ロカテッリが今夏のステップアップ示唆


セリエA (サッカー)、セリエA (女子サッカー) - イタリア セリエA (エクアドル) - エクアドル カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA - ブラジル バレーボール セリエA (バレーボール) - イタリア バスケットボール セリエA (バスケットボール) - イタリア 野球 セリエA (野球)
2キロバイト (147 語) - 2018年1月1日 (月) 08:11


果たしてどこに行くかなぁ。ステップアップやから、国内の方がいい気がするけどなぁ

サッスオーロに所属するイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(23)が今夏のステップアップを示唆している。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。

ミランのプリマヴェーラ出身のロカテッリは、2016年トップチームデビュー。同年にはユベントス相手に鮮烈なゴールを挙げて一気に注目を集めるも、2018年にサッスオーロへ買い取り義務付きのレンタルで加わることになった。

そのサッスオーロではポゼッションスタイルを志向するロベルト・デ・ゼルビ監督の下、中盤の底を主戦場に卓越した戦術眼とキック精度、テクニックを武器にセリエA屈指のレジスタに成長。昨年にデビューを飾ったイタリア代表においても主力として起用されており、更なる飛躍が期待されている。

そのロカテッリに対してはユベントスを中心にセリエAの強豪クラブマンチェスター・シティといった国外の強豪クラブからの関心も伝えられており、今夏のタイミングでの移籍が有力視されている。

そして、ロカテッリも自身の成長を実感しており、ビッグクラブプレーする準備が整っていると感じているようだ。

「今シーズンがここでの最後の年になるのか、自分の将来がどうなるのかは現時点ではわからないよ」

「そのチャンスが訪れた場合、僕らは一緒に状況を評価することになるだろうね」

また、新天地に関しては国外リーグ挑戦を含めてすべての可能性を除外するつもりはないという。

「海外でプレーすることは僕にとって選択肢の一つであり、今のところ何も除外していないよ」

「(多くのクラブからの関心は)僕の仕事の一部であり、自分のレベルが上がったことを意味していると思う」

「そういった評価やビッグクラブからの関心は、僕のモチベーションを高め、自分が正しい道を歩んでいることを理解させてくれるものなんだ」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)