FWヨビッチはレアル帰還 大丈夫?


ネ・ペティトが、1916年にはエドゥアルド・テウスがトップチームの試合に初出場した。1917年にはコパ・デル・レイ優勝を達成。 1920年6月29日、アルフォンソ13世に「レアル」の称号を拝領したことでクラブ名がレアル
140キロバイト (11,529 語) - 2021年5月15日 (土) 11:11


戻ってもなぁ、ベンゼマのバックアップとしては不十分なんだけどね。まぁ、ベンゼマの控えがいないから出番はありそうだけど

フランクフルトは24日、6選手の退団を発表した。

今回発表された6名は、DFイェトロ・ヴィレムス(26)、DFヤニック・ブルッガー(20)、MFルーカス・ファーンベアガー(20)、FWジャベス・マカンダ(19)の4名と、レンタル移籍中のFWルカ・ヨビッチ(23)、GKマルクスシューベルト(22)となる。

ブルッガー、ファーンベアガー、マカンダの3名は、2020年夏にファーストチームに昇格したものの、ブンデスリーガでの出場はなかった。

ヴィレムスはスパルタ・ロッテルダムやPSVプレーした後、2017年7月にフランクフルトへ加入。2019年8月から1年間はニューカッスルへとレンタル移籍を経験していた。

フランクフルトでは、公式戦65試合に出場し7アシストを記録。しかし、今シーズンは出場機会がなかった。

また、レアル・マドリーから1月にレンタル移籍で加入したヨビッチは、かつての活躍が期待されたが、18試合で4ゴールに終わっていた。なお、マドリーに戻るという。

また、シューベルトシャルケからレンタル移籍。第2GKとしてベンチ入りを果たすも、出場はなかった。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)