トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。


    守田 英正(もりた ひでまさ、1995年5月10日 - )は、大阪府高槻市出身のプロサッカー選手。プリメイラ・リーガ・CDサンタ・クララ所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。日本代表。 金光大阪高等学校から流通経済大学に進学。3年から頭角を現しチームの中心選手に。2017年の4年時
    14キロバイト (1,118 語) - 2021年6月12日 (土) 11:43



    (出典 www.targma.jp)


    ほほう、お金くれるなら行っても全然いいんじゃないの。
    チャンピオンズリーグ出れるならいいやろ

    1 数の子 ★ :2021/06/14(月) 17:41:23.62 ID:CAP_USER9.net

    トルコの強豪ガラタサライが、ポルトガルのサンタ・クララに所属する日本代表MF守田英正の獲得に関心を示しているのかもしれない。トルコ『フォトスポル』が12日付で伝えている。

     トルコメディアの報道によれば、ガラタサライのスカウト陣は11日に行われた日本代表対セルビア代表の国際親善試合を視察。ターゲットとしていたのはFWネマニャ・ヨ*やFWミラン・マカリッチ、DFストラヒニャ・パブロ*などセルビアの若手選手たちだったという。

     だがこの試合で最もガラタサライのスカウトの関心を惹きつけたのは、フル出場で1-0の勝利に貢献した守田だったとみられている。「無尽蔵のエネルギーが目を引いた」とトルコメディアはその理由を述べている。

     日本代表でも存在感を高めつつある守田は、川崎フロンターレから今年1月にポルトガル1部のサンタ・クララに完全移籍。デビューからすぐに不動のレギュラーに定着し、シーズン終了までリーグ戦20試合連続の先発フル出場を果たした。

     過去に稲本潤一や長友佑都も所属したガラタサライはトルコ最大の名門クラブのひとつ。2020/21シーズンは優勝したベシクタシュと勝ち点で並んでの2位で終え、来季チャンピオンズリーグ予選2回戦からの出場権を獲得している。

    https://www.footballchannel.jp/2021/06/13/post425659/


    【守田英正にガラタサライが関心らしいね】の続きを読む


    DeNA > 横浜DeNAベイスターズ 横浜DeNAベイスターズ(よこはま ディー・エヌ・エー ベイスターズ、英語: Yokohama DeNA BayStars)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。略称は「横浜」「DeNA」。 神奈川県を保護地域とし、同県横浜市中区にある横浜
    242キロバイト (35,200 語) - 2021年6月14日 (月) 09:27



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    国吉さんは期待できる。
    コントロールは少し難ありだけど、ええもの持ってるからなぁ

    1 ひかり ★ :2021/06/14(月) 12:39:19.44 ID:CAP_USER9.net

     横浜DeNAベイスターズの国吉佑樹投手と千葉ロッテマリーンズの有吉優樹投手の交換トレードが成立した。両球団が14日発表した。

     国吉は、秀岳館高から2009年育成選手ドラフト1位でDeNAに入団。最速161キロの速球を武器に近年は終盤イニングを任されてきた。通算成績は、238試合(446回)を投げ、21勝30敗、3セーブ、34ホールド、防御率3.87。

     一方の有吉は、東金高、東京情報大、九州三菱自動車を経て2016年ドラフト5位でロッテ入り。通算成績は、87試合登板(177回2/3)で、9勝13敗、1セーブ、18ホールド、防御率3.95となっている。

    ◇国吉佑樹投手のコメント
    「この度、千葉ロッテマリーンズに移籍することになりました。育成で入団して様々な経験をさせていただき感謝の気持ちです。突然のことで正直寂しい気持ちと、まだ実感が湧いてこないです。リーグは違いますが、野球をすることに関しては変わらないので、移籍してもしっかり自分らしいパフォーマンスを発揮できるように頑張ります。同じ関東のチームなので、試合を見に来ていただけると嬉しいです。約12年間お世話になりました」


    ◇有吉優樹投手のコメント
    「プロ野球選手として地元千葉でプレーをすることが出来て本当によかったです。マリンの応援は本当に凄くていつもファンの皆様の応援に助けられていました。一番の思い出は昨年7月7日に2018年以来の勝ち投手になったことです。風の強い日でした。ただ、あの試合は無観客だったので、もう一度、ファンの皆様の前で勝ちたかったことです。マリーンズファンの皆様、熱い応援ありがとうございました。横浜では求められる役割をしっかりと全うしチームの勝利に貢献できるように精一杯頑張りたいと思います」
    ベースボールチャンネル編集部

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4854fabee21fff1a778d72068c5e3fc74fed57ed


    【DeNA・国吉佑樹と千葉ロッテ・有吉優樹の交換トレード成立 したね】の続きを読む


    栗山 英樹(くりやま ひでき、1961年4月26日 - )は、東京都小平市出身の元プロ野球選手(外野手、右投両打)、プロ野球監督。マネジメントは有限会社オフィスマリーン。 選手引退から監督就任までの間は、野球解説者、スポーツジャーナリストのほか、白鷗大学教授としても活動していた。2012年から北海道日本ハムファイターズの監督を務める。
    52キロバイト (6,955 語) - 2021年6月11日 (金) 15:10



    (出典 www.bookbang.jp)


    いつかは稲葉監督とかになりそうな気もするなぁ。けど来季となると誰がおるやろか。
    梨田さんこないかなぁ

    1 風吹けば名無し :2021/06/14(月) 09:36:23.54 ID:vbhjj6kB0.net

    普通の人間はフロントの傀儡になんてなりたくない模様


    【ファイターズの次期監督候補 誰がいる?】の続きを読む

    このページのトップヘ