トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市出身のサッカー選手。プリメーラ・ディビシオン・RCDマジョルカ(マヨルカ)所属。日本代表。ポジションはMF。 2004年3歳の時、サッカーを始める。2009年8月、パンフレットに「MVPに
    57キロバイト (6,701 語) - 2021年9月20日 (月) 10:17




    (出典 number.ismcdn.jp)


    それでも、やはりアタッカーであればアシストなりして欲しいよなぁ。
    そこ止まりではだめたよね

    1 Egg ★ :2021/09/20(月) 21:19:46.78 ID:CAP_USER9.net

    ボールタッチ35回で、パス13本をすべて成功させるなど攻撃を牽引

    マジョルカの日本代表MF久保建英は、19日に行われたホームでのリーガ・エスパニョーラ第5節ビジャレアル戦(0-0)で後半アディショナルタイムまでプレーし、何度もチャンスを作った。スペイン紙「AS」は、「クボがナイスゲーム」とハイライトを伝えている。

    【動画】マジョルカ久保の華麗ダブルタッチを起点に“幻の高速カウンター弾”

     第2節アラベス戦(1-0)から4試合連続でスタメンとなった久保。右サイドハーフに入り、積極的な仕掛けを見せる。前半アディショナルタイムには、カウンターから右サイドの久保に出て、ドリブルで持ち込んで中央へ折り返すと、フリーのMFダニ・ロドリゲスがペナルティーアーク内側で右足シュート。しかし、これはミートし切れず、ボールは枠を捉えられなかった。

     久保は後半2分にボール奪取からチャンスを呼び込み、同35分には敵陣ペナルティーエリア内でボールをキープして右足シュートを放つもブロックに遭って得点ならず。そして、ダニ・ロドリゲスの決定機同様に、惜しかったのが後半37分の場面だ。

     久保が自陣中央でボールを受けると、相手選手3人に囲まれるなかで、華麗なダブルタッチからダニ・ロドリゲスへ縦パス。右サイドへ展開し、DFジョアン・サストレのクロスをアメリカ代表FWマシュー・ホッペがハーフボレーで合わせてネットを揺らしたが、オフサイド判定でノーゴールとなった。

     後半アディショナルタイムに韓国代表MFイ・ガンインと交代するまで、攻撃を牽引した久保は、データ分析会社「オプタ」の数値を元にデータを展開する「SofaScore」によると、ボールタッチは35回。パス成功率100%(13本中13本成功)、地上戦デュエル勝利数6回(勝率60%)、ドリブル成功3回中2回、インターセプト1、タックル1を記録したという。

     スペイン紙「AS」は、ガーナ代表MFイドリス・ババの満点に次ぐチーム2位タイの評価「2」をつけ、「クボがナイスゲーム」とハイライトを伝えている。好プレーを見せているだけに。本人も早く結果がほしいところだろう。
     
    フットボールゾーン 9/20(月) 18:30
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5cad208d73e2f2e2fc10e510757eb125c377736

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】久保さんの評価が高い理由】の続きを読む


    筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。MLBのピッツバーグ・パイレーツ所属。 兄は橋本市でスポーツ教室を運営する筒香裕史。 実家は橋本市内でガソリンスタンドを営んでいた。小学2年の時に和歌山ニューメッツで野球を始めた。
    64キロバイト (7,625 語) - 2021年9月19日 (日) 08:52




    (出典 www.zakzak.co.jp)


    速球も打ち返せるようになったし、ほんと良かった。
    これは来季も生き残れるよね

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/21(火) 11:03:54.69

    9/21(火) 9:10
    スポーツ報知

    筒香嘉智「2番・右翼」で、自身12試合ぶりの8号アーチ 昨年の記録に並ぶ
    筒香嘉智(ロイター)
     ◆米大リーグ レッズーパイレーツ(20日・シンシナティ=グレートアメリカン・ボールパーク)

     パイレーツの筒香嘉智外野手が20日(日本時間21日)、敵地のレッズ戦に「2番・右翼」で先発出場し、9月5日(同6日)以来、自身12試合ぶりの8号アーチを放った。レイズでの昨季の本塁打数に並んだ。

     1回1死無走者右腕ゴイティレスの初球94・3マイル(約151キロ)の直球を叩くと、打球は右翼席にライナーで飛び込んだ。

     19日(同20日)のマーリンズ戦は先発を外れ代打出場し中飛に倒れ、連続試合出塁は12試合で止まっていた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f0d5f1301fdec7ec677d8c928bc68e20ab2d670b


    【【MLB】筒香さん、ほんとよく復活したなぁ】の続きを読む


    単にバルセロナ(Barcelona)、バルサ(Barça)としても知られる。スペインプロリーグ機構(ラ・リーガ)に所属するチームである。 1899年に創立されたクラブであり、カンプ・ノウをホームスタジアムとしている。愛称は「バルサ(カタルーニャ語:
    96キロバイト (9,352 語) - 2021年9月20日 (月) 08:54




    (出典 f.image.geki.jp)


    ティキタカでサッカー界を席巻していたチームとはおよそ思えないな。
    これはクーマンもここまでかな

    1 Egg ★ :2021/09/21(火) 12:02:45.75

    バルセロナは20日、ラ・リーガ第5節で本拠地カンプ・ノウにグラナダを迎え、1-1で引き分けた。開始早々に先制ゴールを許したが、後半45分にDFロナルド・アラウホが同点弾を奪取。土壇場で今季リーグ戦初黒星を回避したものの、その戦い方が物議を醸している。

     相手を押し込み続けた前半を0-1で終えたバルセロナは、ハーフタイム明けから長身のFWルーク・デ・ヨングを投入。後半30分にはベンチスタートのDFジェラール・ピケをピッチへ送り、L・デ・ヨングとのツインタワーを形成した。

     それでもゴールを奪えずにいると、アラウホも前線に上げ、3人をターゲットにクロスを放り込み続ける。そして後半45分、MFフレンキー・デ・ヨングからのロングボールをアラウホが落とし、ピケのキープからPA内右のMFガビがクロス。最後はアラウホが豪快なヘディングでこじ開けた。

     このバルセロナらしくない攻撃スタイルに、試合中からSNS上のファンは戸惑いを隠せず。イギリス『デイリー・スター』は「バルセロナがジェラール・ピケをストライカーとして起用し、ファンは大騒ぎ」と題した記事で、その声をいくつか紹介している。

    「これはバルセロナにとって恥ずかしいことだ。クーマンはコーチングについて何も知らない。この人はピケをセンターFWにしている」

    「クーマンはピケをベンチスタートとした後、9番として起用した。バルセロナは間違いなくこのゲームで負けている。彼らの監督は混乱した人間だ」

     他にも「このようにスタイルを失うのは、ばかげている」「ルーク・デ・ヨングと一緒に攻撃するピケ…」「今日、ピケがストライカーとしてプレーしたことを歴史は忘れないだろう!」「ピケがストライカーだなんて、最高のジョークだよ」といった厳しい意見が飛んだ。

     先日のUEFAチャンピオンズリーグのバイエルン戦(●0-3)以降、解任論が高まるロナルド・クーマン監督は、この試合でさらに逆風を強めてしまったようだ。

    9/21(火) 7:46 ゲキサカ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fa961d6eb4f9b61872a66a56efa9f323167045d9

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=480&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】バルセロナさん、お笑いチームになりそう】の続きを読む

    このページのトップヘ