トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。


    前田 大然(まえだ だいぜん、1997年10月20日 - )は、大阪府南河内郡太子町出身のプロサッカー選手。J1リーグ・横浜F・マリノス所属。ポジションは、フォワード。日本代表。 2010年1月の全国高校サッカー選手権で優勝した山梨学院大学附属高校に憧れ、大阪から越境で同校へ入学。高校3年次のプリ
    18キロバイト (1,790 語) - 2021年11月29日 (月) 00:51




    (出典 sakanowa.jp)


    旗手さんも行きそうだから、第二のベルギーみたいな感じで行こう。
    がん

    1 Egg ★ :2021/12/01(水) 22:05:48.52

    古橋亨梧がセルティックで評価を高めたのは、移籍金が500万ポンド(約7億円)に至らなかったことも一因とされる。コストパフォーマンスの良さは、どのクラブにも重要な要素だ。

     日本代表ストライカーの活躍を受け、アンジェ・ポステコグルー監督が率いるセルティックは、再びJリーグから補強を狙うと言われている。候補のひとりが、指揮官の教え子でもある横浜F・マリノスの前田大然だ。

     地元紙『Daily Record』は現地時間11月29日、前田の獲得には300万ポンド(約4億2000万円)超のオファーが必要と報じた。これを受け、セルティック専門サイト『67 HAIL HAIL』は30日、古橋を下回る移籍金で可能な「お買い得」な補強との見解を示している。

     同サイトは「マエダに関して我々が知る全てを考慮すれば、絶対的なお買い得価格に聞こえる。彼のようなクオリティの選手を300万ポンドで獲得できれば、クラブにとって大きな弾みだ」と期待を寄せた。

    「彼が前線にもたらすことを考えれば、クオリティという点で貴重な前進だ。現実的になるタイミングである。(アルビアン・)アイェティはセルティックに十分さを提供しない。(ギオルゴス・)ギアクマキスは慣れる時間が与えられるだろうが、今季はまだ大きなインパクトを残していない」

     さらに、『67 HAIL HAIL』は「マエダは異なるタイプのCFで、独特な特徴を持つ。ここで大成功するだけの肉体・運動能力を持っていると言えるだろう」と続けている。

    「もちろん、キョウゴを下回る価格とはいえ、セルティック規模のクラブにとって300万ポンドがかなり高いことは変わらない。どれだけ本気で実現を望むか、見てみる必要はある。マエダの加入がセルティック・パークの熱狂レベルを高めるのは確実だろう」

     川崎フロンターレの旗手怜央に対する関心も取り沙汰されているセルティック。この冬、日本からスコットランドへの移籍は相次ぐのか。進展に注目だ。

    サッカーダイジェスト 12/1(水) 17:44
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4a64a6245c46551c0677fa31ad9229f60de54253

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=426&exp=10800


    【【サッカー】<前田大然>セルティック加入地元メディアが期待!】の続きを読む


    鈴木 誠也(すずき せいや、1994年8月18日 - )は、東京都荒川区出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 妻は元新体操選手でスポーツキャスターの畠山愛理。 小学2年生の時に荒川リトルで野球を始める。中学校時代には荒川シニアに所属していた。
    65キロバイト (7,753 語) - 2021年11月23日 (火) 15:58




    (出典 baseballgate.jp)


    ええなぁ。
    ただロックダウンしそうだからなぁ。
    まとまるのかね

    1 ひかり ★ :2021/11/29(月) 22:52:03.82

    【ニューヨーク28日(日本時間29日)=山田結軌、竹濱江利子通信員】ポスティングシステムでの米大リーグ移籍を目指す広島・鈴木誠也外野手(27)の争奪戦に15球団が参戦していることが判明した。代理人を務める米大手代理人事務所ワッサーマンのジョエル・ウルフ氏(51)がオンライン会見を行い、「予想以上のリクエストを受けている」と明かした。鈴木誠側は安心できる生活環境と、優勝を狙えるかを選考基準にしている。

    ■オンラインでの面談申し込み続々

    メジャーで鈴木誠人気が爆上がりしている。21日(日本時間22日)にポスティング手続きが完了し、交渉が解禁。ダルビッシュ(パドレス)、筒香(パイレーツ)ら日本選手の代理人を務めるウルフ氏が現状を説明した。

    「予想以上のリクエストを受けている。ここまでアグレッシブにアプローチされるのは、長年なかった」

    オンラインでの面談申し込みが相次いでいるという。獲得に興味を示した球団の具体的な数については「8球団以上、15球団以下」と含みを持たせた。本気度や条件提示は様々のようだ。今季打率・317、38本塁打、88打点。4度のゴールデングラブ賞獲得など総合力が評価されており、上位打線を担える野手としてオフの移籍市場で注目の存在だ。

    懸案は難航する大リーグ機構(MLB)と選手会の労使協定だ。現協定は12月1日に失効し、MLB側が施設を封鎖し、移籍市場が凍結されるロックアウトが確実視される。鈴木誠の交渉期限は22日(同23日)だが、労使が決裂中の日数は30日間の交渉期間にカウントされず、越年や2月にずれ込むことも予想される。

    「本人も金銭面だけでなく、大リーグで素晴らしい経験を優先したいと思っている。新たな協定が合意した上で渡米し、春季キャンプの球団施設、本拠地などを視察した上で契約すべき。ロックアウト前に契約を望む球団も既にあるが、今はそれに反対している」とウルフ氏。失効前の駆け込みでの球団選定は否定した。日本最高のスラッガーは、時間をかけて新天地を決める。

    サンスポ 

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5cdb0b66a04c60ff0ef8f4a1c34b7261f52d62ab


    【【MLB】鈴木誠也がかなり人気】の続きを読む


    読売ジャイアンツ (読売巨人からのリダイレクト)
    読売ジャイアンツ 読売ジャイアンツ(よみうりジャイアンツ、Yomiuri Giants、読売巨人軍、よみうりきょじんぐん)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。略称は「ジャイアンツ」「巨人」。NPB 傘下の球団としては最古の球団(日本で最初に設立されたプロ野球球団は日本運動協会であ
    261キロバイト (40,511 語) - 2021年12月1日 (水) 22:31




    (出典 number.ismcdn.jp)


    序列的には岡本とかになるのだろうけど、岡本さんはそんなタイプでもなさそうやけどなぁ。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/02(木) 06:56:37.76

    12/2(木) 5:15配信
    東スポWeb

    〝ポスト坂本〟は育っていなかった(東スポWeb)

     真の〝坂本2世〟を求めて…。巨人の原辰徳監督(63)が、来季の主将として坂本勇人内野手(32)の続投を決めたことを明かした。来季で主将就任8年目となる坂本は、早くも今月で33歳。不動の遊撃手として長きにわたってチームを引っ張ってきたが、裏を返せば〝ポスト坂本〟が育っていないことも事実だ。球界内からはその理由として、意外な見方をする声も出ている。果たしてその内容とは――。

     来季も頼れる男がチームをけん引する。原監督によると、ジャイアンツ球場での秋季練習中、坂本に「(来季も主将を)どうだ?」と尋ねたところ、本人は「もう1年やります」と応じたという。誰もが納得の任命ではあるが、今回、指揮官があえて続投の可否の意思を確認したのは「少し楽な状態で野球をやらせるのもいいかな、というのもあった」という。それでも、即答で快諾した坂本のその決意には「たいしたもの」と脱帽した。

     主将としてナインを引っ張るだけでなく、不動の遊撃手としても長年、チームをけん引してきた。守備負担の大きい遊撃を守り続けているだけに、今月で33歳となる坂本には今後はコンバートも一つの選択肢となってくるが、指揮官は「そこは望むところだと思うよ。駄目だと思ったらその時に本人が(申告するはず)。僕自身もそれが正しいと思えば、話すこともあるだろうし」と、本人の意思を尊重することを明かした。

     問題は、坂本の存在を脅*後任候補が育っていないことにもある。これまでも〝坂本2世〟と評され、遊撃のレギュラー奪取を期待された選手は数多くいたものの、定着には至っていない。

     その一因として、球界内からはこんな見方をする声も出ている。「恐らく『坂本勇人』という名前に若手が委縮してしまってるんだと思います」とはある球界関係者。そのワケとして「周囲から『坂本を超えろ!』と期待をかけられても、その壁はあまりにも大きすぎます。そもそも球界全体で見ても坂本選手を超える遊撃手なんていまだに出てきていないじゃないですか。そんな簡単に超えられる存在ではないわけですから、割り切って考えたほうがいいと思いますね」と指摘した。

     とは言え、世代交代は避けては通れない。球団内からは「そもそも、最初から『坂本さんは超えられない』とあきらめてしまってはいないか。現実問題として実際に超えるまでは難しくても、食らいついていく気持ちは持ち続けなければいけない」と、若手への発奮を促す声も聞こえた。

     右打者としては史上最年少での2000本安打を達成するなど、その壁はあまりにも偉大過ぎる――。果たして、この高いハードルに立ち向かう後輩は出てくるのか。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/90250e11bb5cf92a49ecd032cc27fc497070a57b


    【【野球】巨人キャプテン坂本の後継者は、、、】の続きを読む

    このページのトップヘ