トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    カテゴリ: 海外サッカー


    単にバルセロナ(Barcelona)、バルサ(Barça)としても知られる。スペインプロリーグ機構(ラ・リーガ)に所属するチームである。 1899年に創立されたクラブであり、カンプ・ノウをホームスタジアムとしている。愛称は「バルサ(カタルーニャ語:
    96キロバイト (9,352 語) - 2021年9月20日 (月) 08:54




    (出典 f.image.geki.jp)


    ティキタカでサッカー界を席巻していたチームとはおよそ思えないな。
    これはクーマンもここまでかな

    1 Egg ★ :2021/09/21(火) 12:02:45.75

    バルセロナは20日、ラ・リーガ第5節で本拠地カンプ・ノウにグラナダを迎え、1-1で引き分けた。開始早々に先制ゴールを許したが、後半45分にDFロナルド・アラウホが同点弾を奪取。土壇場で今季リーグ戦初黒星を回避したものの、その戦い方が物議を醸している。

     相手を押し込み続けた前半を0-1で終えたバルセロナは、ハーフタイム明けから長身のFWルーク・デ・ヨングを投入。後半30分にはベンチスタートのDFジェラール・ピケをピッチへ送り、L・デ・ヨングとのツインタワーを形成した。

     それでもゴールを奪えずにいると、アラウホも前線に上げ、3人をターゲットにクロスを放り込み続ける。そして後半45分、MFフレンキー・デ・ヨングからのロングボールをアラウホが落とし、ピケのキープからPA内右のMFガビがクロス。最後はアラウホが豪快なヘディングでこじ開けた。

     このバルセロナらしくない攻撃スタイルに、試合中からSNS上のファンは戸惑いを隠せず。イギリス『デイリー・スター』は「バルセロナがジェラール・ピケをストライカーとして起用し、ファンは大騒ぎ」と題した記事で、その声をいくつか紹介している。

    「これはバルセロナにとって恥ずかしいことだ。クーマンはコーチングについて何も知らない。この人はピケをセンターFWにしている」

    「クーマンはピケをベンチスタートとした後、9番として起用した。バルセロナは間違いなくこのゲームで負けている。彼らの監督は混乱した人間だ」

     他にも「このようにスタイルを失うのは、ばかげている」「ルーク・デ・ヨングと一緒に攻撃するピケ…」「今日、ピケがストライカーとしてプレーしたことを歴史は忘れないだろう!」「ピケがストライカーだなんて、最高のジョークだよ」といった厳しい意見が飛んだ。

     先日のUEFAチャンピオンズリーグのバイエルン戦(●0-3)以降、解任論が高まるロナルド・クーマン監督は、この試合でさらに逆風を強めてしまったようだ。

    9/21(火) 7:46 ゲキサカ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fa961d6eb4f9b61872a66a56efa9f323167045d9

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=480&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】バルセロナさん、お笑いチームになりそう】の続きを読む


    愛称はCR7、ロニー。日本のメディアからは主に元ブラジル代表FWのロナウドとの混同を避けるため[要出典]クリロナ、またはCロナとも呼ばれる。テレビやスポーツ紙の多くは「ロナウド」と表記されているが、読売新聞や朝日新聞など一般紙では「ロナルド」表記が用いられている。
    226キロバイト (24,678 語) - 2021年9月15日 (水) 07:59




    (出典 www.nikkansports.com)


    まぁ当てつけみたいになっしまうけど、たしかに自チームのスーパースターがベンチから鼓舞するのは嬉しいやろ

    1 シャチ ★ :2021/09/20(月) 22:47:43.09 ID:CAP_USER9.net

     マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、ピッチ外でも絶大な存在感を見せている。14日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのヤングボーイズ戦(1-2)で途中交代してベンチに下がると、オレ・グンナー・スールシャール監督の横に立ち、自分も監督かのようにピッチの選手へ指示を出した。その様子をトッテナムで指揮を執ったハリー・レドナップ氏が称賛している。英紙「ザ・サン」が報じた。

     ベンチに退いた選手が、監督のように振る舞えば、多くの人は不思議に思い、あまり良くないことではないかと思うだろう。しかし、レドナップ氏は「私はベンチに引っ込めた自分のスタープレーヤーが、タッチライン沿いで叫び、ほかの味方を勇気づけている姿には、感謝しか浮かばない」と語り、問題ないことだと強調した。

    「サッカーはチームスポーツだが、通常は利己的な産業でもある。ベンチに下げられた選手が不満を持ち、監督や全世界を罵ることは珍しくない。少なくとも、私の経験ではほとんどの選手がそうだった。だからこそロナウドは、ほかの選手とは異なる。彼はスーパースターであり、超絶なアスリートだ。そして今シーズンのプレミアリーグ得点王の筆頭候補であり、36歳だ。ベンチに下げられて、不機嫌になる権利があるとすれば彼のような男だ。しかし、実際の彼はそこからかけ離れている。彼は何よりも、彼のチームが勝つ姿を欲しているのだ。だからこそ、彼はスールシャール監督と肩を並べる位置に行き、チームメートに吠えたんだ」

     ロナウドが作り出す雰囲気や、日々の取り組みについて、若手の手本になることでも、チームのメリットになると続けたレドナップ氏は、「彼が示す勝利への欲求は、監督にとって夢であって、悪夢などではない」とその行動を疑問視する人たちに釘を刺し、「彼が望めばだが、きっと将来良い監督になるだろう」と語った。

     実際にゴールという結果も出しているロナウド。彼の復帰はユナイテッドにとって、大きな追い風となりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    https://article.auone.jp/detail/1/6/11/93_11_r_20210920_1632094952838797


    【ロナウドとメッシ、交代時の振る舞いで差がでる】の続きを読む


    Saint-Germain Football Club)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。通称はパリSG(Paris SG)、パリ(Paris)、PSG。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジ
    101キロバイト (8,551 語) - 2021年9月13日 (月) 11:35




    (出典 pbs.twimg.com)


    これはなぁ、やっぱガラクティコは成功しないんやろうかね。
    監督もきついな

    1 Egg ★ :2021/09/20(月) 21:11:03.09

    まだ同点という状況での早期交代。大エースからすれば信じられなかっただろう。

     現地時間9月19日に開催されたリーグ・アン第6節で、パリ・サンジェルマンは難敵リヨンとホームで対戦。54分に先制を許したものの、66分のネイマールのPKと後半アディショナルタイムに決めたマウロ・イカルディの劇的弾で、2‐1の逆転勝利を飾った。

     話題となっているのが、マウリシオ・ポチェティーノ監督の采配だ。なんとリオネル・メッシを、76分という早い時間帯でアシュラフ・ハキミと交代させたのだ。

     この試合を含め、移籍後の公式戦3試合でまだ無得点とはいえ、勝負が決まっていない状況でメッシが交代を強いられるのは、バルセロナ時代にはほとんどなかったことだ。

     ベンチに下がってきたメッシは、握手を求めてきた指揮官に一瞬手を出したものの、ちゃんとしようとはせず、怪訝そうな表情を浮かべて不満を露わにした。


     このやり取りは各国メディアが続々と報道。ベルギー・メディア『sporza』が「勝利にもかかわらずパリSGでパニック。リオネル・メッシが早期交代後に監督に腹を立てる」と報じれば、スペイン紙『MARCA』 も「全く理解できないという顔を見せた」と伝えている。

     劇的勝利にもかかわらず、この采配は物議を醸すことになりそうだ。

    サッカーダイジェスト 9/20(月) 6:54
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2163e6534d1d2e00ebd9ffa2e57757b8f073b067

    写真

    https://pbs.twimg.com/media/E_rMg_sXMAEwhZ-?format=jpg&name=small
     
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=494&q=90&exp=10800&pri=l


    【メッシ激怒「全く理解できないという顔だ」】の続きを読む


    香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身のサッカー選手。ギリシャ・スーパーリーグ・PAOKテッサロニキ所属。元日本代表。ポジションはMF。 幼稚園に通っていた頃からサッカーを始め、小学校1年生となった1995年から地元のマリノFC
    101キロバイト (11,417 語) - 2021年9月7日 (火) 15:57




    (出典 f.image.geki.jp)


    どうする気なんやろねぇ。
    日本に帰ってこないのかなぁ。
    出戻りの波に乗るなら今やけど

    1 Egg ★ :2021/09/21(火) 05:48:17.82

    ギリシャ1部PAOKの元日本代表MF香川真司(32)に去就問題が浮上した。現地メディアは今季就任したラズバン・ルチェスク監督が香川に〝戦力外通告〟を行ったと報道。今後は日本復帰や米国移籍などが選択肢となる中、中東のカタール勢が好条件を準備しているという。日本の元エースの周辺が、にわかに騒がしくなってきた。


     香川は16日の欧州カンファレンスリーグ(ECL)のリンカーン(ジブラルタル)戦に続き、19日に行われた国内リーグ戦のアステラス・トリポリ戦でもメンバー外となった。こうした窮地を受けて、ギリシャ紙「スポルタイム」は「香川は終わった。今はチームの重荷となっている」とついにチームで構想外になったことを指摘した。

     さらにルチェスク監督から「退団のメッセージが伝えられた」と指揮官から直々に〝戦力外通告〟を受けたとの衝撃的な内情も報じている。今夏の移籍市場でも退団話が浮上していたようで、同紙はスペインへの移籍を模索したがまとまらなかったとしている。

     今後は来年1月の移籍市場で新天地を探す見通し。これから移籍先を模索することになるが、ギリシャで活躍できていない現状や負傷を繰り返していることがマイナスに響き、欧州の強豪リーグへの移籍は難しいのが実情だ。

     現実的には、今夏に獲得に動いたポートランド・ティンバーズなど米メジャーリーグサッカー(MLS)のクラブが獲得に積極的なほか、Jリーグでも古巣のC大阪など複数のクラブが香川の動向を注視している。そうした中で中東からも声がかかりそうで、特に熱心なのがカタール勢だ。

     欧州組も担当するある代理人は「カタールのクラブは以前から日本人の大物を狙っていて、香川にも何度もアプローチしている。今回もオファーする可能性が高い」と指摘する。香川が昨年夏にスペイン2部サラゴサで構想外となった際にはカタールの複数クラブが動いており再アタックする模様。スペインのレジェンドであるシャビ氏が率いるアルサッドや、元日本代表MF中島翔哉(ポルティモネンセ)が以前に所属したアルドハイルなどが獲得に乗り出しそうだ。

     カタールは来年のW杯開催地でもあり、代表復帰を目指す香川にとって復活を期す場所として悪くはないだろう。果たして、香川の新天地はどこになるのか。その去就に大きな注目が集まる。

    9/21(火) 5:15 東京スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/27889523f90bcaac9760115d39aa866d3e235b1e

    写真 
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=535&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


    【香川さんの今後について】の続きを読む


    香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身のサッカー選手。ギリシャ・スーパーリーグ・PAOKテッサロニキ所属。元日本代表。ポジションはMF。 幼稚園に通っていた頃からサッカーを始め、小学校1年生となった1995年から地元のマリノFC
    101キロバイト (11,417 語) - 2021年9月7日 (火) 15:57




    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    まぁよくやったと思うよ。
    もう戻ってもええやろ、同じ出戻り組今年おおいし

    1 Egg ★ :2021/09/20(月) 17:23:57.26 ID:CAP_USER9.net

    現地9月19日に開催されたギリシャ・リーグ第2節のアストラ戦でPAOKのMF香川真司はベンチから外れた。これで3日前に行われたヨーロッパカンファレンスリーグのリンカーン戦に続くメンバー外となった。

     ギリシャ・メディア『Sportime』は19日、「カガワは終わった」と題した記事を掲載。「カガワは誰もが期待していたことをPAOKにもたらしておらず、今ではチームの重荷となっている」と糾弾。香川との契約は、競争力を高めるためではなく、日本市場を開拓するための商業的な理由で行なわれたと伝えた。

     
     記事によれば、香川は今夏にスペインへ戻る話もあったが、結局話が進まなかったという。さらにラズバン・ルチェスク新監督から「退団のメッセージが伝えられた」とも報じており、構想外となり、来年1月の移籍市場で新天地を探すことになると、同メディアは見ているようだ。

     開幕節のPASヤニナ戦で、先発でサプライズ起用された香川は、決定的な場面を決めきれず、61分で交代となった。チームも格下にホームで0‐1と敗れ、まさかの黒星スタート。この試合が最後のテストの場だったのかもしれない。

     昨シーズンの前半も、スペイン2部のサラゴサで構想外となり、契約を解除して浪人生活を強いられた香川。まだ32歳、輝ける場所はあるはずだが……。

    9/20(月) 8:08 サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5bbe64e08689782718c85d1d4c4a4d61851944dc

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=541&q=90&exp=10800&pri=l


    【香川さん もう帰ろう】の続きを読む

    このページのトップヘ